40代独女が、中谷美紀と篠原涼子のアラフォー独女ドラマを考察してみた 

アラフォー独女が主人公のドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系・金曜22時~)が、実際のアラフォー独女から注目されています。結婚しようと思えばいつでもできると高をくくり、独身ライフを満喫してきた39歳美人女医・橘みやびを中谷美紀が演じています。アラフォー独女が主人公といえば昨年放送されていた篠原涼子主演の『オトナ女子』(フジ系)が記憶に新しいところ。両者について、アラフォー独女たちの意見をみてみましょう(OTONA SALONE編集部調べ)。

 独女でもアラサーとアラフォーはかなり違う

160501easami005

「主人公と友人のアラフォー独女3人それぞれに、恋愛バナシが持ち上がる『オトナ女子』。それがあり得ない! 私も独女3人で仲良くしているが、1人に恋愛ネタが持ち上がることはあっても3人ともにあることはこの5年間で皆無です。(42歳・会社員)」

「全員が恋愛に現を抜かしているのはアラサー独女までじゃないでしょうか? アラフォーになると恋愛対象とされなくなる現実が待っているし、自分自身も恋愛したい気持ちが減ってくるので『オトナ女子』みたいに全員が全員、恋愛漬けにはならないと思います。ドラマとリアルの違いを感じましたね。(40歳・会社員)」

「中谷美紀さん演じる主人公がアラフォー独女友人に合コンを頼んだとき“悪いこと言わないからやめときなさい、合コンなんて”とか“やめときなさい、年下の男なんて。ふりまわされるだけよ”などと言っていて。実際アラフォー独女で合コンやっている人はほとんど聞きませんし、呼ばれもしません。年下の男に苦労しているアラフォーの友達にいたりするし。(44歳・自由業)」

「『私 結婚~』のほうでは、高校時代の思い出話をしていたり、同じ恋愛話でも愚痴というか、主人公のデート相手へのダメ出しだったりするので、実際にありそうな会話だなと思います。(39歳・専門職)」

アラフォー独女はなにかと忙しい

160501easami006

「『オトナ女子』のように、同じ職場の同僚でもない友人と頻繁に集まる時間はない。相当、家が近所でないかぎり。特に仕事を任されている会社員キャリア女性と、高校生の子供を持つシングルマザーが同じ日時に集まれるなんて現実的には年に1、2回レベルだと思う。時間の使い方が違うし。アラフォー女性はそんなにヒマじゃないと思う。(41歳・会社員)」

「仕事のあとも同じクリニックの部下と一緒に食事に行くことが多い『私 結婚~』は、よくある仕事帰りのパターンだなと思います。それから、家に昔の少女マンガがたくさんあって休日に読んでいるところも。ただ、同じ割烹料理店に主人公と本命の男性が頻繁に通うようになる設定は、現実ではほぼあり得ないと思いますけれど。(40歳・会社員)」

「友人が集まる場合でも『私 結婚~』では主人公のクリニックに友人が通っていて、その施術終わりに会話しているシーンでした。施術のついでに会って話しているというのは忙しいアラフォー女性のライフスタイルの中でも違和感がないです。(45歳・歯科衛生士)」

 アラフォーにミラクルな恋愛はない

160501easami004

「そのままの自分で、特別に努力しなくても相手から好かれましたというミラクルな恋愛を描いたのが『オトナ女子』。藤木直人さんが教える恋愛術を、ところどころ腑に落ちないながらも好かれるために努力しているのが『私 結婚~』という印象。どちらもハッピーエンドだとしても、後者のほうが理解できる。(45歳・看護師)」

「前者は白馬の王子様がやってきたシンデレラストーリーで、そんなミラクルが起こる人はアラフォー独女にはほぼ皆無なわけです。その分、『私 結婚~』のように自分を変える努力をしたら結果、幸せをつかめましたというのは、まだリアルなアラフォー独女にも起こる可能性があるかなと。(41歳・会社員)」

「高校時代に好きだった彼がいまでも独身というのはリアルじゃない気がします。バツイチだったらよかったのに。(42歳・会社員)」

 

そのほか『私 結婚~』は、「精神バランスを保つためにする自虐トークというのがリアル」「自宅ではすっぴん+ひっつめ髪+メガネ+デニムというスタイル。まるで私」という声も。今後もアラフォー独女のリアルが描かれていくのか、主人公は幸せをつかめるのか? 展開が楽しみなドラマです。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代で結婚できた女性がやっていた「男の選び方」4つのルール

アラフォー&アラフィフで結婚できる女性には、ある共通項がありました。美魔女じゃないとダメ? それとも良妻賢母タイプ?いいえ! ある一つのことが実行できる人ばっか…

40代女性の何割が独女? そして5年後結婚できる確率は……!?  

女性の平均初婚年齢が年々上昇し、現在では29.4歳となっています。平均が約30歳なのですから、およそ5割のアラサー女性は独身ということ。つまり、アラサー独女はごく一般…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

40代・おひとりさまが始めるべき「ゆる断捨離」3つの理由

40代になって、少しずつモノを捨てている。ビシっと断捨離というより、かなり断続的にゆるゆるやっているので「ゆる断捨離」とでも言いましょうか。かれこれ一年くらいゆる…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

#119 コレは怪しい! デート男性に浮上した「ある疑惑」【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴は9年超えを更新中のOTONA SALONE編集長・アサミ。44歳でスタートさせた40代の婚活もついに2年が経過。婚活で出会った男性は数十人、婚活デートをした男性は約10人。アーティストのジェント…

#118 恋人いない歴9年の独女、久しぶりに「ときめいた」理由【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年の46歳・独身のOTONA SALONE編集長・アサミ。44歳で婚活をスタートさせて2年以上が経ったが、いまだにゴールは見えず。以前に名刺交換をしたことがある男性・ジェントルさん(49歳・バツイチ・別居中…

どうすればいい? 40代「肌が変わってきた問題」。肌研究の第一人者に聞いてみた

違う、明らかに違うんです……30代と。40代になってから肌が変わってきたと痛感しているOTONA SALONE編集長の浅見です。お手入れも変えなくてはと、自分なりに試してはいるけれど……。何度目のお肌の曲がり角なのかしら…

[PR]

過酷な現代を生きる女性へ。40代編集長が考える「美しさ」の条件とは

ずっと頑張ってきたのではないでしょうか、いまの40代女性たちは。何をするにしても競争率が高い世代。努力と根性で乗り越えることが美しい、とされていました。私自身も、そんな中で生きてきた一人です。でも、もう…

[PR]

#117  40代独女、バツイチ男とのデートで「初めての経験」【40代編集長の婚活記】

40代で初めての婚活をスタートさせた、恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミ。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、元カレとの再会など、さまざまな婚活にチャレンジして早や2年。ある夜、会うことにな…

見どころとイケメンをチェック! プロ野球ドラフト会議2018に行ってみた

運命を変える1日でもある「プロ野球ドラフト会議」が10月25日に開催されました。大阪桐蔭高校の根尾選手や藤原選手、金足農業高校の吉田投手など、甲子園で活躍した高校球児の1位指名が多くあったドラフトでした。い…

#116  40代独女が「久しぶりのデート」で驚いたこと【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超の恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミ。40代の婚活をスタートさせて2年以上経つも、いまだ恋人すらできず。どこかで知り合ったであろう謎の男性・ジェントルさんから「お会いさせてくだ…

あなたは経験ありますか? 人生で初めて「痴漢にあった」かもしれない話

あなたは痴漢にあったことがあるでしょうか? 私は46年間の人生で幸いなことにその被害経験がありませんでした……今までは。でも、本当に腹立たしく悔しいことに、人生で初めて痴漢にあったかもしれないのです。2017…

婚活にデニムはアリ?「モテるデニム」5つのルール【オトナの婚活コーデ】

モテ服なんてどうでもよくずっと好きな服を着ていた40代独女が、婚活をスタートさせて2年。婚活パーティや婚活デートを繰り返しているうちに、やっと理解してきた【オトナの婚活コーデ】。リアルに着ているコーデを…

#115「男の本音」がわからない。二人で食事はデートか、仕事か?【40代編集長の婚活記】

46歳、恋人いない歴9年のOTONA SALONE編集長・アサミが、40代にして初の婚活に挑戦中。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介など数々の婚活をリアルに実践すること2年。どこかで会ったのだけれど思い出せない謎の男…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事