#112 対象外…。40代独女が感じた「疎外感」とは?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年以上、恋愛にはとんと“ご無沙汰”な46歳、OTONA SALONE編集長・アサミ。「このまま一生、独り身で生きていくのかもしれない」と思いつつ、44歳にして婚活をスタート。

婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介などに挑んでみるものの、恋人すらできないまま婚活歴が2年を過ぎ……。これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

婚活に悩む独女の行きつく先

人がダイエットに挫折するのは、なかなか体重が落ちたり、やせた実感がなかったりするからだと思う。

同じように、なかなか恋人の一人もできずにいると、婚活も挫折しそうになる。実際、この2年間で婚活疲れをして何回か休活したことがある。

婚活に疲れたり、悩んだりすると占いに行ってしまうのは、私だけだろうか、それとも婚活あるあるだろうか。

 

婚活のゆくえを2度、占う

初めて婚活のゆくえを占ってもらったのは、昨年の2月。婚活で立て続けに3人にフラれたあと、流光七先生に鑑定してもらった(#38 婚活で3人にフラれた40代独女に新たな出会いはあるのか)。

 

そして、2回目に占ってもらったのが、今年の8月。モトカレとも破局し、紹介された男性とも恋愛にならず、婚活アプリでも裏切られ、個室婚活で誰ともマッチングしないという状況に陥って、西新宿の母に鑑定してもらった(#110 婚活に「行き詰まった独女」の駆け込み寺とは?)。

どちらの占いでも「結婚できない」とは言われていない。ま、そんなことストレートには言わないのかもしれないけれど……。ただ、2人の鑑定に共通していることがいくつかある。

 

鑑定で共通していたこと

不思議なことに、占った先生も、時期も、占術も違うにも関わらず、まったく同じことを言われた点がいくつもあった。

・もともと結婚との縁が弱い。

・出会いや縁が良くなるのは2017年下半期以降。

・結婚運が高まるのは2018年以降。

・婚活〇〇には向いていない。

・出会いのきっかけは、趣味か、学びの場か、仕事。

・縁がある人にはピンとくるものがある。

ざっとこの6つ。実は一番気になったのが、2人とも「ピンとくる」と言っていたこと。私にそんな直感が働くのだろうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事