髪が多い・硬い人。スクリューピンなら「おしゃれまとめ髪」が簡単に!使いこなしテク

おだんごなどアップヘアに欠かせないアメピン。「さす方向がわからない」「させたと思ってたのに浮いてきた」「ピン1本では留まらない」など、簡単そうで扱いが難しいアイテムです。

たしかに「ピン1本でOK」と書かれていても実際は1本では留まらず、何本もさしてようやく固定できることが多いですよね。

そこで、アメピン使いが上手にできない人におすすめしたいのが「スクリューピン」です。

最初の出会いはバラエティショップでしたが、アレンジ企画でも見かけるようになりました。SNSでもスクリューピンを使ったアレンジ例が増えてきた気がします。

どう使えばいいの?と一見難しそうに見えますが、ピンを回転させながらさし込むだけ。

使い方と簡単なアレンジ例をご紹介します。

 

スクリューピンは「時計回りに回転させながらさし込む」のがポイント

私も何度か使ってみましたが、「とっても簡単」とまでは言えないのが本音。しかし、アメピン2本では留まらないおだんごも、スクリューピン2本でしっかりと留まり崩れないのです。

ピンの形を見てもらうとわかりますが、ねじねじしているので髪がからまるのか浮いた感じがありません。また、回転してさし込むので抜くときも回転させます。簡単にはピンが抜けないというのも崩れにくい要因だと思います。

 

さし方はアメピンと同じで、ねじった毛束の終点と頭皮側にピン先をあててさし込んでいきます。

印をつけたところにピン先がきています。あとは時計回転にねじねじしてさし込むだけ。

「最初は留める毛束をピン先でとらえるのが難しいと感じました。コツをつかむまでは練習が必要ですね」と、初めてスクリューピンを使ったというLiikeの小林さん。

頭皮側の髪もキャッチできているか、最初はわかりにくかったそうです。

自分でさすときの位置としてはこんな感じです。ねじった毛束と頭皮側の髪をピン先でとらえます。これを頭に入れておいてください。

 

ちなみにさし込むときは時計回転ですが、抜くときは逆回転です。

 

アレンジ例1 ねじりハーフアップ

ねじった毛束の上下からスクリューピンをさしてつくったハーフアップ。

毛量が多くてアメピンではなかなか留まらないという人も、スクリューピンなら大丈夫!

小林さんも毛量が多いそうですが、しっかりと留まっていました。

後ろからみるとこんな感じです。

作り方は…

1.スタイリング剤をつけてから耳上の髪をひとつにまとめる。

※小林さんはパーマをかけています。

髪を巻く必要はありませんが、まとまりよくするためにワックスやシアバターをもみ込んでおきましょう。

私の経験談として…。何もつけていないサラサラ髪でやってみましたが、ピンが滑ってうまくまとまりませんでした。

 

2.毛束をギュッと強くねじる。

ひとつにまとめた毛束をしっかりとねじります。ねじり終わりをおさえておきましょう。

 

3.スクリューピンで留める。

ねじり終わりと頭皮側の毛束をピン先でとらえ、時計回りに回転させてさし込みます。

上からも留めるとしっかりと固定できます。先に上を留めておきましょう。

完成!

 

アレンジ例2 シンプルおだんご

アップスタイルの定番、おだんごヘアもスクリューピン1本で無造作に決まります。

結んでからゴムを軸に毛束を巻きつけたら毛先をスクリューピンで留めるだけ。

直毛の人は髪を巻いたほうがまとめやすく、髪もピンピン飛び出さずにおさまります。ワックスをもみ込んで髪をくしゃくしゃっとしておくだけでも違いますよ。

作り方は…

1.耳の高さでひとつに結ぶ。

ワックスやシアバターなどをもみこんだら、髪をひと束にまとめてゴムで結びます。

「厚みがでないよう、私は小さな細いゴムを使うようにしています」と小林さん。

 

2.結び目を軸にして毛束を巻きつける。

毛束をねじってから巻きつけておだんごの形にします。

 

3.スクリューピンで毛先と頭皮側の髪をとらえてさし込む。

毛先のほうと頭皮側の髪にピン先をあてて回転させながらさし込みます。

1本では不安定と感じる人は、1本目の反対側からピンをさして固定しましょう。

完成!

「正直、さす位置と回転させることに慣れるまでは時間がかかりました。慣れてくるとおだんごも簡単にできるように。安定感があるので、アメピンでは崩れてしまうという人にはいいですね」と小林さん。

 

アメピンよりも厚みがあるので、ピンが目立ってしまうのでは?と心配しましたが、ねじった毛束の中に入っていくのでピンのお尻が少し見えるだけで違和感はありません。

厚みのおかげか、ねじれた構造のおかげなのかラフな雰囲気も出しやすいと思いました。

ポーチの中に入れておけば、髪をさっとまとめたいというときにも便利です。大きなクリップで無造作に留めるよりも、ほどよくきちんと見える気がします。

また、飾りがついたスクリューピンもあるので、1本で華やかさも演出できますよ。

スクリューピンはバラエティショップのほか、100円ショップでも手に入ります。

1回だけでは上手に使えないかもしれませんが、すぐにあきらめず練習をしてみてください。

 

撮影協力:小林真奈美さん/Liike

東京・代官山駅から徒歩1分にある美容室Liike(リーケ)。髪質などお客様ひとりひとりの悩みにしっかりと向き合い、魅力を引き出してくれる大人女性に人気のサロンです。

6月には、オーナーの地元である長野県松本市に2店舗目となるLiike matsumotoがオープンしました。

小林さんはゆるっとしたラフなアレンジがお得意。簡単にできるアレンジも教えてくれるので、ぜひご相談を。

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

「ひとつ結び」を続けてわかった、脱・オバサンまとめ髪のルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

脱・毎日ひっつめ髪おばさん!夏の涼しいヘアアレンジまとめ

毎朝、時間もないし……。今さら新しいヘアアレンジなんて若い子に「オバサン頑張ってるわね!」って思われそうだし……。そんな「たられば」で毎日ワンパターンのひっつめ髪の…

ゴム1本なのに「オバサンぽくない」3分まとめ髪。40代が生活感を出さないおくれ毛のコツ

「今日は30度か、ちょっと涼しいな」と感覚がおかしくなっている今日この頃。暑い暑いと言っていても気温が下がるわけではないので、いかに暑さをしのぐかを考えるようにな…

ミディアムでも自分でまとめ髪!着物&浴衣の簡単ヘアアレンジ【コツ3つ】

最近は観劇や食事会、観光などちょっとしたお出かけに着物でというアラフォー女性が増えているようです。素敵に着こなすには、季節やお出かけシーンに合わせた着物選びだけ…

篠原ボブがお手本!「若作り」っていわれない40代の3way前髪

同世代である篠原涼子さんといえばロングヘアがトレードマークでした。髪をかき上げる仕草がカッコよく、無造作なロングヘアに憧れた人も多いのではないでしょうか。今秋、…

ボリュームの足りないぺちゃんこオバ髪に、100均のヘアグッズで対策!

掃除グッズや収納ケースだけでなく、今はイヤリングなどアクセサリーも買える100円ショップ。最近、近所に新しい100円ショップができたので品揃えをチェックしに行ってみました。食器や日用品と並び、ヘア用品も充実…

オバさん見えする髪には「うねり」あり。40代の乾燥ヘア対策6つの心得

手の甲や足がカサカサしはじめ、そろそろ乾燥対策をしなくてはと思い始めている今日この頃。肌が乾燥しているということは、頭皮も髪も乾いているわけです。それでなくても、年齢のせいでパサつきやうねりが目立って…

前髪ナシでも小顔に見える!40代のボブ&ショート3選

年を重ねても「小顔になれる」というのは魅力的なワードではないでしょうか。OVER40になると、フェイスラインのたるみも気になり、ただ顔が小さく見えるよりもリフトアップ効果もほしいところ。日々のマッサージやハ…

薄毛が気になる40代女性は「パックリ分け目」を隠して!簡単3つのテクは?

髪がやせてきた、手触りが悪い、スタイルが決まらなくなってきた……。年々感じる髪の老化。毛量の多さに悩まされてきた私も、最近はボリュームが減ってきたなと感じ始めています。電車に乗っていると座っている人達の…

「ひとつ結びのゴム」どれを使えばいいの?ゆるまない切れない、プロの選び方は

ゴム1本でできる簡単アレンジのド定番・ひとつ結び。40代にとって「オバサン度が上がる」ので、できれば避けたいまとめ髪でもありますが、難しいことはできないし、パパッとできるお手軽アレンジとしてはやっぱりハ…

頭皮がたるむと5歳老け見え?40代マスト「カンタン頭皮ケア」3つの新意識

アラサー女子たちの悩みは目元のシワが多いようですが、アラフォーになると気になるのはほうれい線。年々深くなってきたなと感じるにっくき線は頬のたるみが原因です。ハリを出す美容液やクリームを使ったり、マッサ…

まとめ髪が「疲れたオバさん」にならない40代のヘアアレンジって?

結婚式などお呼ばれの際はヘアサロンでセットをお願いするという人は多いと思います。40代になると同窓会のためにセットにくる人が増えるんだとか。張り切りすぎるのは恥ずかしいけれど、いつも通りも「オバさんにな…

前髪を変えるだけ!「老け見え」と「朝のめんどくさい」を解決する方法

「髪は女の命」。このフレーズを何度書いただろうというくらい、これまで使ってきましたが、「髪」というよりも「前髪は女の命」だなと最近気づきました。顔の印象を左右するのは前髪(顔まわりも含む)だし、もちろ…

暑いけど寒い!「冷房疲れ」のだるさを予防するあたためワザ5つ

例年、昼間しかクーラーを使っていなかった私もさすがにこの暑さには勝てず、ほぼ1日中クーラーを使っています。電気代を見るのが怖いのですが、一番怖いのは体の冷え。冷房による体のだるさを感じている人も多いの…

話題のパウダースタイリング剤。果たして「40代のオバ髪」を救えるのか!?

40代の髪悩みといえば白髪と薄毛(ボリューム不足)。私も白髪には悩まされ、定期的にサロンで染めてもらっていますが、次々と生えてくる白髪に追いつかなくなっている今日この頃…。毛量が多く、まだボリューム不足…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事