髪が多い・硬い人。スクリューピンなら「おしゃれまとめ髪」が簡単に!使いこなしテク

おだんごなどアップヘアに欠かせないアメピン。「さす方向がわからない」「させたと思ってたのに浮いてきた」「ピン1本では留まらない」など、簡単そうで扱いが難しいアイテムです。

たしかに「ピン1本でOK」と書かれていても実際は1本では留まらず、何本もさしてようやく固定できることが多いですよね。

そこで、アメピン使いが上手にできない人におすすめしたいのが「スクリューピン」です。

最初の出会いはバラエティショップでしたが、アレンジ企画でも見かけるようになりました。SNSでもスクリューピンを使ったアレンジ例が増えてきた気がします。

どう使えばいいの?と一見難しそうに見えますが、ピンを回転させながらさし込むだけ。

使い方と簡単なアレンジ例をご紹介します。

 

スクリューピンは「時計回りに回転させながらさし込む」のがポイント

私も何度か使ってみましたが、「とっても簡単」とまでは言えないのが本音。しかし、アメピン2本では留まらないおだんごも、スクリューピン2本でしっかりと留まり崩れないのです。

ピンの形を見てもらうとわかりますが、ねじねじしているので髪がからまるのか浮いた感じがありません。また、回転してさし込むので抜くときも回転させます。簡単にはピンが抜けないというのも崩れにくい要因だと思います。

 

さし方はアメピンと同じで、ねじった毛束の終点と頭皮側にピン先をあててさし込んでいきます。

印をつけたところにピン先がきています。あとは時計回転にねじねじしてさし込むだけ。

「最初は留める毛束をピン先でとらえるのが難しいと感じました。コツをつかむまでは練習が必要ですね」と、初めてスクリューピンを使ったというLiikeの小林さん。

頭皮側の髪もキャッチできているか、最初はわかりにくかったそうです。

自分でさすときの位置としてはこんな感じです。ねじった毛束と頭皮側の髪をピン先でとらえます。これを頭に入れておいてください。

 

ちなみにさし込むときは時計回転ですが、抜くときは逆回転です。

 

アレンジ例1 ねじりハーフアップ

ねじった毛束の上下からスクリューピンをさしてつくったハーフアップ。

毛量が多くてアメピンではなかなか留まらないという人も、スクリューピンなら大丈夫!

小林さんも毛量が多いそうですが、しっかりと留まっていました。

後ろからみるとこんな感じです。

作り方は…

1.スタイリング剤をつけてから耳上の髪をひとつにまとめる。

※小林さんはパーマをかけています。

髪を巻く必要はありませんが、まとまりよくするためにワックスやシアバターをもみ込んでおきましょう。

私の経験談として…。何もつけていないサラサラ髪でやってみましたが、ピンが滑ってうまくまとまりませんでした。

 

2.毛束をギュッと強くねじる。

ひとつにまとめた毛束をしっかりとねじります。ねじり終わりをおさえておきましょう。

 

3.スクリューピンで留める。

ねじり終わりと頭皮側の毛束をピン先でとらえ、時計回りに回転させてさし込みます。

上からも留めるとしっかりと固定できます。先に上を留めておきましょう。

完成!

 

アレンジ例2 シンプルおだんご

アップスタイルの定番、おだんごヘアもスクリューピン1本で無造作に決まります。

結んでからゴムを軸に毛束を巻きつけたら毛先をスクリューピンで留めるだけ。

直毛の人は髪を巻いたほうがまとめやすく、髪もピンピン飛び出さずにおさまります。ワックスをもみ込んで髪をくしゃくしゃっとしておくだけでも違いますよ。

作り方は…

1.耳の高さでひとつに結ぶ。

ワックスやシアバターなどをもみこんだら、髪をひと束にまとめてゴムで結びます。

「厚みがでないよう、私は小さな細いゴムを使うようにしています」と小林さん。

 

2.結び目を軸にして毛束を巻きつける。

毛束をねじってから巻きつけておだんごの形にします。

 

3.スクリューピンで毛先と頭皮側の髪をとらえてさし込む。

毛先のほうと頭皮側の髪にピン先をあてて回転させながらさし込みます。

1本では不安定と感じる人は、1本目の反対側からピンをさして固定しましょう。

完成!

「正直、さす位置と回転させることに慣れるまでは時間がかかりました。慣れてくるとおだんごも簡単にできるように。安定感があるので、アメピンでは崩れてしまうという人にはいいですね」と小林さん。

 

アメピンよりも厚みがあるので、ピンが目立ってしまうのでは?と心配しましたが、ねじった毛束の中に入っていくのでピンのお尻が少し見えるだけで違和感はありません。

厚みのおかげか、ねじれた構造のおかげなのかラフな雰囲気も出しやすいと思いました。

ポーチの中に入れておけば、髪をさっとまとめたいというときにも便利です。大きなクリップで無造作に留めるよりも、ほどよくきちんと見える気がします。

また、飾りがついたスクリューピンもあるので、1本で華やかさも演出できますよ。

スクリューピンはバラエティショップのほか、100円ショップでも手に入ります。

1回だけでは上手に使えないかもしれませんが、すぐにあきらめず練習をしてみてください。

 

撮影協力:小林真奈美さん/Liike

東京・代官山駅から徒歩1分にある美容室Liike(リーケ)。髪質などお客様ひとりひとりの悩みにしっかりと向き合い、魅力を引き出してくれる大人女性に人気のサロンです。

6月には、オーナーの地元である長野県松本市に2店舗目となるLiike matsumotoがオープンしました。

小林さんはゆるっとしたラフなアレンジがお得意。簡単にできるアレンジも教えてくれるので、ぜひご相談を。

 

 

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

【脱・オバサンまとめ髪】「ひとつ結びアレンジ」シンプルおしゃれな40代の2大ルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

ゴムだけ簡単ヘアアレンジ。苦手な人にも試してほしい3種類

本格的なヘアアレンジにピンが必要なのは分かってる、けど持ってない……。そんな女性、実は意外と多いと思うんですよね。私も髪をのばしていた時期がありましたが、ゴムは数…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

40代パーマ、この「思い込み」でオバ髪化してない…?40代がやりがちNGパーマヘアケア

ボリュームがなくなってきた40代にはパーマがおすすめ、ということを何度もお伝えしてきました。また、パーマをかけるとスタイリングがラク、とも。しかし、パーマをかけた人の多くは「スタイリングがうまくいかない…

40代は【かき上げ前髪】×【耳かけ】で秋ヘアがとびきり素敵に見える!

ファッションにあわせてヘアも衣替えをするとき。がらりとイメージを変えるのは勇気がいるけれど、カラーや毛先の動きをチェンジするだけでも雰囲気は一新できます。40代女性を素敵に見せる「かき上げ前髪×耳かけヘ…

【くるりんぱ】真ん中からずらすだけ!1分で大人可愛いヘアアレンジ2選

「くるりんぱ」と命名した人はどなたか存じませんが、今やこれ以外考えられない!というほどの絶妙なネーミング。正直、ここまで浸透するとは思っていませんでした。もちろん、アレンジとしては「その手があったか!…

いつもの「ゴムだけ結び」を1分で上級に!くずしひとつ結び・横くるりんぱアレンジ3選

夏は髪をおろしていると、汗で首にはりついて不快になりますよね。見た目にもスッキリとまとめたほうが、涼しげです。そこで、今回は巻かずにおしゃれに見えるひとつ結びや、くるりんぱを応用したアップスタイルをご…

「正しい髪の洗い方」知ってた?抜け毛、頭皮のニオイを防止するシャンプーのやり方4ポイント

美肌も美髪も一日にして成らず。日々のお手入れが欠かせません。そのお手入れも実は特別なことではなく、「正しく洗う」ことだけ。でも、この「正しく洗う」ことができていない人が多いのが現実です。子どものころ、…

【ミディアム】うねり、ぺたんこオバ髪は「動き」でカバー!若見え3スタイル

ボブやショート人気におされ気味のミディアムですが、女っぽさを表現するにはもってこいのレングスです。また、ある程度長さがあることで加齢による髪悩みもカバーしやすい利点もあります。ひとつ結びなどまとめ髪に…

【ショートボブ】40代は毛先の動きで「おばさんショート」回避!人気ヘアカタログ

40才を過ぎると髪を短くする人が多い、という話を美容師さんからよく聞きます。たしかに40才以上をターゲットにしたヘアカタログでは、ロングよりもショートの割り合いが多くなっていますし、周囲を見渡せば短めヘア…

40代ミディアムのすっきり簡単まとめ髪 広がる・うねる髪のヘアアレンジ3選

ボリュームが減ってくる年代なのに、この時期は髪が広がり扱いにくさが倍増。朝、きれいにまとめたつもりでも昼頃にはうねうね、ちりちり……ってこと、ありますよね。梅雨の時期はダウンスタイルをあきらめて、まとめ…

40代でもモテる髪って?9つの【NGシャンプー習慣】と正解ヘアケア

40代にもなると大っぴらに「モテたい!」とは言えない雰囲気ですが、独身女性であればまだまだ出会いを期待するわけです。オトナサローネでは編集長の婚活記も盛り上がりをみせていて、いくつになっても素敵な恋がで…

【オバ髪】は「生え際」のコレが原因!40代の白髪・うねり・パックリ割れの隠し方は

今、まさに私も悩んでいる生え際の白髪とうねり。湿気の季節到来で、とくにうねりが強まってきています。生え際は鏡を見たときに目につく場所であり、人とのコミュニケーションの場でも相手からよーく見られてしまう…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事