#110 婚活に「行き詰まった独女」の駆け込み寺とは?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超えのだいぶ“ご無沙汰女子”、OTONA SALONE編集長・アサミ。未婚・独身・46歳。「40代の婚活」を始めて早2年、婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介など、さまざまな婚活に挑んできた。

最近になって参加した「個室婚活」では、自分からもう一度会ってみたい人を選んだにも関わらず、男性からのオファーがなくてマッチングせず……。これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

46歳独女、婚活の厳しさに落ち込む

誰ともマッチングしなかった個室婚活。でも、一緒に参加した独女の友はマッチングした。

「私って、誰からもニーズがなかったんだ……」

地味に少し、落ち込んでいた。46歳独女の婚活は厳しいという現実に、リアルに直面した。

 

でも1週間くらいすると意外と立ち直れた。

こんなことで落ち込んではいられない!

これまだって、もっと辛いことはたくさんあったし、それでも強くたくましく生きてきた。婚活だって、継続は力なり(実ってないけど)、前進あるのみ!

私は意を決して、とある場所に向かった。それは、久しぶりに“ある人”に会うためだった。

 

久しぶりに会う相手とは?

その人に会うのは、1年ぶりくらいだろうか。

アサミ「お久しぶりです。お元気だったでしょうか?」

訪ねたのは、西新宿の母・真如雅子先生。OTONA SALONEで大人気の「ガリ占い2018」を監修し、怖いくらい当たるという伝説を持つ占い師の先生だ。

 

自分なりに努力はしているのにどうにもうまくいかない私の婚活。2年やって、さすがに行き詰まりを感じたこともあり、そもそも結婚運がどうなのかを鑑定してもらいたくなったのだ。

 

西新宿の母「お久しぶりですね。どうぞ、座って」

ここ数年、取材ではお世話になっているが、西新宿の母にちゃんと鑑定してもらうのは実は初めてだった。

 

四柱推命で「恋愛・結婚運」を鑑定

鑑定をお願いしたのは、恋愛・結婚運。そもそもの運がどうなのか、結婚運が高まるとしたらいつなのか、どういう男性と縁があるのかが知りたいと思った。

それと同時に、編集者としての好奇心もある。新宿で行列が絶えなかったと噂の伝説の占い師・西新宿の母の鑑定が、本当に当たるのか、当たらないのか──。

 

西新宿の母「それじゃ、生年月日と生まれた時間を教えてね」

まずは、四柱推命で鑑定をする。四柱推命とは生まれ持った運をみるもので、4つの柱(生年・月・日・時刻)から一生の全体像を知ることに適している占いだという。生まれ持った運から、どう動いたらいいのかなども鑑定。

そもそもの私の恋愛・結婚運はどうなのだろうか……。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事