男性ウケ悪すぎ!「さすがにダサいだろ」と沈黙される40代の春メイク3つ

装いを春仕様にチェンジしたのに、男性から「この女性は、ダサい!」なんて思われてしまったら、かなりガッカリです。

しかし女性の間で流行しているメイクやファッションを、心底から理解できずに首を傾げている男性も決して珍しくないのが、巷の実態。

「ダサい」は親近感に繋がることもあるけれど「ごめん、ムリ」と思う人もいるから、男性ウケを狙いたい日には“最大公約数”を意識しておくほうが無難なのもまた真実です。

そこで今回は、男性から「ダサいだろ」と評価されやすい40代女性の春メイクをお話します。

 

1:全体的にピンクでまとめた「真っピンクな中年女性」

 

私の連載でも何度となく話題にしていますが、この春は「ピンク」がメイクのリアルトレンドカラー。これは、紛れもない事実。

しかしピンクでまとめたメイクは、どうしても甘さが先行してしまうので、似合うor似合わないが分かれやすいのも、また真実です。

そして、男性陣からの代表的な「ダサいだろ」に、クールなメイクがよく似合う顔立ちの女性が、甘さを強調するピンク一色のメイクにしてしまうというものがあります。このケースでは、男性からは「張り切りすぎ!」「どうしちゃったんだ!?」などのネガティブな感想を抱かれやすく、どんなにトレンドでも「似合っていない。ダサい!」を招くことがあるので、ご注意を。トレンドは、似合ってこその「おっ。いいね」なのです。

 

2:健康肌女性の「ブルーアイメイク」

 

この春は、ややスモーキーで深みのあるブルーメイクも、じわじわとリアルトレンド入りしています。

しかしこちらは、健康的な肌色の女性がしていると、男性が「ダサくない?」と感じる典型メイクにもなりやすいので、要注意なのです。

実際、私も地肌が暗めなので毎年春頃からは「日焼けした?」と聞かれることが多いのですが、つい最近にブルー単色のアイメイクをしていたところ、ミドルな男性から「バブルみたいだね。懐かしいな!」と言われ、密かにショックを受けた次第です。

健康肌を自認している女性の場合には、デートではブルーメイクを避けたほうが安全なのかもしれません。

ちなみに、ピンクだけだと甘さが気になる日にブルーを差し色で加えた「ピンク×ブルー」で組み合わせたアイメイクのほうが単色よりおすすめ。ピンクが入るだけで、男性たちからの「バブルだね」を、比較的避けやすいテクにも繋がっています。

 

3:色白女性の「ヌード調メイク」

 

オフの日のメイクでは、なるべく色を使わずに、極限までナチュラルを意識した透明感あるメイクを心がけたい女性もいらっしゃるはず。

色を取り入れたメイクも旬だけれど、あまり色を使わないヌーディなメイクも、まだまだリアルに多いです。

しかし、色白肌な女性のヌード調メイクは、男性からの「顔色悪い?」「疲れてる?」を招きやすく、気合いの入った洋服とのコントラストが強調されるほど「ダサいな……」を感じさせることが!

男性からの「かわいい」は、トータルバランスが取れてこそなので、もともと色が白い肌を自認している女性の“ヌーディ”は、単なる「手抜きメイク」にも見えやすく、男性にはその手間が理解されないことも多々です。

ただし、いい具合に力の抜けたオフファッションの場合は、ダサさ皆無に。つまりのところ、男性からの「いいじゃん」を狙うねら、ファッションとのトータルコーデがモノを言うのかも。

 

女性から見ると「あの人、メイクに手をかけてる!」とわかるメイクでも、男性から見ると「ダサいでしょ」になっているものもあります。デートの日にせっかく時間をかけて身支度をしても、お相手にその努力を理解してもらえなかったら、すごく残念。

男性からの「かわいい」を狙いたいシチュエーションでは、わかりやすい“最大公約数”狙いで、奇をてらわない定番メイクが鉄板なのは間違いないかもしれません。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

#68 男の本音って…。モテない独女が合コンで痛感したこと【40代編集長の婚活記】

結婚できないどころか、恋愛すらできない40代独女、OTONA SALONE編集長アサミ。婚活を始めて1年になるが誰ともうまくいかない。周囲から「婚活してるけど、実は結婚する気…

ちょっと待った! 男が悪い意味で「二度見する」40独女の3大NGメイク

婚活中の女性ほど、異性から注目されないよりはされるに越したことはないけれど、悪い意味で“二度見”されるような注目の集め方は、あまり嬉しくない方も多いのではないでし…

「なんかダサい」と思われてる!40代女性がアップデートを怠る7つの見た目

美のアップデートを怠ってしまうと、それだけで男性から「ダサい……」と思われることが多々あります。「なにがどうだから、ダサい」までは詳細に説明できなくとも、ぱっと見…

だいぶショック!「一発で男性の好感度がダウンする」40代女性の3大NGメイク

婚活中でもそうではなくとも、働く40代女性としては「周囲にいる異性からの好感度は、上げておくに越したことはない!」と思っていらっしゃる方だって多いはず。好感度はち…

40代女性が男性から「育ちが悪そう」と思われがちなハッシュタグ傾向3選

SNSの投稿によって、その人のイメージは良くもなれば悪くもなる昨今。言い換えると、自己ブランディングを意識している方ほど、投稿の内容にも細心の注意を払う必要がある…

だいぶガッカリ!男が思う「近寄りたくない女」のメイク3大NG

メイクのテイストによって、女性の第一印象は、かなり左右されます。他方、自分では「私は、こんなイメージにしたい」を狙っていても、男性からの印象はときにまったく違う…

ハッシュタグって個性が出る…インスタで「痛いオバさん」認定される40代女性とは

日々の出来事やちょっとした風景などを気軽に投稿できる『Instagram』(以下:インスタ)は、すでに言わずと知れた存在で、40代女性にも愛用者が多いSNS。もはや「ブーム」…

気づけばだいぶ損…! 男性から「ダメな40代」と誤解されるメイクの3大NG

女性のメイクを見て「この女性は、きっとこんな性格だろう」と推測が働くのも、男性心理の常。まだ相手のことをよく知らない段階では、第一印象のイメージによって性格を判…

一瞬で恋愛圏外!「男に逃げ出される」40代女性がつい送ってるLINEの傾向3つ

“つかみ”はよくとも、いざ深い仲になった途端に、男性から避けられてしまう40代女性もチラホラお見かけします。容姿端麗で仕事もバリバリこなし「私は、それなりのレベルの女」を自負しているのに、なぜか男性と長続…

モテてるつもりが逆に滑稽…! 40代が「やめたほうがいい」美容テク3選

「40代だけど、今年はモテを極めるわ!」は、決して悪い心がけではないはず。婚活でも恋愛市場でも、モテる40代になれば、それだけ選択肢も増えるわけですから、モテないよりもモテたほうが、いろんな面でも有利です…

まだ使っているならオバ見えの原因…! 40代が「真夏には捨てるべき」コスメリスト5

暑くなってくると、身の回りをサッパリと整理したくなる女性も、かなりいらっしゃるのではないでしょうか。気温や湿度が高い毎日だと、なにをするのにもやや億劫なのもホンネです。結果、毎日のルーティンや習慣も、…

気づけば老け見え! 酷暑にやりがちな40代の3大NG美容ルーティン

本格的な暑さが到来してきた今時分は、“老け見え”を招くちょっとした悪習慣が身につきやすい魔の時期でもあります。他方、気温や湿度が高いなかで精力的に仕事をしていれば、過ごしやすい気候の時期と比較して、どう…

若見えのつもりが逆に老け見え!本当は「やらなくていい」40代の美容テク3選

メイクやファッションなどの外見に気合いが入りすぎると、うっかり“間違った若見え路線”にも走りがちです。実際のところ、美意識が高い女性がアレやコレやと入念にお手入れするほどに、かえって老け見えを招いている…

気づけばだいぶ損…! 男性から「ダメな40代」と誤解されるメイクの3大NG

女性のメイクを見て「この女性は、きっとこんな性格だろう」と推測が働くのも、男性心理の常。まだ相手のことをよく知らない段階では、第一印象のイメージによって性格を判断したくなるのは、男女問わず「あるある」…

美人でも社内恋愛の対象外に…! 40代の「嫌われお局」ってこんな女性

職場で「あの人みたいには、絶対になりたくない!」なんて後輩たちから白い目で見られてしまえば、その噂が男性たちの耳に届き、恋のチャンスだって逃しかねません。また本人が社内恋愛を狙っているわけではなくとも…

本人はまだイケてるつもりでも! 「気づけばオバサン」な40代女性の3大特徴

自分ではオバ見えを回避しているつもりなのに「気づけば、オバサン扱いされていた!」なんてことになれば、悔やんでも悔やみきれません。しかし年月とは残酷なもので、自分では「私はまだまだ若い」と思っていても、…

実は小ジワは問題なし!? 若く見られる女性と私の「決定的な違い」3つ

年齢を重ねても若いイメージで通っている女性もいれば、残念ながらも「年齢相応」あるいは「実年齢より、老けて見える」と評される女性もいます。他方、それなりの年齢に達していることは決して悪いことではないだけ…

プチプラコスメ好き40代必見!「安物買いの銭失い」にならないための3大鉄則

最近のプチプラコスメは「安かろう悪かろう」ではなく、むしろデパコスに匹敵するほどの優秀なアイテムもたくさんあります。しかし中には「やっぱり」と言いたくなるような、“見掛け倒し”なコスメも存在するだけに、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事