40歳からのおしゃれ論「なに着ていいかわかんなくなる」の話

20代後半、36~37歳、40超えたところ。 タイミングは人それぞれだけれど、年齢の角を曲がるとき、女はこう漏らすことがある。 「なに着ていいかわかんなくなるときあるよね」。

進みゆく時間の中、すべての瞬間で確固たる自分でいられる訳もなく、惑うわけです。 あの子からも、あの子からも聞いたなあ。かつて私自身も口にしたことがある。私がよくそれを口にしていたのは27歳くらいの頃でした。


今思えば、これ、周りの視線を気にしてのことだった。すごく気にしてた。 「もう若くない。間違った格好して痛いと思われたくない」という気持ちがありました。今思えば 27歳って、めちゃくちゃ若いんですが、その時は本気で思っていた。 そして人様を見て「痛い」と思うことがあったから、自分でもこんな風に思っていたんでした。若い。狭い。頑張れ〜。馬鹿〜。

 

皆さまも、人生いろいろおありだったかと思いますが、 私もこの20代後半から30代と、人生の荒波に飲まれ、揉まれた。 あれやこれやの人生経験。生きるって大変だなあ。 でもそのおかげで、見聞も多少は広まり、昔よりは人様の気持ちを理解できるようになり、私はちょっとだけ次元上昇した。 歳とったことも腹に落ちてる。

「間違った格好して痛いと思われたくない」。 40歳を超えた今、この気持ちはなくなりました。 楽だなあ。間違いとかないし、痛いとかよくわかんにゃい。 人は人。私は私。みんなで好きにしよー。そうしよー。 こうなるともう、元々洋服が好きなもんですから歯止めが効きません。 自分が本当に好きなテイストの服、本当に似合うものを追い求める日々でございます。

本当に好きで、かつ似合う服というものは、侮れない力があります。 もし人目を気にして好きな服着てないかもーという方はぜひトライをしてください。 堂々と。堂々としてたら、人間たいていのことはOKです。 堂々のイメージとしては、部族の長くらいの堂々具合でお願いします。

 

老けたとか太ったとか、ダサいとか痛いとか、そんなに怖がらなくていいと思います。 そんなことを凌駕するチャームというものが、この世にはあるんじゃないでしょうか? 突飛な例ですが、私が好きなのはこんな瞬間です。 TVであからさまにわかりやすいカツラの紳士が鯖みたいに光るスーツで演歌を歌っていたりする。 最初は不思議だなあと思って、頭とスーツばかり見ているんです。 でもはっとする。歌すごい。魅了される。 その人の魂の歌が、カツラと鯖スーツを凌駕する瞬間。 カツラも鯖スーツもその人のスタイル見えてくる。

【もっと読む】

40歳からのおしゃれ論

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40歳からのおしゃれ論「やたら布の袋をたくさん持っている私たち」【新連載】

こんにちは! 女性ファッション誌やコスメ誌などでイラストを描いているイラストレーターのいいあいです。これから隔週で、おしゃれにまつわるあれやこれやをイラストエッ…

40歳からのおしゃれ論 あんなにヒールを履いていた私がヒールを履かなくなった理由

ハイヒール。履かなくなりました。私の中では完全に過去のものになりました。でも10代後半から30代前半まで、かなりの頻度でハイヒールを履いていました。そんな私がヒール…

40歳からのおしゃれ論「気持ちよくなきゃ、私もう無理なんです」

どうですか、皆様。気持ちよくなきゃ、もう無理じゃないですか? 私は無理です。30代後半から特に。いくらかっこよくても素敵でも、気持ちよくないと、絶対に無理です。な…

40歳からのおしゃれ論「今まで気にならなかった真珠が急に気になる私たち」

これはですね、言っておきますけれども、本当の話です。 女は40の声を聞く頃に突如、本物の真珠が欲しくなるのです。 なぜでしょう? これも最初に言っておきますけれども…

40歳からのおしゃれ論。布好きイラストレーターいいあいが手仕事の聖地インドへ赴いた

みなさまこんにちは。突然ですが、好きな人ができたら、なるべくその人の近くにいたいですよね。その人のことならなんでも知りたいし、なんなら触れてもみたい。そんな想い…

エア○ズムより涼しい?私が灼熱の夏に手放せない服はこれ

2018年盛夏。みなさまいかがお過ごしでしょう。私は、両親共に北海道人なこともあってか、子供の頃から夏が苦手な秋冬大好き人間です。そのため今年の暑さは、なかなか強烈に感じております。恐怖すら感じています。…

オトナの女は「スられにくいバッグ」がバカンスの必需品!

バカンスシーズンが近づいてきましたね。夏休みに海外を予定されている方も多いことでしょう。ところでみなさん。スられたこと、ありますか? 海外で。スリに。幸いなことに、今のところ私はスリ被害にあったことは…

私の顔をぱーっと明るくしてくれた「神の美白3品」は…そこそこ美白してきた40代

私の肌は、日本人の中では色が白い方です。よってシミが目立つ!30代後半から加速度的に、しみそばかす的なものが頬骨の高いところに点々と出現。スキンケア的なことはあまり真面目にやらないけれど、私が唯一やって…

40歳からのおしゃれ論 旅先で2万歩ける私の靴はこれ2選

ヒールというのものを履かなくなってから、すっかりコンフォートな靴の愛用者である私。旅ともなればその傾向は一層強くなります。そろそろ夏の旅を計画している方も多いかもしれないので、今回はオススメの旅靴につ…

女41歳、盆栽始めました。聖地・大宮盆栽町と盆栽博物館へ

今年に入ってから足繁く、私はさいたま市大宮のちょっと先まで通っている。なぜなら、そこに盆栽町があるからだ!昔から盆栽に興味はあったけれど、毎日の水やりや剪定を考えると、旅好きで家を空けがちな私には無理…

女の指先に歴史あり。懐かしきかなアセトンとトルエンのかおり。

日常生活で目に入ってくる自分のからだパーツ、ダントツの一位、手。指先。他の部位は鏡をわざわざ覗かないと見えませんが、手だけは目に入る。故にそこが整っているとそれだけでなんとなく気分が良いものですね。み…

「ストール大好き人間」の私にぼんやり訪れた気づき2つ

すっかり春ですね。巻いてますか? 私は巻いてます。スプリングコートだけでは肌寒く感じる日に。強くなってきた紫外線対策に。ファッションに春らしい色を差し込みたい時に。ということで今回はストールの話をして…

地味にブーム来たる。バックトゥーザブローチ!つけてる?ブローチ。

ブローチ。リングやピアス、ネックレスなどアクセサリーの種類はたくさんあるけれども、ブローチってとりわけ懐かしい響き。子ども時代のお出かけの時、ジャンパースカートやワンピースの胸元に母親につけてもらった…

パワスポ、異世界、美味しいもの。いいあい的「箱根のおすすめスポット&お土産」4つ

みなさまこんにちは。隙あらば旅。イラストレーターいいあいです。今日は、東京砂漠に疲れた私が箱根に通うようになってから、改めて、これは皆様におすすめしたいと思ったスポットとお土産をご紹介しますね。ひとつ…

東京砂漠に疲れ果てた私がおすすめする、箱根の大人な楽しみ方3つ

神奈川県生まれ神奈川県育ちなこともあり、子供の頃から箱根に行く機会が多かった私。親の運転する車の後ろで、いつも車に酔って気持ち悪くなりながら行くドライブ。それは、当時住んでいた横浜から箱根の芦ノ湖や仙…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事