少女漫画『キャンディ・キャンディ』の男性キャラ、誰が好きだった?

多くの40代女性が幼少のころにハマった少女漫画といえば『キャンディ・キャンディ』があげられます。主人公は孤児院で暮らす明るく元気な少女・キャンディ。彼女を取り巻くステキな男性キャラクターが続々と出てくるところも乙女心をワシ掴みでした。その中で人気だったのは誰なのでしょうか? 40代女性50人に聞いたランキングTOP5を発表しましょう( OTONA SALONE編集部調べ)!

第5位:アーチー(アーチーボルト)

さらさらの金髪ロン毛でフリルのシルクシャツを着こなす、ちょっぴりキザなオシャレ美少年・アーチーが第5位になりました。

「ほかの男性キャラとはちがう、オシャレなところが好きだった(45歳・会社員)」

「キザなセリフを言ってくれるところに胸キュン。(47歳・歯科衛生士)」

アーチー好きだった女性は、やや中性的なかわいい外見+やさしい言葉に弱いのでは!?

 

第4位:ステア(アリステア)

発明好きでいろいろ作るがたいてい失敗をしている、黒髪・帽子・メガネ男子のステアがランクイン。5位のアーチーの兄でもあります。

「頭がよくてやさしいところがステキだなと。(42歳・会社員)」

「思えばこの頃からメガネ男子が好きでした。メガネを取ったときのイケメン顔もギャップ萌え。(44歳・カフェ経営)」

ステア派だった人は、きっと今でもメガネ男子や理系男子好きなのではないでしょうか?

 

第3位:アルバートさん

ヒゲがトレードマークの自然を愛するやさしい青年・アルバートさんがなんと第3位を獲得! 時期によってヒゲがあったりなかったり、茶髪だったり金髪だったり、サングラスをかけたりはずしたり、ヴィジュアルが七変化していたキャラクター。

「物静かでオトナなところに憧れました。(43歳・公務員)」

「包容力があるオトナな男性で守ってもらえそう。(46歳・会社員)」

アルバートさん派は、もしかしていまでも年上オヤジ好き!?

 

第2位:アンソニー

おぼっちゃま育ちでやさしく、優等生、金髪の正統派イケメンであるアンソニー。文句のつけようがない初期のスーパーヒーローが惜しくも第2位に。

「お金持ちで、顔がカッコよくて、馬術が上手で、バラを愛するやさしさがあるなんて、まさにパーフェクト男子。(46歳・自営業)」

「王道の少女漫画的ヒーローといえばアンソニーしかいません。(43歳・看護師)」

アンソニー派女性はまちがいなく正統派男子好き。ゴレンジャーなら迷わずレッドを選ぶタイプでしょう。

 

第1位:テリィ(テリュース)

アンソニーを押しのけて見事、第1位に輝いたのはテリィ! 公爵と女優の両親をもつ名家の生まれなのに、お酒・タバコ・喧嘩上等、アウトローに走った不良少年。でも実は真面目でやさしいというクールキャラは、フワフワの茶髪ロン毛に襟を立てたシャツがお約束。

「ちょっと影があってセクシーなところが好きでした。(43歳・自由業)」

「ちょっと強引だけど実はやさしい、ツンデレな男子がずっと好みです。(46歳・会社員)」

「ほうっておけない感じに弱いんです。(42歳・保育士)」

テリィを支持する女性はちょい悪オトコ好きで、わりと母性本能あるタイプかも?

 

番外:丘の上の王子さま

少数派ながら、バグパイプを吹きながら丘にやってきた、アンソニーにそっくりの丘の上王子さまという人も。顔が似ているアンソニーではないの? 同一人物である“彼”ではダメなの?と尋ねると

「スコットランドの民族衣装で、バグパイプを持っていて、王子さまっていう名前だから絶対に丘の上の王子さま! (44歳・会社員)」

謎のこだわりが……。皆さん、少女のころからいろんな好みのツボがあるんですね。さて、あなたは誰が好きでしたか?

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

東京でひとり映画に行くなら? おひとりさまオススメ映画館ガイド

OTONA SALONE大人気記事、どこまで一人で行ける? 女の「おひとりさまレベル」を10段階にしてみたでは「おひとりさまレベル3」。意外とおひとりさま初心者でも…

40代のゲイが「高橋一生ブーム」を考察!だって妙に色っぽいんだもの

大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の後番組として、今年1月から放送開始。視聴率自体はそれほど伸びていないものの、セリフやストーリー展開の面白さ、伏線回収の…

40代独女が、中谷美紀と篠原涼子のアラフォー独女ドラマを考察してみた 

アラフォー独女が主人公のドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系・金曜22時~)が、実際のアラフォー独女から注目されています。結婚しようと思えば…

40代にしかわからない!カラオケでなぜか踊ってしまう曲 10選

年齢によるジェネレーションギャップを感じやすいもののひとつに、カラオケがあります。会社の後輩や部下などと一緒にカラオケへ行くと「その曲、誰のですか?」などと言わ…

40代のモテないゲイが『逃げ恥』をみて思った恋愛のこと byエスムラルダ

昨年秋から冬にかけて放送され、話題となった、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(以下、『逃げ恥』)。みなさんはご覧になっていたかしら?アタシ自身は、最初のうちは食…

NHK有働由美子アナ「あさイチ」卒業へ。48歳の独身女性が出す結論とは?

OTONA SALONEの読者のみなさま、初めまして。ライターのスナイパー小林と申します。各所でエンタメに関するコラムを書かせてもらっているのですが、今回からこちらで『ライ…

中年男子が可愛い!「おっさんずラブ」が世に残した功績が大きすぎる

ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系・毎週土曜11時15分〜)が熱い。深夜放送なのに毎週放送後にネットが騒つくほど人気を見せています。ただドラマが男同士の恋愛を取…

嵐・櫻井翔主演ドラマ『君に捧げるエンブレム』感動の原案とは?

年末年始はテレビをなんとなく見て過ごす予定という人も多いのでは?「ながら見」もいいけれど、是非おすすめしたいドラマがあります。それが2017年1月3日(火)夜9時から…

松本潤主演『99.9』明日で深山ワールドが最終回!2時間スペシャルに期待

最近、いかにしてストレスを軽減するかがテーマになっています。そのひとつに取り入れているのが『闇風呂』。単にバスルームの電気を落として、You Tubeの”ヒーリング”で引…

#98 どうする?「ただの友達」から告白されたら【40代編集長の婚活記】

46歳・未婚・独身、婚活歴1年10カ月のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、紹介でのデートを重ねたものの、恋人ができないまま玉砕する日々。しかし、新たな出会いを求めて立ち寄った新宿のバーで…

#97 独女が恋愛に「ご無沙汰」になるワケは⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は婚活歴1年10カ月。いまだに誰とも上手くいかないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、紹介でのデートにことごとく破れ、新たな出会いを求めて立ち…

#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「…

#95 どういうつもり? 意味深な男性の本音って【40代編集長の婚活記】

婚活、それは結婚相手を見つけるために積極的に行う活動。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は、1年9カ月ほど婚活パーティや婚活アプリに勤しんだけれど、恋人一人見つけられないまま現在に至る。カウンターバーには…

オトナが「第一印象をよくする秘訣」とは? 婚活イベントでわかったこと

ビジネス上はもちろん、特に婚活を始めて多くの人と会うことが増え、第一印象は本当に大切だと、心の底から感じるようになりました。特にオトナになればなるほど、第一印象で重要なのが「清潔感」。身だしなみにちゃ…

[PR]

#94 婚活疲れした独女の「運命の出会い」はバーにあり⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートしてから1年9カ月。6人の男性とデートしても恋人すらできない、OTONA SALONE編集長アサミ・46歳。婚活パーティや婚活アプリを続ける日々に疲れ……いわゆる婚活疲れに陥った。「自然な出会いをし…

#93 独女のフラリ一人飲みで、偶然出会った男とは【40代編集長の婚活記】

「一生独身かもしれない」と思いながら40代を迎え、一人で生きていく準備をしていたOTONA SALONE編集長アサミ。半分仕事、半分好奇心で44歳から婚活をスタートさせて1年9カ月。婚活パーティにも婚活アプリにも敗れ、…

#92 婚活にやぶれた40女が「出会いを求めて」始めたこと【40代編集長の婚活記】

婚活パーティに行っても婚活アプリをやっても、恋人ができないOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま46歳。恋人いない歴は9年を超え、思春期以降の恋人いない最長記録を更新中。「婚活〇〇は向いていない。自然な出会…

#91 婚活じゃない自然な「オトナの出会い」を調べてみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまさに、いばらの道……。婚活パーティや婚活アプリ、知人からの紹介を受けながらついに1年9カ月。誰ともうまくいかず、恋人いない歴は9年という記録を更新した編集長アサミ。婚活パーティにも婚活アプリ…

#90 婚活で「6人の男にフラれた女」がたどり着いた先は?【40代編集長の婚活記】

44歳にして初めて婚活をスタートさせたOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はまもなく9年になる、現在46歳の独女。1年8カ月の婚活で6人の男性と婚活デートをしたけれど、誰とも交際にすら至らないままフラれっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

CULTUREに関する最新記事