優しい人のハズが実はダメ人間…LINEで見抜く「頼り甲斐ゼロ」の男

結婚して幸せの絶頂を感じていたのもつかの間、しばらくして「ウチの夫、つまらなすぎる……」と、結婚生活に物足りなさを抱いてしまう女性も、珍しい存在ではありません。

酸いも甘いも嚙み分けてきた40代女性には「結婚するなら、穏やかで素朴な男がいい」と、“ぶっ飛んでいないタイプ”を、意識的に選びたがる方も。しかし、そんな“何ひとつぶっ飛んでいない、穏やかそうなタイプ”を求めてしまったがゆえに「結婚生活がつまらない!」となれば、ちょっとした悲劇です。

そこで今回は、結婚後に“つまらない結婚生活を強いる夫”になる可能性が極めて高い男が送りがちなLINEの特徴に迫ります。

 

1:「そうなんだ」「なるほどね」などの相槌しか返ってこない

 

女性が何らかの話をLINEしたときに「そうなんだね」「なるほどねー」などと、自発的に意見を言うわけでもなく、ただ“聞いているだけ”の相槌返しがクセになっている男は、結婚後にはかなり“つまらない夫”になる可能性が極めて高めです。

交際中には「私の彼は、いつも私の話を肯定的に聞いてくれる素敵な人」だと思えても、いざ結婚生活が始まり夫婦にとって建設的な話をしたいとなったシーンで「そうなんだ」「へぇー」「ほぉぉ。なるほど」なんて相槌だけをひたすら打たれてしまえば、家庭を引っ張るのは妻の役目に。

何でも自分で決めたい女性にとっては最高の夫ですが、家庭生活を男性にリードしてほしい女性にとっては、こんなに頼りない夫はいません。

 

2:デートプランの相談では「決めていいよ」しか送ってこない

 

次のデートプランを相談しているときに、いつも「君が決めていいよ」と返信してくれる男も、一見すると“優しさに溢れている彼氏”で、交際中には女性を気分良くさせてくれるタイプです。

しかし裏を返せば、この手の「決めていいよ男」は、自分では何も“決められない”や“決めたくない”タイプも多く、結婚生活を送っていく上では「頼り甲斐がない夫」になりやすい傾向も。問題が起きたときに責任逃れしたがる男も、このタイプに多い気がします。

自発的な意見や提案がほぼなく、とことんまで「君の好きにしていいよ」しか言えない男は、家庭生活も妻に任せっきりで、話は聞いてくれるけれど解決策は提案できないダメ男の典型的な兆候にも。結果、妻としては物足りなさを感じ「結婚生活がつまらない」などと不満を抱くハメに陥りがちです。

 

3:困りごとに対し「ごもっとも」ながら他人事にしかない返事を送ってくる

 

結婚生活を送っていく上では、男性に積極的に矢面に立ってほしい場面にもぶつかります。男女共同参画が進んでいるとは言え、社会生活を送っていく上では、悲しいかな、女性が表に出るより男性が出たほうが丸く収まるシーンもあるのが現実。

そんな時に矢面に立てない男ほど、交際中にも、他人事にしか捉えていないLINEを送りがちです。

自宅に来るしつこいセールスマンに悩まされている、口うるさい近隣のおじさんにしつこく言いがかりをつけられている……など、仕事や友人関係以外の「男性に出てほしい」と思っている生活の困りごとを相談した時に、同情してくれるでもなく冷静に「それは、警察に相談しなよ」や「引っ越しちゃえば?」などと、ごもっともな意見ながらも自分は決して表に出たがらない男は、その典型。

面倒ごとに首を突っ込むのは誰しも面倒ですが、愛する彼女のためなら感情的になって一念発起する男も多いのに、そこで矢面に立たず“他人事”として解決したがる男は、結婚してからも揉め事が起きると「君が警察に相談すれば済むだろう」などと冷静に言いつつ、逃げたがります。

妻としては「なんでウチだけこうなの……」と物足りなさを抱き、だんだんと結婚生活そのものがつまらなく感じていくリスク大です。

 

穏やかな男は、結婚生活を送っていく上で“優良物件”の代表格なのは間違いありません。しかし冷静で穏やかそうなタイプを選ぼうとしたばかりに、悪い意味で“つまらない男”を選んでしまったら、元も子もないお話に。

こんなLINEを平然と送ってくる男とは、結婚してもつまらない生活しか待っていない可能性が極めて高いので、今一度冷静にジャッジしていただきたいと思うのです。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

僕たち、40代女性のコレに弱いです!男性がムラムラする「○○な瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

#37 40代独女が「婚活」を半年やってわかったこと【40代編集長の婚活記】

アラフォーになっても結婚をしないまま、独身で45歳をむかえたOTONA SALONE編集長アサミの連載婚活記。婚活パーティに参加したのは半年前、1度はデートに至るものの、その…

捨てたらもったいない! 使わない「化粧水・乳液・美容液」のリッチな再利用術

ミニマルな生活に憧れると「アレもコレも、捨ててしまおう!」なんて、断捨離もポイポイと進むもの。特にスキンケアコスメは「開封したら3ヶ月~半年で使い切るべし」と言われているだけに、開けたまま使わずにいた…

「裏のある男」はアノ血液型に多い…!? 40代女性が体験した冷酷すぎるリアル

「いい人だと思ったから深い仲になったのに、付き合ってみたらとんでもない男だった!」な展開は、女性なら誰しもが避けたい道。しかし男たちも、お付き合いをするまでは大なり小なり猫をかぶっているので、性格の“…

「ファンデの上からの日焼け止め追加」、実際みんなどうしてる?

いよいよ本格的にUV対策が必要なシーズンを迎えています。「日焼けしたくない!」「年齢とともに、シミが本気で気になる……」な女性にとって、1年中油断できないのがUVですが、今年は春先からここまで日差しが強かっ…

「ドMな男」が多い血液型って? 1位はやっぱりアノ型でした!

「Mっ気のある男」くらいならまだかわいいと思えても、「ドMな男」となるとご遠慮したい……な40代女性も決して少なくはないかもしれません。あるいは逆に「私は、ドSを自覚してます!」な女性は、パートナーにはドMな…

美人でも即NG…男が「絶対に結婚したくない」40代女性ってこんな人!

40代になってから婚活を始め、すぐに結果が出る女性もいる一方、人柄も容姿もいいのになかなか決まらない……な女性もいるのが実態。「決まらない」の背景には、ご自身がお相手に求める条件を高めに設定しているケース…

「40代後半でそれは痛くない…?」トレンドと紙一重な問題児コスメ6

40代になったら、ミーハー感や若作り感による“痛々しさ”しか出さないコスメは、断捨離すべきタイミングでもあります。個性的なメイクは似合っていれば「おしゃれ!」であるのは間違いないものの、自分の想定外に「あ…

今すぐ捨てて! 使っていると痛い目にあう過去のトレンドコスメ5選

年齢を重ねると「流行だから」という理由だけでは、トレンドに飛びつかなくなる女性も増えてきます。他方、メイクに関しては自分なりの“定番”が確立していて、ちょっとしたコスメを買い足したら使い切るまでは長く愛…

断捨離中でも捨てないで! また買うハメになりがちなコスメ5選

ミニマルな生活に憧れている女性ほど「コスメも、大幅に断捨離!」を合言葉にしていらっしゃるかもしれません。近年は「空前のナチュラルメイクブーム」と言えるくらい、華美なメイクをしない人も増えているので、最…

みんなが選んだ「仕事がデキる男」が多い血液型は…?

「仕事がデキる男」は、お好きですか?将来を考えると「やっぱり結婚するなら、仕事がデキる男がいい!」と思っていらっしゃる女性も少なくないかと思います。日本人はとかく“血液型”による傾向分類を好む傾向もあり…

1,000円あったらコレ買って! 40代の美をアップデートするプチプラコスメ6選

最近は、プチプラのコスメでも優秀なものが多く「コレがあったら、日々の美容が格段に楽しくなる!」な優秀アイテムもたくさん。仮に予算が『1,000円』だとしても、40代のみなさまに自信をもって「ぜひ、手元に置い…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事