「ゼクハラ」って何だか知ってる?36種類もある「○○ハラ」全リスト

財務省事務次官のセクハラ、日大アメフト部のパワハラ、体操女子のパワハラなど、今年もハラスメント問題は頻繁に話題に上がっています。

実はハラスメント行為は、セクハラやパワハラ以外にもたくさんの種類があります。

 

私は別にセクハラとかパワハラとか気にしないし!

 

…と思っていても、他人事ではありません。

ひょんな発言から自分がハラスメントの加害者になってしまう可能性も…

最近は○○ハラの種類があまりに増えており、その数なんと36種類ほど!

(弊社、あなたの弁護士編集部調べ)

 

今回はその中からいくつか抜粋してご紹介します。

 

気を付けたいマニアックなハラスメント

普通に生活していても、“加害者”になってしまっている可能性のあるマニアックなハラスメントをご紹介!

 

スメハラ(スメルハラスメント)

【どんなハラスメント?】

臭いによって周囲の人を不快な気持ちにさせるハラスメントです。

体臭や口臭のほか、香水のつけすぎもスメハラの原因になり得ます。

参考:ハラスメント全36種類を徹底分類|意外と知らない「いじめ」の違法性(あなたの弁護士)

 

夏になると汗のニオイ、気になりますよね?

ただでさえ歳を重ねるごとに自分の体臭は気になっていくもの…。

ニオイを気にして香水をつける場合でも、つけすぎは逆効果になるといえそうです。

 

ブラハラ(ブラッドタイプハラスメント)

【どんなハラスメント?】

血液型によって、個人の性格などを決めつけて差別するハラスメントのことです。

例えば、血液型占いで個人の性格を決めつけ、「◯型だから仕事が粗雑だ」などと根拠なく同僚や部下を叱責する、などの問題に発展することもあります。

参考:ハラスメント全36種類を徹底分類|意外と知らない「いじめ」の違法性(あなたの弁護士)

 

血液型の話は割と“当たり障りのない話”として活用されることが多いように思います。

付き合いが浅い人と話すときは鉄板トークだと思っている方、いませんか?

 

私もそう思ってました!

 

ですが、初対面で血液型トークをすることで、いきなりマイナスイメージのレッテルを貼られて不快に思う方もいるようです。

いざ、その話題になっても、ネガティブ要素を口に出すのはぐっと堪えることで、トラブルを回避しましょう!

 

ちょっと変わったハラスメント

ハラスメントには、ほかにもちょっと変わったものが存在します。

なかなか遭遇することはないと思いますが…。

 

ゼクハラ(ゼクシャルハラスメント)

【どんなハラスメント?】

交際相手に結婚を迫るハラスメントです。結婚雑誌をわざと部屋の目につく場所に置いたり、子供や家など結婚に関連する事柄について問い詰めるように話題にしたりして、結婚へのプレッシャーをかけていきます。

参考:ハラスメント全36種類を徹底分類|意外と知らない「いじめ」の違法性(あなたの弁護士)

 

毎晩仕事から家に帰ると、昨日本棚にしまったはずのゼクシィが机の上に…

ちょっとしたホラーかよっ!(笑)

 

ほかにも、

 

・やたらと両親に会わせようとする

・友人の結婚話をして羨ましがる

 

などのような行為もゼクハラに当たるそうです。

女性が加害者となるケースがほとんどで、男性からすると恐怖でしかないとのこと…。

 

エレハラ(エレクトロニックハラスメント)

【どんなハラスメント?】

電磁波などを利用して、睡眠妨害を行ったり健康を害したりするハラスメントです。

また、モスキート音などを発して、一部の人が嫌がる音を出すことなどもエレハラと呼ばれる場合があります。

参考:ハラスメント全36種類を徹底分類|意外と知らない「いじめ」の違法性(あなたの弁護士)

 

…いやいや! いじめ方があまりにテクニカル過ぎませんかね!?

その才能もっと別のところに使った方がよくない!?

 

そもそも睡眠をともにする状況って、それなりに仲のよい関係の人とでないと起こり得ないと思うんですけど…(笑)

対象は誰!? 気になって私が今晩眠れないわ!

 

昼休みに寝ている同僚の睡眠妨害をする

 

っていうなら可能性はあるけども…

 

もっと有意義な昼休みの送り方があるでしょ!

 

「○○ハラ」(全36種)

食玩のパッケージに記載されているようなタイトルとなってしまいましたが、ハラスメントは全部で36種類あるといわれています。これまでご紹介した以外にも、ハラスメントになってしまうものがあるかもしれません。

 

ただ、気をつけてもらいたいことは、このようなハラスメントに該当することが直ちに法的な責任を裏付けるものではないということです。法律の観点では「平均的な受け手の感じ方」を基準として、加害者(とされる者)の行為が、被害者(とされる者)の権利や利益を違法に侵害しているかどうかが問題となります。

例えば、セクシャル・ハラスメントについて、厚生労働省都道府県労働局雇用均等室における指針には、

 

男女の認識の違いにより生じている面があることを考慮すると、被害を受けた労働者が女性である場合には「平均的な女性労働者の感じ方」を基準とし、被害を受けた労働者が男性である場合には「平均的な男性労働者の感じ方」を基準とすることが適当です。

引用:厚生労働省都道府県労働局雇用均等室

と記載されています。

 

いくつかのハラスメント類型があるとご紹介しましたが、あくまで世間一般で人から嫌がられる行為として、このようなものがある、という程度の意味であり、これが直ちに法的な責任を追求可能なものである、という誤解をされないよう注意してくださいね。

 

ただ、いずれにせよ、相手が嫌がる(可能性がある)行為はしないに越したことはないので、本記事を参考にして、普段から言動や行動には気をつけて生活しましょう。

 

職務上の立場などを利用するハラスメント

パワーハラスメント(パワハラ)

マタニティハラスメント(マタハラ)

パタニティハラスメント(パタハラ)

ケアハラスメント(ケアハラ)

モラルハラスメント(モラハラ)

パーソナルハラスメント(パーハラ)

ラブハラスメント(ラブハラ)

エイジハラスメント(エイハラ)

アカデミックハラスメント(アカハラ)

リストラハラスメント(リスハラ)

テクノロジーハラスメント(テクハラ)

ソーシャルハラスメント(ソーハラ)

終わらせハラスメント(オワハラ)

キャンパスハラスメント(キャンハラ)

 

性的・人種的差別に関するハラスメント

セクシャルハラスメント(セクハラ)

ジェンダーハラスメント(ジェンハラ)

テクスチュアルハラスメント(テクハラ)

マリッジハラスメント(マリハラ)

レイシャルハラスメント(レイハラ)

ソジハラスメント(ソジハラ)

レリジャスハラスメント(レリハラ)

ブラッドタイプハラスメント(ブラハラ)

スクールハラスメント(スクハラ)

 

身体を壊す労災系ハラスメント

スモークハラスメント(スモハラ)

アルコールハラスメント(アルハラ)

エアーハラスメント(エアハラ)

スメルハラスメント(スメハラ)

エレクトロニックハラスメント(エレハラ)

 

その他

カラオケハラスメント(カラハラ)

ドクターハラスメント(ドクハラ)

ペイシェントハラスメント(ペイハラ)

ヌードルハラスメント(ヌーハラ)

シルバーハラスメント(シルハラ)

ペットハラスメント

家事ハラスメント(カジハラ)

ゼクシャルハラスメント(ゼクハラ)

 

参考:ハラスメント全36種類を徹底分類|意外と知らない「いじめ」の違法性(あなたの弁護士)


この記事を監修した法律事務所
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)

アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。


★編集部より/あなたの「これってどうなの?」法律素朴な疑問をお寄せください!

無記名でOKです!応募はこちらから

 

■本記事は「労働問題弁護士ナビ」から提供を受けております。著作権は提供会社に帰属します。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

【関連記事】
同性間でもセクハラは成立する!同性からのセクハラの対処法
有給休暇の取得理由は『私用』でOK!断られた場合はどうする?
退職したいけど認めてもらえない!どうしたらいい?

スポンサーリンク

女性管理職のみなさん!これを部下の男性に言ったらセクハラですよ!

セクハラやパワハラは社会問題となっていますが、減少していかないのが現状。その原因の一つに、立場を利用したものが多く、なかなか表に出てこないということがあります。…

コンビニバイトに「買い取りノルマ」が!これって違法じゃないの?

「明日までに全員で30個売りましょう!」チームを鼓舞するような店長の言葉は、時に人を追い込むプレッシャーの言葉へと変貌します。目標が達成できなかった場合、気持ちの…

【知ってた?】年収500万以上ないと日雇い派遣で働けない!?

すぐに仕事を入れられて、すぐにお給料がもらえる日雇い派遣。急にお金が必要になった時、重宝しますよね。筆者も学生時代はよく利用していました。実はこの日雇い派遣に関…

私だけシフトの休み希望が通らない…訴えることはできる?

シフト制の会社で正社員として働いているNさんは、会社の処遇に不満を持っています。その理由は、休日に関してです。事前に休みの希望を出すのですが、受け入れられないこ…

【弁護士執筆】セクハラが「イケメン無罪」でおじさん有罪って本当?どういう定義なの?

連日ハラスメント問題がテレビ等で報道されております。以前の私は、「ハラスメント」問題は重要であるとは思いながらも、個別の労働問題の一つの論点としか認識していませ…

知っておきたい「ノルマ達成」合法・違法の分かれ道って?

土日はしっかりと休むことができ、安定した給料をもらえるというイメージの強い郵便局。しかしその実態は、ブラック企業ともいえるほど、劣悪な面もあわせ持っているようで…

知ってた?本業+副業でも「8時間以上働けば残業代が出る」ってこと

2018年は『副業解禁元年』と呼ばれており、今年に入ってから副業を解禁した企業も非常に多くなりました。私の友人も、昼間の本業の後、夜は地元のコンビニでアルバイトをし…

大事な会議の日に部下から有給休暇を申請された!拒否することはできる?

「会社の今後の運営方針を決めるような、そんな大事な会議の日に有給休暇を申請された…。」こんなとき、申請拒否することはできるのでしょうか?それとも、どんな理由であ…

今さら聞けない素朴なギモン「仕事用の文房具って、自腹で買うべきもの?」

こんにちは。あなたの弁護士編集部です。突然なのですが、みなさん、仕事で使う文房具にかかる費用は自分で出していますか? それとも、『経費』として会社が出してくれま…

旅行のため1ヶ月前に有給休暇を取得したのに突然の取消通告!怒りの反論は通用する?

ある会社に勤めているAさんは、海外旅行のため1ヶ月前に有給休暇を申請。会社から承認され、飛行機やホテルの手配も終え、期日を待つばかりとなっていました。ところが出発…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事