アイライン下手すぎ…? 脱「ケバすぎオバサン」、ナチュラルに描く3つのコツ

「アイラインを描くと、どうもケバくなってしまう……」と頭を悩ませている40代女性って、意外と少なくありません。

しかし若い頃と比べれば、自分比で目元の印象が弱くなってくる年代でもあるだけに、アイラインをデイリーメイクの味方につけないのって、すごくもったいない!

「アイラインのさじ加減がわからず、ついに描かなくなりました」な40代女性のみなさま、ジメジメ梅雨の毎日、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

時短美容家として活動する私のもとにも「アイラインの選び方がわからない」「アイラインを描きたいけど、派手になってしまって」などのお声が、しばしば40代女性からも寄せられています。

そこで今回は「アイラインが下手」を自認する方でも、派手すぎずにちょうどいい塩梅のアイラインがスルスル書けるようになる、ちょっとしたコツをお話します。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

ちょっとしたコツ1:ペンシルのジェル状アイライナーを使う

リキッドやペンシルのアイライナーを愛用していたのに、年齢を重ねてから“アイライナー離れ”してしまう理由に「ラインがブレちゃう」や「ヨレちゃう」を挙げる女性も、そこそこ多くいらっしゃいます。

思ったように線が描けないと、お直しする手間も面倒ですし、見た目にも美しくなくなることから「アイラインは使わずに、アイシャドウだけでいいわ」ともなってしまいがち。

そして私たちのまぶたは、加齢によって“たるみ”が出てきたりシワ感が増したりしてくるため、若い頃と同じ加減だと、どうしても上手なラインが描きにくくなってしかり……なのです。

そこで便利なのが、ペンシルのジェル状アイライナー。ジェル状のアイライナーはたるんだりしぼんだりしている皮膚にも芯が柔らかいことからしっかりと色付けしやすく、さらにペンシル型ならばブラシなどを使って描くよりも手軽なので、デイリーメイクに取り入れやすいはず。

本当に“ちょっとしたこと”なのですが、アイテムの形状を見直しただけで「アイラインが描きやすくなった!」と感激なさる女性も、結構いらっしゃるのです。

 

ちょっとしたコツ2:ブラックを使い、思い切ってインサイドラインのみ描く

ブラックのアイラインは目元に加えると、一瞬で華やかな顔立ちに演出してくれる便利な存在。

しかしその“華やかさ”がアダとなり、オフィスメイクやデイリーメイクでは「派手すぎる」「ケバすぎる」の自己評価につながっていらっしゃる女性も少なくないのが40代です。確かに、顔に“くすみ”や“色ムラ”など年齢が出始めているところにブラック系のアイラインを加えると、一気に派手すぎて“必死な雰囲気”になりやすいのも大人女性の実情。

そこでブラック系アイラインの便利な使い道が、“インサイドライン”だけに仕込んでしまう方法です。具体的には、一般的な「アイライン」としての定番である“上まぶたのキワライン”はあえて描かず、まつ毛の内側ギリギリのキワのみに細く仕込んでいく描き方。

この方法だと、さりげなく目元を主張できるので、ぼやけていた目まわりに“ちょうどいい塩梅”のインパクトを演出しやすいのです。

 

ちょっとしたコツ3:ブラウンを選ぶなら、リキッドだけで仕上げてみる

「ブラックだと強すぎるから、ブラウンで」と、ナチュラル仕上げを意識してアイライナーを選んでいるのに、仕上がりが「いつもケバい!」にお心当たりがあるならば、描き方を見直してみるタイミング。

他方こんなケースでは、アイラインは滲みやすかったり目尻だけが落ちやすかったりするために、アイシャドウとサンドイッチするように、何層にも重ねてメイクを仕上げたていらっしゃる40代女性も少なくありません。

しかしこれだと、せっかく“ブラウン”を使っても、色が幾重にも重なることによりブラック並みのインパクトになってしまいがち。

せっかく「ふんわり系」を目指しても、やけにアイラインばかり主張してしまうわけです。

いくつものアイライナーを駆使した目元は、パーティメイクや写真映えを狙う日には重宝だけれど、デイリーのメイクではやや華やかになりすぎる点は否めないため、思い切ってデイリーではリキッド一択に。

「ブラウンはただでさえ色が弱めだから、何層にもしないとボヤけそう」と思っていらっしゃるかもしれませんが、“ふんわりナチュラル”かつ“ちょうどいい塩梅のインパクト”を手早く狙うなら、下描きは省略しリキッドアイライナーだけでも十分だったりします。

 

「まっすぐに描きたくても、ヨレてしまう」「ちゃんと描こうと思うと、派手になりすぎる」などの理由から、40代になってから“アイライン離れ”してしまう女性も少なくありませんが、個人的にはこれってとてももったいないお話だと思います。

昨今は優秀アイテムがプチプラでもあふれていますし、ボヤけがちな目元をほどよく引き締め、派手になりすぎない程度の“塩梅”は、コツさえ掴んでしまえば自在に演出できます。

「このところ、アイラインから離れていた」な方は、ぜひ明日のメイクからは若い頃とは違ったポイントを意識しつつ、“アイライン再デビュー”なさってみて。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

男から「一目惚れ」されやすい40代女性の好感メイク…知っておきたい3大特徴って?

第一印象がすこぶるいいと、男性から、一目惚れされる確率も上がりがち。「40代ともなれば、なかなか一目惚れなんて、ないでしょ?」などとは思うなかれ。メイクによる印象によっても、男性の視線を惹きつける術にな…

いますね、こういう女…男が「友だちになるのもイヤ」な40代女性の傾向

大人になってからの男女の出会いが、すべてが“恋愛対象としてのジャッジメント”に繋がるわけではありませんよね。「友人として、仲良くしてみたい」「趣味の仲間として、距離を縮めたい」などなど、男女の関係を目的…

実は男もイラっとしてる?「無自覚マウントオバサン」がSNSで書きがちなフレーズ3つ

対面での会話中でも、SNSに投稿されている一文でも「意識高い系」と言われる40代女性たちの発言に、イラっとしている男性は決して珍しくないようです。当人は、周囲を苛立たせるつもりがなかったとしても、まわりに…

「アノ前髪もちょっと…」男が密かにガッカリしている40代女性の3大NGヘア

加齢とともに女性を悩ませがちなヘアの課題としては、“白髪”に加えて、“薄毛”があります。「20年前の自分の写真を見て、びっくり! 気づかなかったけれど、かなり髪が減っていた……」なんてドキッも、40代には珍しい…

ごめん圏外…男が「結婚はナシ」と即決する40代女性の初対面ファッション

ファッションは、その人の第一印象を左右する重要な要素。見た目だけでその人の内面までは計り知れないことは理解しつつも、身を包んでいる服によって「この人って、こんなタイプ?」の推測が働くのも心理です。では…

今すぐ真似したい!「感じのいい40代女性」好感メイク3つのポイント

「あの人って、なんか感じいいよね」「いい具合に年齢を重ねている女性って感じ」周囲からそんなふうに評されている40代女性には、意図せずともしなくとも、好感を与えるメイクが味方になっているケースも少なくあり…

オバ見え確定…! 40代女性をすこぶる老けさせるNGスキンケア

スキンケアは、美肌を育む基本。毎日の積み重ねもモノを言うテーマだけに、ちょっとしたNGが積み重なることによって、不用意な「オバサン化」を招く要素にもなりえるのが実情です。「そういえば、しばらくスキンケア…

お泊りデートでオバサン判定!40代女性が「ギョっとされた」3つのNG行動

お泊りデートは、意中の男性との心の距離を、さらに近づけるチャンス。ところが、少し気を抜いたがばかりに、男性から「オバサンくさい女性だな……」と残念なレッテルを貼られてしまった40代女性もチラホラです。「40…

「そりゃお別れされますよ…」男がドン引きする40代女性のダメ習慣

今どきは、婚歴のある独身者も、決して珍しくない時代。40代で独身の女性にも、過去に結婚をしていた過去がある人も少なくありません。そして、離婚歴があっても、恋愛や次の結婚に意欲的な女性だって珍しくなく「い…

ごめんダサいし昭和っぽい…男が「変だ」と感じる40代女性の定番メイク

クラシカルなテイストでまとめたメイクは、40代がすると大人の魅力が引き出される“オシャレ”になるはずだけれど、男性目線だと「いやいや、ダサいし昭和っぽいでしょ……」となることもあるようです。自分では、あえて…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事