毎回「お世話になっております」はNG? 印象が悪い3つのメール

あなたは、仕事で、一日何通くらいのメールを書いていますか?メールで大切なのはもちろん「用件」です。結論を先に明快な形式でメールを書くことは大切ですが、そのメールの頭に付ける文、時と場合によって、きちんと使い分けていますか? 毎回毎回「お世話になっております」のワンパターンな書き出しになっていませんか? 試しに私のGmailで「お世話になっております」を検索したところ、1週間で50通ぐらいヒットしました。

どうしても形式的になるその部分で、手を抜かないことができる女性のビジネスメールです。

とは言え、毎回毎回書き起こすのは大変なこと。そこで、今回は「お世話になっております」がどんな時に印象が良くないのか3つの場合に分け、それぞれの場合で言い換えパターンを教えますね。

 

ケース1・まだ「お世話」をされていない相手

まだ世話をしていない場合、つまり、まだ関係が始まっていない場合の「お世話になっております」は、とんちんかんな挨拶となります。特にこのパターンが多く、私も少し「世話を先に約束された」印象を持ったことがあります。
「お世話になっております」という文面に「いやいや、まだ契約していないし」と突っ込みを入れたことも。
この場合は、次のような書き出しが良いでしょう。

  1. 突然のメールで失礼いたします。
  2. 初めてメールを送ります。
  3. このたび、〇〇の件ではお世話になります。

1と2は全く初めての場合です。おきまりの文句ですが、この文のあとは、丁寧に自己紹介をしましょうね。
3は他の場面、例えば対面である程度話が済んでいて、「では続きはメールで」となったような場合です。その時は「初めまして」はおかしいので、このようなパターンになります。そして「お世話になっております」ではなく、それこそ未来の約束「お世話になります」となるわけです。

 

ケース2・「お世話」どころではないお付き合いがある

1とは反対で、むしろ、とてもお付き合いがあり、特に相手が大変に世話をしているということを自覚している場合、この「お世話になっております」では誠意が足りないと感じられてしまうこともあるようです。つまり「え?そんな簡単なお礼で済ませて本題に入っちゃうわけ?」というようなパターンです。こんな場合は、もちろんお礼を蕩蕩と述べても良いのですが、お礼がメインの内容ではないメールの場合は、本題の方が伝わらない可能性も。その時は、しっかり挨拶することで、ガッカリ感を払拭できます。

  1. 日頃はご愛顧くださいまして、ありがとうございます。
  2. いつもお引き立てくださいまして、ありがとうございます。
  3. 毎度格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。

ものすごく形式的ですが、ここはきっちり挨拶し、礼を尽くしましょう。ただひとつ、ポイントがあります。普段のメールと使い分けることです。このフレーズを毎回毎回書くのは、「お世話になっております」を連発するより「形だけ」という印象がより強くなってしまいます。業務が動いてメールを頻繁にやり取りするような時に、毎回書くのは中断し、少し時間を置いた時などに活用するようにしましょうね。

 

ケース3・1日に何度もやりとりをしている

頻繁にやり取りする場合、または逆に、久しぶりにやり取りした時に「お世話になっております」という言葉を目にするのは、形式的に感じ、しらける場合があります。「これは、テンプレートなんだな」「あ、予測変換なんだな」と思ってしまいますよね。そのような場合には、メールのやり取りの頻度が分かる言葉をきちんと入れたり、迅速な返信を感謝する言葉を述べたりしましょう。

  1. たびたび失礼いたします。
  2. ご返信ありがとうございます。
  3. 大変ご無沙汰しております。

1と2は、頻繁にやり取りをしている最中に使う言葉、3は久しぶりにメールを再開する場合に使う言葉として良いでしょう。3の場合は、ご無沙汰したことをお詫びする言葉を添えても良いでしょうね。

 

便利な言葉こそ、むやみに多用しないよう気をつけましょう。

ようするに、「お世話になっています」というのは、とても便利な言葉というわけです。日常場面では、メールよりも、もっともっと使用頻度が高い言葉だと思います。そこに甘えないことが、デキるビジネスウーマン。気遣いが言葉に表れること、そしてありきたりな言い回しを使わないことで、印象が良くなるチャンスでもあると思います。

 

これはNG!「お世話様です」

もっとラフな感じの言葉で「お世話様です」がありますが、この「お世話様です」は「ご苦労様です」と同じで、年上には特に失礼な言葉に当たりますので、注意が必要です。目上の人が軽く挨拶するには良いのですが、お客様相手には使わないように気をつけたいものです。

 

【日本語の誤用シリーズ人気記事トップ3は】

「ご自愛下さい」は実は失礼?デキる女のメール文末7ポイント

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違い

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?ビジネス敬語メールの意味と文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

「ご回答ください」は間違い?やっかいな日本語の正誤5選

先週、仕事のスケジュールの話になったとき、私の仕事量について「苛酷なスケジュールですね」とコメントをくれた方がいらっしゃいました。意味から察して正しくは「過酷」です。私の体を心配してくださっているコメ…

「ご承知おきください」は上から過ぎ!ちょうどいいメールの丁寧語って?

先日、ある会議の時間変更があり、メールで連絡を受けました。「以上の理由によりやむなく変更といたします。ご承知おきください」。確かに相手側にとってはやむを得ない事情のようなのですが、召集されている人たち…

「凡例」ってぼんれい?みんなが読み間違えている熟語10選

先日、ある料理屋で鳥刺しをいただいたのですが、塩と梅肉が添えられていました。醤油ではなく、この塩と梅でいただくという形。「まさに良い塩梅ということですね」と申し上げましたら、お店の主人が「ありがとうご…

実は「違和感を感じる」は間違っていない。でも「頭痛が痛い」がNG日本語な理由

「人事異動で秘書課になったあの人、違和感ゼロだわー。もともとそこにいたみたいな感じ。」こんな日本語が、説明なしで通じる世の中になって参りました。言葉は移り変わるものですが、そもそも誤りであることを知っ…

「折り入ってご相談」が失礼に当たるタイミングって?NG敬語の言い換えは

「折り入ってご相談がございます」「微力ながらお手伝いさせていただきます」このような言葉は、ビジネスシーンではよく見られます。しかし、本来の言葉の意味を知らないと、使うタイミングを間違えたり、使うシーン…

「ますますお幸せに!」は離婚の暗示?結婚式でNGな言葉の言い換え術

メールや文書で失礼なことを書いてしまった場合、最悪謝罪をし、訂正したものを送ればいいのですが、結婚式のような大切なイベント時に失敗は避けたいもの。最近は二人のなれそめなどを文字、キャプション付きのムー…

あなたは大丈夫?「なし崩し」の正しい意味、日本人の20%しかわかっていない

「そんななし崩し的なやり方では、計画的に進まない」「良いのか悪いのか決めずに、なし崩しに動き出せば、失敗するよ」「貯金をなし崩し的に使い、あっという間になくなってしまった」こんなふうに「なし崩し」を誤…

「あなたのメールは読みにくい」と思われてる?ひらがなに直した方が良い言葉10選

毎日、私たちは様々な手段で、他社とコミュニケーションを取っています。その中で、文字によるコミュニケーション手段として、メールやSNS、文書や手紙などがありますが、圧倒的に多いのが「メール」によるコミュニ…

「今度伺わせていただきます」はNG?丁寧なつもりの「過剰敬語」が逆に無礼なワケ

どの企業でも接客の方法については新人研修などで学習済み。しかし、実際に業務が始まると、敬語以前に覚えなくてはいけないルールが山のようにあり、自分がお客さんに対して使っている敬語について、時間をとって検…

日本人の約7割が間違えている微妙な日本語!「〇〇を飛ばす」

「あの後輩、最近ちょっとたるんでいるから、檄(げき)を飛ばしてきたわ」「部長が部全体に檄(げき)を飛ばしたので、少し活気が戻ったわ」実はこの使い方NGです!「檄を飛ばす」のは、「しっかりしなさーい」と相…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事