少女漫画『キャンディ・キャンディ』の男性キャラ、誰が好きだった?

多くの40代女性が幼少のころにハマった少女漫画といえば『キャンディ・キャンディ』があげられます。主人公は孤児院で暮らす明るく元気な少女・キャンディ。彼女を取り巻くステキな男性キャラクターが続々と出てくるところも乙女心をワシ掴みでした。その中で人気だったのは誰なのでしょうか? 40代女性50人に聞いたランキングTOP5を発表しましょう( OTONA SALONE編集部調べ)!

第5位:アーチー(アーチーボルト)

さらさらの金髪ロン毛でフリルのシルクシャツを着こなす、ちょっぴりキザなオシャレ美少年・アーチーが第5位になりました。

「ほかの男性キャラとはちがう、オシャレなところが好きだった(45歳・会社員)」

「キザなセリフを言ってくれるところに胸キュン。(47歳・歯科衛生士)」

アーチー好きだった女性は、やや中性的なかわいい外見+やさしい言葉に弱いのでは!?

 

第4位:ステア(アリステア)

発明好きでいろいろ作るがたいてい失敗をしている、黒髪・帽子・メガネ男子のステアがランクイン。5位のアーチーの兄でもあります。

「頭がよくてやさしいところがステキだなと。(42歳・会社員)」

「思えばこの頃からメガネ男子が好きでした。メガネを取ったときのイケメン顔もギャップ萌え。(44歳・カフェ経営)」

ステア派だった人は、きっと今でもメガネ男子や理系男子好きなのではないでしょうか?

 

第3位:アルバートさん

ヒゲがトレードマークの自然を愛するやさしい青年・アルバートさんがなんと第3位を獲得! 時期によってヒゲがあったりなかったり、茶髪だったり金髪だったり、サングラスをかけたりはずしたり、ヴィジュアルが七変化していたキャラクター。

「物静かでオトナなところに憧れました。(43歳・公務員)」

「包容力があるオトナな男性で守ってもらえそう。(46歳・会社員)」

アルバートさん派は、もしかしていまでも年上オヤジ好き!?

 

第2位:アンソニー

おぼっちゃま育ちでやさしく、優等生、金髪の正統派イケメンであるアンソニー。文句のつけようがない初期のスーパーヒーローが惜しくも第2位に。

「お金持ちで、顔がカッコよくて、馬術が上手で、バラを愛するやさしさがあるなんて、まさにパーフェクト男子。(46歳・自営業)」

「王道の少女漫画的ヒーローといえばアンソニーしかいません。(43歳・看護師)」

アンソニー派女性はまちがいなく正統派男子好き。ゴレンジャーなら迷わずレッドを選ぶタイプでしょう。

 

第1位:テリィ(テリュース)

アンソニーを押しのけて見事、第1位に輝いたのはテリィ! 公爵と女優の両親をもつ名家の生まれなのに、お酒・タバコ・喧嘩上等、アウトローに走った不良少年。でも実は真面目でやさしいというクールキャラは、フワフワの茶髪ロン毛に襟を立てたシャツがお約束。

「ちょっと影があってセクシーなところが好きでした。(43歳・自由業)」

「ちょっと強引だけど実はやさしい、ツンデレな男子がずっと好みです。(46歳・会社員)」

「ほうっておけない感じに弱いんです。(42歳・保育士)」

テリィを支持する女性はちょい悪オトコ好きで、わりと母性本能あるタイプかも?

 

番外:丘の上の王子さま

少数派ながら、バグパイプを吹きながら丘にやってきた、アンソニーにそっくりの丘の上王子さまという人も。顔が似ているアンソニーではないの? 同一人物である“彼”ではダメなの?と尋ねると

「スコットランドの民族衣装で、バグパイプを持っていて、王子さまっていう名前だから絶対に丘の上の王子さま! (44歳・会社員)」

謎のこだわりが……。皆さん、少女のころからいろんな好みのツボがあるんですね。さて、あなたは誰が好きでしたか?

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

宮沢りえ、再婚報道で思い出される「人生を変えた運命のフタリ」

“考える婚活””オトコの行動を読む婚活”を提唱している私ですが、婚活の最終的な決め手は縁だと思っています。本人同士がいくら頑張っても、縁がなければダメなのです。縁イ…

佐藤琢磨の行方は?『5時に夢中!』内藤が仕組んだ衝撃の略奪婚

今日は“勝つ不倫”について考えてみたいと思います。“勝つ不倫”とはズバリ略奪のことです。“勝つ不倫”ができるオンナとは……“勝つ不倫”を成し遂げるために、必要なものが2つ…

#106  やってわかった個室婚活のメリット、デメリット【40代編集長の婚活記】

ついに2年を超えた40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。あらゆる婚活にトライしてみるも、いまだ恋人すらできず。この夏、知人である独女の友に誘われて、参加したのは「個室婚活」。区切ら…

#105  どこまでアリ? 結婚相手との「年齢差」について【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。婚活歴2年になるも、いまだゴールは見えず。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、出会いのありそうなバーへ繰り出す……。さまざまな婚…

#104  個室婚活で出会った「3人目の男」に思うこと【40代編集長の婚活記】

「40代の婚活は丸2年はみてほしいんです」──恋愛結婚カウンセラーの先生にそう言われたのは、2016年8月。連載【40代編集長の婚活記#1】のときのこと。あれから2年が経った。つまり、OTONA SALONE編集長・アサミ(46…

#103 40代未満、立ち入り禁止! ウワサの「個室婚活」レポ【40代編集長の婚活記】

20~30代とくらべ、40代の婚活はかなり困難を極めるらしい。OTONA SALONE編集長・アサミ、46歳。婚活を始めて1年11カ月。いまだに誰ともお付き合いすらできないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介などいくつ…

誰のファンだった?「たのきん」と「好みの男性」問題を考える

80年代の男性アイドル「たのきんトリオ」。40代、50代であれば知らない方はいないといっても過言はありません。男性アイドルの歴史において、爆発的な人気と新たな時代を切り開いたグループです。私、OTONA SALONE編…

#102 初めての「個室婚活」に行ってみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、かなり険しい道のりだという。婚活歴1年11カ月となるOTONA SALONE編集長・アサミ(46歳)は、まさにそれに直面していた。婚活パーティ、婚活アプリ、元カレとの再会、知人の紹介、出会いの多い場所へ…

【動画】婚活でわかった「ほめられる香り」by編集長アサミ【婚活美容】

OTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活中。好評の連載「40代編集長の婚活記」は100話を超えました。さて、今回からときどき「婚活美容」についてお伝えしていきたいと思います。近年、婚活リップが話題になるくら…

#101 ご無沙汰女が「恋を始める」には?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年を超えた40代独女。44歳にして婚活を始めてみるも、誰ともうまくいかないまま1年11カ月が経ったOTONA SALONE編集長アサミ。現在46歳。婚活パーティや婚活アプリ、元彼や友達との再会、知人からの紹介…

#100 彼氏いない歴9年「オトナの恋の始め方」って?【40代編集長の婚活記】

40代独女の婚活は、前途多難であり、抱腹絶倒でもある。46歳・未婚・独身のOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活歴1年11カ月に突入。そして連載もなんと100回に!偶然で再会したロンドンくんを「もしかして運命の…

私が「オバサン化」を感じたとき。コッソリ始めた対策とは

「うわ、私ってこんな風にシワが入るんだ!」衝撃でした……。われながらオバサン化しつつあることをまざまざと見せつけられたのは、ある一枚の写真。こんにちは、OTONA SALONE編集長のアサミです。その写真とは「撮り…

[PR]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事