育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

育児休暇明け社員のフォローは誰がする問題

今度は26歳の契約社員の女性が課長であるMさんに「お話があります」と訴えてきました。

「Kさんは社員なのに全然仕事量が少ないじゃないですか。私たちは契約社員でお給料もKさんほどもらっていないのに仕事は多い。それって不公平じゃありません? ママだと仕事量が少なくても許されるものなんですか?」

そう言われても給与の金額をKさんより多く彼女に支払えるわけではないし、かといって育休明けで時短勤務であるKさんに仕事量を多くすることもできない。訴えを考慮して仕事量を減らしたとしても、仕事全体のボリュームは変わらないので、他の誰かがその分をカバーしなくてはならない。

育休明けのKさんをめぐる、部下たちの不満を次々と聞かされたMさんは、上司である部長に相談をしたが、「企業として育休明けの女性社員が働きやすい環境づくりをすることが重要だからなんとかうまくやってくれ」と言われるだけで何の対策もしてくれなかったのだそうです。

その後、育休開け社員であるKさん自身が人間関係に疲弊し、人事部に異動願いを提出。1年も経たないうちに別の部門へ異動していったのだそうです。

本当に「すべての女性」が輝く社会づくりとは?

このように、中小企業の職場においては、出産・子育てをする女性社員をフォローしなければならない周囲の社員たちが、過剰な負担を強いられて不満をつのらせているケースが少なくありません。いわゆる、「逆マタハラ」問題です。

今回取材させてもらった課長のMさんは中間管理職の立場として、このような訴えをしていました。

「部下たちが不満を持ってしまうのは当然だと思います。でも、自分の部署に会社に課せられている仕事量が減るわけではありません。自分でやるか、部下に分担してもらうしかないんです。結局、誰かがフォローしなくてはならなりません。政府が提案しているすべての女性が輝く社会づくりだって保育園対策にばかり焦点が当てられていて、育休明け女性社員をフォローする側の女性たちの支援はまったく取り上げられていないじゃないですか!」

子育て支援ではない、働く女性のための支援は?

一部の人を支援していれば、その他の人々から不満が生じます。「産休前や育休明けは優遇してもらったり、フォローしてもらったりして当然」になってしまうと、子供のいない女性(おこなしさま)や男性との間に深い溝ができてしまうのです。

さらに、この「逆マタハラ」問題を独身女性や子供のいない女性が口にすると「子供がいない人にはわからない」「少子化問題に貢献していない」など、バッシングを受けたりもします。

ワーキングマザーへの子育て支援は大切なことです。でも、本当の意味で「すべての女性が輝く社会」にするには、はたしてそれだけでいいのでしょうか? 日本政府や各企業が子育て支援と同時に取り組まなくてはならない問題が、ここにはあるのかもしれません。

 

1 2

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

40代になって「時間の使い方」を変えたら、よくなった5つのこと 

社会人になって20年余りが経つが、最近改めて、新入社員のころ上司に言われた言葉が強く心に響いている。そのひとつが「太陽とともに生きなさい」。出版社に入社して最初に…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

頼み事上手な女性の魔法の言葉「すみませんが」→「○○ですが」

「すみませんが、ここにお名前を記入していただけませんか」「すみませんが、どちら様でしょうか」「すみませんが、それは出来かねます」。「すみませんが」はとても便利な…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

【クラブママ直伝】だからアナタは一目置かれない!40代女性4つのNG

酸いも甘いも噛み締めた40代の働く女性。キャリアを積み、経済的にも社会的にも自立している方も多いことでしょう。ただ、同じキャリア女性でも「認められないタイプ」と…

元NHKアナウンサーが教える、プレゼンが劇的に上手になる「3つの話し方」

OTONA SALONE編集長の浅見が今、気になる人物をお招きしてトークを繰り広げる対談企画。ちまたでは“エツコの部屋”(注:浅見の下の名前は悦子)といわれているとかいないと…

#89 婚活1年8カ月で感じた「独女の不安」とは?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は厳しい道のりだと聞いてはいたけれど、まさかこんなにも大変だとは……。44歳の夏に婚活を始めて1年8カ月。ついに46歳を迎えたOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活アプリで出会ったシングルファーザーの男性…

西島秀俊さんはどっち派? オトナの男の「家飲みスタイル」を聞いてみた

「できるものなら一緒に家飲みをしてほしい!」 そんなオトナの俳優といえば、西島秀俊さん。キリンビールから新しく発売されたストロングチューハイ「キリン・ザ・ストロング」イメージキャラクター&CM発表会が4…

#88 「この人、なんか違う」と婚活相手に感じたワケ【40代編集長の婚活記】

44歳で婚活を始めて1年半。6人の男性とデートするも、いまだお付き合いすら始まったことのないOTONA SALONE編集長アサミ(45歳・未婚・独身・恋人いない歴8年以上)。婚活アプリで知り合ったメガネさん(45歳)に好…

仕事を辞めたいけど「辞められない」ときに、私が考えたこと

どんなに仕事が好きな人でも、一度は仕事が嫌になったり辞めたいと思ったことがあるでしょう。特に、意にそぐわない異動や配属を経験したときはなおさら。ですが「仕事を辞めたい」と思っても、簡単に辞められない事…

#87 40代の婚活「母親になる」前提でお付き合いできる?【40代編集長の婚活記】

40代独女が婚活をしてみたら……。1年半前から婚活をスタートさせたOTONA SALONE編集長アサミ。現在45歳、恋人いない歴8年超。ネット婚活のアプリで知り合ったメガネさん(45歳)と3回デートを重ねたが、シングルファ…

#86 どうする? 婚活相手が「シングルファーザー」だったら問題【40代編集長の婚活記】

45歳・未婚・独身・恋人いない歴8年以上。独身街道まっしぐらのOTONA SALONE編集長アサミが、重い腰をあげて40代の婚活をスタートして1年半。ネット婚活のアプリで知り合ったメガネさん(45歳)と3回デートを重ねた…

ピンク苦手な40代が選ぶ、春の「キレイ色」コーデ【編集長アサミの自腹買い】 

桜も咲いて、すっかり春の陽気になりました。OTONA SALONE編集長アサミです。春のファッション、みなさんはどんなお買い物をしているでしょうか?さて、40代女性の「リアル」を追求しているOTONA SALONE。私は毎週、…

意外にみんな「アノ方法」で婚活してた? 30~50代の「婚活リアル事情」を聞いてみた【ニューススイート調査シリーズ】

婚活歴1年半の45歳、OTONA SALONE編集長のアサミです。44歳の夏から婚活を始めたけれど、結婚どころかお付き合いにすら至らないまま時が流れています。私は毎週水曜の連載「40代編集長の婚活記」でそのダメっぷりを…

[PR]

#85 婚活アプリの男性がついていた「嘘」とは【40代編集長の婚活記】

40代で婚活を始めた、恋人いない歴8年のOTONA SALONE編集長・アサミ(45歳)。婚活パーティや知人の紹介などを経て、ネット婚活アプリを開始。同い年の男性メガネさんと出会い、3回デートを重ねる。そして深夜の電話…

【動画】婚活1年半でわかった「モテる見た目」10のポイント by編集長アサミ 

「婚活中の編集長」こと、OTONA SALONE編集長アサミ(45歳)です。なんと「40代編集長の婚活記」はすでにスタートから1年半、80話を超えました。毎週、ギリギリスケジュールで書いておりますが……。OTONA SALONE編集…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事