男性ウケ悪すぎ!「さすがにダサいだろ」と沈黙される40代の春メイク3つ

装いを春仕様にチェンジしたのに、男性から「この女性は、ダサい!」なんて思われてしまったら、かなりガッカリです。

しかし女性の間で流行しているメイクやファッションを、心底から理解できずに首を傾げている男性も決して珍しくないのが、巷の実態。

「ダサい」は親近感に繋がることもあるけれど「ごめん、ムリ」と思う人もいるから、男性ウケを狙いたい日には“最大公約数”を意識しておくほうが無難なのもまた真実です。

そこで今回は、男性から「ダサいだろ」と評価されやすい40代女性の春メイクをお話します。

 

1:全体的にピンクでまとめた「真っピンクな中年女性」

 

私の連載でも何度となく話題にしていますが、この春は「ピンク」がメイクのリアルトレンドカラー。これは、紛れもない事実。

しかしピンクでまとめたメイクは、どうしても甘さが先行してしまうので、似合うor似合わないが分かれやすいのも、また真実です。

そして、男性陣からの代表的な「ダサいだろ」に、クールなメイクがよく似合う顔立ちの女性が、甘さを強調するピンク一色のメイクにしてしまうというものがあります。このケースでは、男性からは「張り切りすぎ!」「どうしちゃったんだ!?」などのネガティブな感想を抱かれやすく、どんなにトレンドでも「似合っていない。ダサい!」を招くことがあるので、ご注意を。トレンドは、似合ってこその「おっ。いいね」なのです。

 

2:健康肌女性の「ブルーアイメイク」

 

この春は、ややスモーキーで深みのあるブルーメイクも、じわじわとリアルトレンド入りしています。

しかしこちらは、健康的な肌色の女性がしていると、男性が「ダサくない?」と感じる典型メイクにもなりやすいので、要注意なのです。

実際、私も地肌が暗めなので毎年春頃からは「日焼けした?」と聞かれることが多いのですが、つい最近にブルー単色のアイメイクをしていたところ、ミドルな男性から「バブルみたいだね。懐かしいな!」と言われ、密かにショックを受けた次第です。

健康肌を自認している女性の場合には、デートではブルーメイクを避けたほうが安全なのかもしれません。

ちなみに、ピンクだけだと甘さが気になる日にブルーを差し色で加えた「ピンク×ブルー」で組み合わせたアイメイクのほうが単色よりおすすめ。ピンクが入るだけで、男性たちからの「バブルだね」を、比較的避けやすいテクにも繋がっています。

 

3:色白女性の「ヌード調メイク」

 

オフの日のメイクでは、なるべく色を使わずに、極限までナチュラルを意識した透明感あるメイクを心がけたい女性もいらっしゃるはず。

色を取り入れたメイクも旬だけれど、あまり色を使わないヌーディなメイクも、まだまだリアルに多いです。

しかし、色白肌な女性のヌード調メイクは、男性からの「顔色悪い?」「疲れてる?」を招きやすく、気合いの入った洋服とのコントラストが強調されるほど「ダサいな……」を感じさせることが!

男性からの「かわいい」は、トータルバランスが取れてこそなので、もともと色が白い肌を自認している女性の“ヌーディ”は、単なる「手抜きメイク」にも見えやすく、男性にはその手間が理解されないことも多々です。

ただし、いい具合に力の抜けたオフファッションの場合は、ダサさ皆無に。つまりのところ、男性からの「いいじゃん」を狙うねら、ファッションとのトータルコーデがモノを言うのかも。

 

女性から見ると「あの人、メイクに手をかけてる!」とわかるメイクでも、男性から見ると「ダサいでしょ」になっているものもあります。デートの日にせっかく時間をかけて身支度をしても、お相手にその努力を理解してもらえなかったら、すごく残念。

男性からの「かわいい」を狙いたいシチュエーションでは、わかりやすい“最大公約数”狙いで、奇をてらわない定番メイクが鉄板なのは間違いないかもしれません。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「脚も腕も絶対焼かない!」時短美容家がガチ検証したオススメUVはコレ

気候が良くなってきて、外に出るのが気持ちよく感じる今日この頃。そして、外が暖かくなってくると、UV対策もそろそろ本腰を入れるべきシーズンの到来です。年齢を重ねるにつれ、これまでに蓄積されている紫外線の量…

えっハンカチも…!? 婚活40代女性が「持っているだけで結婚を逃す」7アイテム

「この女性は、僕とはちょっと合わないな」と思われてしまえば、40代の婚活道は厳しいものにもなりがちなのは否めません。ところで、まだ相手のことをよく知らないうちは、お互いが相手の身なりや持ち物からの情報で…

まさかの「昭和な女」がモテる?ミドル世代男性を魅了する40代女性とは

つい先日のこと、ミドルなバツイチ男性とお話していたら「俺はさー、次に結婚するならやっぱり、“昭和な女”がいいんだよな」なんて話題になり、その場にいた男性陣が「いいよね」などと賛同しまくる事態に。その場に…

「ふーん」って言ってない? 男女関係すさまじい破壊力の3ワードはこれ

言葉はときに、ものすごい破壊力をもちます。一度でも、深い仲にある男性から「この女性は、失礼だ!」「俺にはこんな女は、無理だ!」と思われてしまえば、その後もネガティブなイメージがつきまといがち。男性の抱…

知らない間に肌が焼ける人は、たぶんファンデの塗り方が悪いはず。盲点3つ

日差しが強まってきて、日焼け対策にも意識が高まるシーズンの到来です。手や足などのUV対策のほか、40歳を過ぎると意外と気になるのが、ファンデーションまわりのUV対策。うっかり焼いてしまい、シミを加速させる原…

忙しい朝もOK!手脚にすばやく確実に日焼け止めを塗る裏ワザ

これからの季節、デイリーのお手入れで欠かせないもののひとつが“日焼け止め”です。年齢を重ねた肌に限らず、紫外線は美肌の大敵だけに、春先からは毎日の日焼け止めが欠かせなくなります。また、若い頃には「焼く派…

1つでも持ってたら超オバサン!今すぐ捨てて「たんすのこやしコスメ」7つ

「あの人、バブルメイクって感じ」などと陰でウワサされるのは、ちょっと避けたいと感じていらっしゃる40代50代女性もいらっしゃるのではないでしょうか。近年はバブリーなスタイルよりも、ナチュラルで清楚な透明感…

春はマイナス3歳!「自然なぱっちり目」をつくる40代のテク3つ

「春になったら、老けた」ではなく「春になったら、若返った」と思いたい私たち世代にとって、この時期はメイクのアップデートにも“若見え”を意識したい頃合いです。手っ取り早く「マイナス3歳!」を目指すなら、怠…

あっ…使ってた! スキンケア下手な女ほど持ってる「呪いの10アイテム」

知らない間に、スキンケアが下手になっていた……なんて展開は、できるだけ避けたいのが多くの女性の本音です。しかし、コスメやお道具をアップデートしないままでいると、いつの間にかスキンケア下手に陥っていること…

この春思い切って変えるべき!「優しい女」に見える40代メイクは

初対面で「あの人、意地悪そう!」なんて思われるのは、誰しもが避けたいもの。ところで春は、新しい出会いの季節でもあるだけに、初めてお会いした方にネガティブな印象を与えるメイクだけは避けたいところ。新人の…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事