【九星フラワー占い】八白土星の6月の運気は「声が縁を呼ぶ」

一年でもっとも昼間の時間が長い6月。「光の時間」と言ってもいいかもしれません。一方で梅雨の時期でもあります。雨が降り出せば、暗く重い雲に包まれて……。不安定な季節を、調子を崩さずに過ごすコツ、楽しみを見つけるコツを星ごとにお話しします。

※八白土星の生まれ年は1965年、1974年、1983年、1992年です。

ただし、1月1日~2月4日、4日生まれの場合は前の年の生れになります。

フレッシュな魅力があらわれる時

八白土性の今月のキーワードは、「声が縁を呼ぶ」です。

思いついたことを声高にいってみたり、気軽に人に声をかけるというより、思慮深く上品なキャラクターの人が多い八白土星。今月はそんな印象の殻を破ってみると、自分の中や周囲の空気感が変わり、進化や進歩のムードが強まることでしょう。この6月は、梅雨の重苦しさを吹き飛ばすように、「ハキハキ、スッキリ、若々しく」を意識してみてください。周囲の人も憂鬱な気分から解放され、あなたの印象をよくします。

「なぜ、そんな役目を私がしなくてはいけないの?」と思うかもしれませんが、あなた自身も今月はなぜか明るい気分のはず。それはもしかしたら、過去にあきらめた何かにもう一度挑戦していてやる気に満ちていたり、会えなくなっていた人との関係性が修復したり、といったうれしいことがあったからではないでしょうか。もしくは、単純に体調がいいのかもしれません。

「おはよう」というだけでいい1日になる

このエネルギーを声と笑顔にのせて世に発信すること。これは今月最大のラッキーアクションです。いつもよりテンション高めで「おはよう」のあいさつをしてみる。誰かにお世話になったらお礼はもちろん、「あの人、すごくいい人で!」とうわさにしてみたり。こういったことがあなたの評価を高め、思わぬ人からの評価が高まったり、あなたの立場をよくしたり、あるいは新しい出会いまで呼び寄せることでしょう。

【続いて6月の詳細運!】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LIFESTYLEに関する最新記事