優しい人のハズが実はダメ人間…LINEで見抜く「頼り甲斐ゼロ」の男

結婚して幸せの絶頂を感じていたのもつかの間、しばらくして「ウチの夫、つまらなすぎる……」と、結婚生活に物足りなさを抱いてしまう女性も、珍しい存在ではありません。

酸いも甘いも嚙み分けてきた40代女性には「結婚するなら、穏やかで素朴な男がいい」と、“ぶっ飛んでいないタイプ”を、意識的に選びたがる方も。しかし、そんな“何ひとつぶっ飛んでいない、穏やかそうなタイプ”を求めてしまったがゆえに「結婚生活がつまらない!」となれば、ちょっとした悲劇です。

そこで今回は、結婚後に“つまらない結婚生活を強いる夫”になる可能性が極めて高い男が送りがちなLINEの特徴に迫ります。

 

1:「そうなんだ」「なるほどね」などの相槌しか返ってこない

 

女性が何らかの話をLINEしたときに「そうなんだね」「なるほどねー」などと、自発的に意見を言うわけでもなく、ただ“聞いているだけ”の相槌返しがクセになっている男は、結婚後にはかなり“つまらない夫”になる可能性が極めて高めです。

交際中には「私の彼は、いつも私の話を肯定的に聞いてくれる素敵な人」だと思えても、いざ結婚生活が始まり夫婦にとって建設的な話をしたいとなったシーンで「そうなんだ」「へぇー」「ほぉぉ。なるほど」なんて相槌だけをひたすら打たれてしまえば、家庭を引っ張るのは妻の役目に。

何でも自分で決めたい女性にとっては最高の夫ですが、家庭生活を男性にリードしてほしい女性にとっては、こんなに頼りない夫はいません。

 

2:デートプランの相談では「決めていいよ」しか送ってこない

 

次のデートプランを相談しているときに、いつも「君が決めていいよ」と返信してくれる男も、一見すると“優しさに溢れている彼氏”で、交際中には女性を気分良くさせてくれるタイプです。

しかし裏を返せば、この手の「決めていいよ男」は、自分では何も“決められない”や“決めたくない”タイプも多く、結婚生活を送っていく上では「頼り甲斐がない夫」になりやすい傾向も。問題が起きたときに責任逃れしたがる男も、このタイプに多い気がします。

自発的な意見や提案がほぼなく、とことんまで「君の好きにしていいよ」しか言えない男は、家庭生活も妻に任せっきりで、話は聞いてくれるけれど解決策は提案できないダメ男の典型的な兆候にも。結果、妻としては物足りなさを感じ「結婚生活がつまらない」などと不満を抱くハメに陥りがちです。

 

3:困りごとに対し「ごもっとも」ながら他人事にしかない返事を送ってくる

 

結婚生活を送っていく上では、男性に積極的に矢面に立ってほしい場面にもぶつかります。男女共同参画が進んでいるとは言え、社会生活を送っていく上では、悲しいかな、女性が表に出るより男性が出たほうが丸く収まるシーンもあるのが現実。

そんな時に矢面に立てない男ほど、交際中にも、他人事にしか捉えていないLINEを送りがちです。

自宅に来るしつこいセールスマンに悩まされている、口うるさい近隣のおじさんにしつこく言いがかりをつけられている……など、仕事や友人関係以外の「男性に出てほしい」と思っている生活の困りごとを相談した時に、同情してくれるでもなく冷静に「それは、警察に相談しなよ」や「引っ越しちゃえば?」などと、ごもっともな意見ながらも自分は決して表に出たがらない男は、その典型。

面倒ごとに首を突っ込むのは誰しも面倒ですが、愛する彼女のためなら感情的になって一念発起する男も多いのに、そこで矢面に立たず“他人事”として解決したがる男は、結婚してからも揉め事が起きると「君が警察に相談すれば済むだろう」などと冷静に言いつつ、逃げたがります。

妻としては「なんでウチだけこうなの……」と物足りなさを抱き、だんだんと結婚生活そのものがつまらなく感じていくリスク大です。

 

穏やかな男は、結婚生活を送っていく上で“優良物件”の代表格なのは間違いありません。しかし冷静で穏やかそうなタイプを選ぼうとしたばかりに、悪い意味で“つまらない男”を選んでしまったら、元も子もないお話に。

こんなLINEを平然と送ってくる男とは、結婚してもつまらない生活しか待っていない可能性が極めて高いので、今一度冷静にジャッジしていただきたいと思うのです。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男の本音】こんな40代独身女性に注意!男性ががっかりする理由3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

「ごめん…汚いオバサンにしか見えないかも」男が嫌悪感を抱く40代女性のメイク3例

メイクの仕上げ方によって「この人って、こんなタイプなんだろうな」を推測される要素になるのも実情。パッと見たときに「イケてないメイク」だと感じさせてしまえば、男性たちからは「汚いオバサンにしか見えないん…

若見えの極意ココにあり⁉︎ 「気づけばおばさん」を回避する目周りのちょこっとメイクテク3選

きちんとメイクをしている女性でも「なんだか、オバサンくさい」「あの人って、生活感のあるオバサンにしか見えないよね」などとざんねんな印象を周囲に与えていることも、しばしば。せっかくメイクをするならば、40…

30代までは不要でも…40代になったら絶対に「手元にあったほうがいい」コスメ3選

年齢を重ねるごとに「若い頃と、なんとなく肌がちがう」を感じる女性は少なくありません。ちまたにあふれているコスメも、“そのときの自分”に適しているか否かの視点で選ぶようにすると、無駄買いを防ぎつつも、効率…

やりすぎ…! 40代女性の「義母の美容」にまつわる暴走おせっかい3選

40代女性のパートナーの親世代となると、60代後半から70代、場合によっては80代の女性もいらっしゃいます。日ごろから美意識が高い女性ほど、彼や夫の母親との美容談義にも花が咲くものですが、ちまたには「よかれ」…

定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選

20代や30代の女性がしていると「ちょっとざんねん」で済むのに、40代女性がしていると「痛いオバサン」などと男性からの強烈な不評を招きがちなメイクもあるのが実情です。トレンドを追いすぎて「若づくり?」などの…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事