いま伊豆旅ブーム中。週末は熱海の絶景旅館でおこもりを

絶景やご当地グルメ、温泉など旅の楽しみは様々ですが、やはり宿選びは大きな決め手。ひとりでもカップルでも納得できる“ほんとうに泊まりたい宿”をご案内します。第6回は伊豆・熱海の「星野リゾート 界 熱海」です。

 

良質の温泉でしっとり

星野リゾートが全国に展開する温泉旅館「界」は、「王道なのに、あたらしい。」をキャッチフレーズに、現代に合うくつろぎを追求した和の空間や、地域や季節にこだわったおもてなし、きめ細やかなサービスなどで知られています。「星野リゾート 界 熱海」は高台に位置する歴史ある和の本館と海辺に佇む登録有形文化財の洋風の別館からなります。本館は国道135号から石畳のアプローチを抜けた先にあり、一歩足を踏み入れると、国道沿いとは思えぬ静寂の空間が広がっています。ロビーラウンジでチェックインを済ませ、早速客室へ。16室ある客室は純和風の数寄屋造りで、すべてが次の間付きでゆったり。今回宿泊した部屋は大きく採られた窓から相模湾が広がります。床の間に活けられた季節の花と上品な掛け軸、さりげなく配される調度品などが日本旅館の伝統美を継承し、上質だけれどもほっと肩の力が抜ける、そんな気分にさせてくれます。

客室からのんびり海を眺める

温泉は伊豆山温泉で、源泉の走り湯は西暦720年頃に発見されたという古湯。泉質はカルシウム・ナトリウム‐塩化物泉で、よく温まる無色透明のさらりとした温泉。さらに弱アルカリ性で、天然の保湿成分であるメタケイ酸も豊富なので、美肌効果もあります。湯殿は総檜丸太造りの内湯「走り湯」と建築家・隈研吾さん設計のモダンな露天風呂「古々比の瀧(こごいのゆ)」の2か所あり、いずれも客室から「登竜坂」という長い階段で結ばれています。行きは下りですが、帰りは長い階段を上ります。ですので、その前に海を見晴らす「青海テラス」でのんびり湯疲れを取ってからどうぞ。静かに海を眺めるもよし、宿泊客同士で仲良くおしゃべりもいいものです(時期によりスパークリングワインや甘味なども提供)。6月から8月はこのテラスに伝統工芸品のみしま風鈴が200個飾られ、涼やかな音色も楽しめます。

古々比の湯

走り湯

青海テラスは風鈴テラス

「界」で唯一の部屋食でまったり

「界」は現在全国に14か所ありますが、ほかの施設とは異なる特徴がここにはあります。それは朝夕食ともに客室でいただくということ。人目を気にせずに部屋で足を投げ出して食事がいただけるのは、とくにひとり旅では嬉しい限り。タイミングよく運ばれてくる夕食は、金目鯛や伊勢海老など伊豆の海の幸を使い、彩りも豊かで食欲をそそります。特産の梅が随所に用いられ、お造りに梅甘酒の取り合わせはgood! それにしても階段の多い施設でお部屋出しとは…スタッフの皆さんがスリムなのがよくわかります。

夕食のコースから(時期により内容が異なります)

そして翌日の朝食は釜で炊いた鯛めしがなんともゴージャスで美味。胡麻や葱など薬味とともにいただき、最後はほうじ茶をかけてお茶漬けに。久しぶりに朝からご飯3杯食べてしまいました(なので、せっせと温泉へ)。

朝食のメインは鯛めし

熱海芸妓さんの姿にうっとり

「界」ではその土地の文化に触れる「ご当地楽」が用意されていますが、こちらでは夕食後、21時から本館ロビーラウンジで梅酒の飲み比べ、そして21時30分から熱海芸妓の舞と投扇興が楽しめます。ひとくちに梅酒といっても日本酒で造ったものや、ウイスキーの樽で熟成したものなど旨みも様々。夕方、湯殿でご一緒だったご婦人から、「これは飲んだ?こっちが美味しいわよ」とアドバイスをいただき、すべてをテイスティングして和気あいあい。ひとり旅でもこんな触れ合いは素敵だなと。昔から変わらぬ温泉旅館の良さを感じました。

ずらりと並ぶ梅酒

熱海では明治時代から要人や文化人をもてなしてきた熱海芸妓の文化が残ります。現在も50を超える置屋があり、120人ほどの芸妓さんが活躍されているとのこと。粋であでやかなその踊りを堪能し、お座敷遊びのひとつ、投扇興を体験。投扇興とは桐箱の台(枕)に立てられた蝶と呼ばれる的に向かって扇を投げ、その形を競うものです。点式には葵や夕顔、桐壷など源氏物語に因む名が付けられ、なんとも風流なのですが意外と難しい。客室にもセットがありますので、ぜひ、自主練習をしてみてください。

芸妓さんの素敵な舞

投扇興

日本を代表する温泉リゾートのひとつ熱海は昭和レトロブームも手伝い、駅前は観光客が絶えません。でも本当の熱海の良さは奥ゆかしい温泉文化が宿るところ。たかが熱海、されど熱海、わずか1時間で、日常をリセットできる旅が待っています。

料金:1泊2食付き2名1室利用時の1名料金34000円~、1泊2食付き1室1名利用48000円~

住所 静岡県熱海市伊豆山750-6 ℡0570-073-011(界予約センター)チェックイン15時、チェックアウト12時

星野リゾート 界 熱海のサイトはこちらから

 

 

 

スポンサーリンク

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

台北ローカルが行列してでも食べたい!話題の「台湾素食」まずはこの店へ

ちょっと仕事がひと段落ついたとき、ふと思い立って行ける海外、それが台湾。ひとりで台湾行ってみたいけど、お決まり小籠包と足マッサージだけじゃなくてちょっと違ったプ…

台湾の土産探しに「天和鮮物」へ!台北最大のオーガニックスーパー

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

お疲れ40代が台北で救われるお茶とお風呂!「百勝堂薬行」でお土産

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

台北に泊まるならココ!おすすめホテルエリアとは?【ひとり台湾】

星の数ほどある台北のホテル休みが取れそう!海外行こう!よし、近くて手軽にいける台北に決定!!いいですね、何食べようどこ行こう買い物予算どうしよう。いろいろ楽しい…

【マンガエッセイ】迷わず購入!台湾の調味料”鵝油金葱”!

前回の続きです、前のお話は→こちらそれはおフランスとの融合!?日本ではあまり馴染みのない”ガチョウ料理”だけど、台湾では結構街にお店がある。読んで字のごとく漢字一…

台湾「ひとり飯」ならココ!台北っ子に人気のグルメスポット3選

台北、人気ですよね~。食べ物がおいしい、近いし、LCCがばんばん飛んでいてリーズナブルに行けるなど、人気の要因はさまざまですが、筆者が足しげく台湾に通ういちばんの…

これで350円!台北の美味ベジグルメ「素食」ローカルも並ぶ一押し店は

前回の続きです→こちら台湾駅からMRTで一駅、『善導寺』駅から徒歩5分程度、台北駅からも歩ける距離にある『蓮池会素食館』に足を踏み入れた私......ドアを開けるとそこに…

おひとりさま旅歓迎!金曜夜から1泊できる箱根・熱海・軽井沢の温泉

温泉に行きたい。一人で静かに湯船につかってぼーっとしたい。いま、オフィスからそのまま行きたい。でも、温泉旅館は夕飯の時間に間に合わない……。と思っていたら、実は「…

【令和の開運!】温泉×滝×米沢牛!最強力パワスポが東京から2時間、白布温泉

山形県の最南端に位置する米沢市。ブランド牛の中でも人気が高い米沢牛の故郷です。じつは東京駅から山形新幹線約2時間で到着する、意外と近い穴場的な観光地なのです。歴史好きであれば、米沢藩の藩祖・上杉謙信を…

都会のど真ん中でデトックス体験!大手町の「星のや東京」でストレスフリーに

絶景やご当地グルメ、温泉など旅の楽しみは様々ですが、やはり宿選びは大きな決め手。ここに行けば間違いない!という“ほんとうに泊まりたい宿”をご案内します。第10回は東京大手町にある温泉旅館「星のや東京」です…

温泉に入るお猿に会えるかも?長野「渋温泉」で年のはじめの開運温泉旅!

ノスタルジックな石畳の温泉街で知られる長野県・渋温泉。最寄り駅は長野駅から長野電鉄で約50分の湯田中駅です。マニアック温泉マニアの私から見て、温泉王国・長野県のなかでも、その湯量と泉質の良さは際立つもの…

【開運】本当に日本?な絶景。ペット可、妙義山の温泉付グランピング

長い歳月をかけ、火山が風化して出来上がった群馬県の妙義山。大分の耶馬渓、香川の寒霞渓とともに日本三大奇勝のひとつとされています。荒々しい奇岩が連なる様子は、大地のパワーを伝え、遠くから見ているだけでも…

【婚活×旅】パワースポット・秩父の宿坊で良縁と向き合う!

東京・池袋から特急で約80分、埼玉県秩父市は三峰神社をはじめとするパワースポットが多く点在することで知られています。その中で今回ご紹介する「大陽寺(たいようじ)」は三峰神社とは妙法が岳を挟んだ反対側に…

おひとりさまの良縁祈願は、聖地へ。「箱根本箱」でたっぷり恋愛運チャージ!

絶景やご当地グルメ、温泉など旅の楽しみは様々ですが、やはり宿選びは大きな決め手。ここに行けば間違いない!という“ほんとうに泊まりたい宿”をご案内します。第9回は2018年8月にオープンしたばかりの「箱根本箱…

40代の「ナイトプール」、ここなら行けそう…?赤坂インターコンチ

近年は混雑するお盆時期をずらして、夏休みを取るという方も増えているようですね。とくに遠出をする予定はないけれど、家でゴロゴロもつまらない、どこかへ行きたいと思っている方も多いはず。ここで思いつくのが「…

おひとりさまの京都旅に。こじんまり高級なのにリーズナブル「ヴィラ三条室町・京都」

絶景やご当地グルメ、温泉など旅の楽しみは様々ですが、やはり宿選びは大きな決め手。ここに行けば間違いない!という“ほんとうに泊まりたい宿”をご案内します。第8回は京都のひとり旅に絶好の「ヴィラ三条室町・京…

心が折れそうなときに!千葉・安房小湊のうっとりサンセットビュー露天温泉

絶景やご当地グルメ、温泉など旅の楽しみは様々ですが、やはり宿選びは大きな決め手。ここに行けば間違いない!という“ほんとうに泊まりたい宿”をご案内します。第7回は千葉・安房小湊の温泉「浜辺の湯・浪漫の歌 …

GWに行きたい絶景温泉! 雲の上の秘湯でパワーチャージ♡八幡平「藤七温泉彩雲荘」

岩手県と秋田県にまたがる高原・八幡平。ようやく春が巡り、緑が眩しい時期になります。美しい景観と足元から湧き出る温泉を楽しむパワーチャージの旅に出かけましょう。桜と雪を同時に楽しむ回廊東京では桜前線が駆…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事