暑くて寝苦しい…そんな日は「腸」をあたためてぐっすり快眠!

はじめまして。腸律師の小澤かおりと申します。よろしくお願いします。私はちょっとめずらしい「腸揉み」の専門家として、東京の広尾のサロンで日々お客様の「腸と心」に向き合っています。

 

実は、私の前職は介護士でした。その前は旅行業界にいて、多忙ながらもやりがいのある毎日を送っていましたが、残念ながら仕事の都合で大好きな祖母を看取ることができませんでした。その後悔をずっとずっと持ち続け、ついに介護業界に入ることにしたのです。この介護施設でのさまざまな経験で、健康には「腸」の動きが深く関係していることを痛感し、今の「腸律」に辿り着きました。

まだまだ日夜試行錯誤の身ですが、腸と心の関係や私が体験、体感したこと、そして40代、50代の女性の腸と心の向き合い方など、日ごろ仕事や私生活のパフォーマンスをよりよく保てるようになっていく気づきについて紹介していきたいと思っています。

 

眠れない人は「腸」にサインがある

さて、下痢や便秘は腸の弱りが原因だとすぐに分かりますが、実は「不眠」の原因も腸が大きく関わっていることをご存知でしょうか?

サロンに来られるお客様の中にも睡眠導入剤を服用しないと眠れないという方が何人かいらっしゃいました。また「よく眠れています!」と言っていたお客様のお腹が「眠れていません!」というサインを出していることも多々あります。

睡眠と関係しているのは脳内にある「メラトニン」というホルモン。このメラトニンは「セロトニン」を経て睡眠ホルモンのメラトニンになっていきます。

別名でハッピーホルモンや幸せホルモンとも呼ばれているセロトニン。今までは脳内ホルモンの一つだと考えられていましたが、最近の研究ではセロトニン量のわずか2%しか脳内に無いということが分かってきました。あとの8%が血液中、残りの90%がなんと腸の中にあるとされます(参考・こころとからだの免疫学・藤田紘一郎2012)

ですので、睡眠ホルモンのメラトニン濃度を上げるには、腸内の中のセロトニンが脳までしっかり辿り着かないといけないのです。良質な睡眠は腸の動きが大きく影響しているのです。

 

「ぐっすり眠れない」人はお腹をさすってみて

赤ちゃんを寝かせる時、お腹に手を当ててポンポンと優しく擦ってあげると安心して眠ってしまうことが多いですよね。お母さんの手の温かさでお腹が温まり、ポンポンという優しい刺激で腸が自然に動き出し、腸内にあるセロトニンが体中を巡り、脳にまで到達しメラトニン濃度が濃くなり眠りにつけるのです。

私の施術は「腸律」という名前ですが、この腸律では、眠れない人が硬くなる腸の場所が分かっています。そこはみぞおちの部分です。この部分は腸律で言う自律神経が集まっている場所なのです。

自律神経が乱れてくるとこの辺りが詰まったり、張っていたり冷たくなってきます。そうすると睡眠の質が落ちてくるのです。逆にこの部分の詰まりを流してあげ、優しく緩ませ、そして温めてあげることで、驚くくらい睡眠の質が変わってきます。

という私もみぞおちの辺りが硬く、何年もそれを6パックのような「腹筋」と勘違いしていた時がありました。

でもその部分の硬さを腸律の施術で流してあげた、その日の夜の眠りの深さ、そして次の日の朝の目覚めは衝撃的でした。「この感覚が、ぐっすり寝た・・・・という感覚なんだ!」と感動さえ覚えたほどです。

私のような「隠れ不眠症」の人はきっと少なくないのだと思います。

これからの季節、暑さで寝苦しい夜が続いたりします。そんな時は是非、ご自身のみぞおち辺りの硬さや張りを確認して、そしてゆっくり温め、擦ってみてください。きっといつもと違う目覚めがあなたを待っているはずです!

 

腸律ワンポイントレクチャーでした。

腸律サロン セラピーエ

スポンサーリンク

ぐっすり眠るコツは「自律神経」にあった! 眠れない夜の3つの対処法

寝る直前まで何かと忙しくて、やっとベッドに入ったのに頭が興奮してなかなか寝つけない。「明日も仕事なのに!」……なんてことはありませんか? 毎日のストレスに加えて、夏…

金スマでも話題。40代の睡眠の質を下げる「7つの悪習慣」

みなさん、最近よく眠れていますか? 質のよい睡眠は成長ホルモンを分泌すると言われていますよね。よく、何時に寝るといい(ゴールデンタイム)という話がありますが、質…

朝が弱い人へ!冬の朝にスッキリ目覚めるための3つの習慣

冬本番です。楽しいイベントが多い反面、仕事も忙しく疲れがたまりやすいこの時期。日の出も遅いため、朝の寒さもひとしおです。それ以前に、まず眠いし体がだる重い……。「…

便秘に悩む人、必見! 「腸がスッキリ」する3つの朝習慣【40代からの美容道】

便秘がち、なんとなくお腹が張る、お通じはあるけれど固い……そんな症状に悩んでいる人にこそ見直してほしいのが「朝習慣」です。朝の生活習慣をちょっと変えるだけで、実は…

頭痛・不眠・アレルギーは、アソコに湿布を貼るだけでよくなる!

神経内科の症状は、現代の最先端の医療をもってしても治すのが難しいものが多数あるそうです。そんな中、患者自身が自分で取り組める治療法がないだろうかと研究してきた安…

ぐっすり寝ながらやせる秘密は朝食の○○にあった?

みなさん、暑くなったり涼しくなったりの中、睡眠のコンディションの方はどうですか? 睡眠コンサルタントの友野なおです。今日は睡眠と朝食の関係についてお話したいと思…

2週間で5キロやせたアイドル! 「もち麦ダイエット」が食べてやせる理由とは?

テレビ番組『究極の〇×SHOW 超問!真実か?ウソか?』で、ぽっちゃり系アイドルグループPottyaの犬童舞子さんと橋本一愛さんが2週間で5kgやせた「もち麦ダイエット」。1日…

理学療法士に聞いた「睡眠と首のシワが改善」する枕の調整方法

40歳を過ぎると、年々眠りにくくなってきますよね。眠りも浅くなるし。布団に入ったとたんバタングーなんて、幸せな過去の話。アロマを燻らせたり、マットレスを変えてみた…

頭を冷やして寝るといいらしい?快眠のプロが教える「ぐっすり寝る方法」とは!

「猫みたいにぐっすり眠りたい!」……睡眠に悩むストレスフルな女性に朗報です。”1万人を眠らせた快眠セラピスト”として名高い三橋美穂さんが、『ニャンともぐっすり眠れる…

朝「コップ1 杯のお水」を飲むと体にいい理由は?

みなさんこんにちは。睡眠コンサルタントの友野なおです。人の体の約60%は、水分でできているのはご存知の通り。そして大人が一日に汗や呼吸、尿、便で排出している水分は…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事