国生さゆり「ちょうどイイだめんず」を引き続ける唯一無二の才能

人生100年とも言われる時代、アラフォーは折り返し地点を迎えたと言えるでしょう。前半戦を振り返って、人によってはああすればよかった、こうすればよかったと思うことがあるかもしれません。

 

それは華やかに見える芸能人とて、同じこと。「梅沢富美男のズバッと聞きます」(フジテレビ系)に出演した、女優・国生さゆり。おニャン子クラブの主要メンバーとして活躍した彼女は、自分の芸能人人生を振り返って、「もっと主役がやりたかった、もっとCMにも出たかった、もっと歌も歌いたかった」と国生は自嘲気味に語っていました。

 

国生のオトコ遍歴が、スゴい。

なぜそういう人になれなかったのかをスタッフに聞かれると「恋愛のせい」と答えていました。自分の足を引っ張る恋愛ばかりしてきた、と言いたいのでしょう。オトコにはもう懲りたようで、断捨離にはまり、洋服は大量に処分、アクセサリーもつけることはなく、ノーメイク。37㎡の部屋に住み、酵素玄米を食べるなど、自然に回帰した生活を送っているようです。

 

いやいや、アンタ、何言ってんの! オトコを作ること、それが主役への道だよ!と私は思うのです。

 

今から三年前、2015年、国生がメッセンジャー・黒田有との熱愛が報じられた時、私は笑ってしまったのでした。なぜかというと、このカレも警察のお世話になった経験がある人だから。

 

国生の男性遍歴を振り返ってみましょう。

① 長渕剛(不倫関係にあった最中に大麻取締法違反)
② 初婚相手の一般人
③ 再婚相手の実業家(保険金をめぐる詐欺、「週刊新潮」(新潮社)に、この男性は独身時代にも刑事事件を起こしていると書かれたことがありました)
④ 黒田有(傷害事件を起こすも示談が成立し、起訴猶予。国生とは破局)

 

「オトコを大成させるのが、オンナの役目」という昭和的な価値感で言うと、国生はさげマンと呼ばれてしまうかもしれない。しかし、今はそういう時代ではないのです。

 

時代は、だめんず好きを求めている

それでは、時代はどんな人を求めているかというと、「抜けがある人」ではないでしょうか。それを如実に感じるのが、「好きな女子アナランキング」なのです。週刊誌は定期的にこのような人気調査を行いますが、だいたい日本テレビの水卜麻美アナと、元NHKの有働由美子アナウンサーがトップを争っています。

 

我々が20代の頃、女子アナと言えば、いい家庭に育ったお嬢様で高学歴で、語学が堪能で、ミスコンにも出てという超高嶺の花でした。しかし、今はちょっと太めとか、ちょっとトシが行っていて自虐的といった具合に「抜け」があるほうが、視聴者にはウケるのです。カトパンこと加藤綾子アナウンサーのように端正な美貌、大きなバスト、クセのない性格の持ち主は、かえって嫌われる要素になってしまうのです。

 

「抜け」があることは悪いことではないと思わされるもう一つの理由は、モデルの高垣麗子です。初婚時の夫は、ソルトレークシティーオリンピックのメダリストの清水宏保。しかし、清水が銀座のクラブの女性をお持ち帰りしたことを写真週刊誌に撮られたことで、11年に離婚します。再婚して子どもをもうけた高垣ですが、夫が金の密輸で逮捕。18年8月に離婚しました。

 

夫の不祥事を世間が忘れてくれるまで、仕事もせずに静かにしている。これが昭和的なほとぼりの覚まし方でしょう。しかし、高垣は9月に創刊された「美的GRAND」(小学館)の表紙モデルを務めます。ちょっと前なら、夫が不祥事を起こしたら、妻は問答無用で即降板だったでしょう(余談ですが、夫と子どもがいることに重きをおく「VERY」(光文社)なら、厳しかったかもしれません)。

 

しかし、今は本人が不祥事を起こしたわけでなく、女性誌のカラーを乱さなければ、必ずしもクビになるわけではないのです。

 

国生のように、つきあったオトコの3/4が警察のお世話になってしまうのは、昭和的価値感で言えば「さげマン」でしょう。しかし、もうここまでの命中率であれば、これはもう立派な才能です。あんなにキレいなのに、カスをつかんでしまうというのは、「抜け」があるという意味で、今の時代にあっているではないですか。

 

実は昭和のころから「逮捕される夫を捨てないオンナ」は、美しく扱われがちです。たとえば昭和の名優・勝新太郎は大麻取締法違反などで逮捕されています。妻の中村玉緒は周囲からさんざん離婚を勧められましたが、がんとして離婚しなかったそうです。

 

勝新太郎は事業を起こしては失敗することを繰り返し、玉緒は債券者の気持ちを逆撫でしないために、家にこもっていたところ、「さんまのまんま」(関西テレビ)からのオファーがあったそうです。ここでさんまと共演したことで、バラエティー番組の出演が増え、本業である映画やドラマのオファーも増えて、ついには夫の作った借金を完済したそうです。

 

人は自分より弱い人にやさしいものです。ダメなオトコを捨てないオンナというのは、つい「がんばれ!」と声援を送りたくなるものなのではないでしょうか。

 

ちょうどいい、だめんずとは、何か?

もちろん、性犯罪や殺人など、命や女性の尊厳を奪う犯罪では、世間は許してくれないでしょう。しかし、偶然にも国生の相手が起こす犯罪は、薬物という「被害者のいない犯罪」だったり、金銭で賠償できる案件で、やりなおしがきかないほどのディープさはない。これもポイントです。ちょうどいい不祥事を起こすダメ男を見つけることができる。これが才能でなくて、何でしょう。

 

国生は微妙にプライドが高く、ダメな男とくっついてしまうところを認めないふしがあります。「またダメな人を好きになってしまいました」と言うのと、「私はもうオトコはいらない」というの、どちらがかわいげがあるでしょうか? 断然、前者ですね。

 

人気商売は時代に即していなければなりません。大分年下のオトコとくっつき、不祥事をおこした際は「こんなふうになってしまうのは、私の責任なのかもしれません」と言えば、世間は「そんなことないから」と言ってくれるはず。

 

我々が二十代の頃と比べて、今は「正解が一つでない時代」です。ということは、いくらでもやりようがあるし、再チャレンジも効きます。国生の新恋人の出現に期待したいと思います。

 

仁科友里が斬る#オンナの生きざま

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

宮沢りえ、再婚報道で思い出される「人生を変えた運命のフタリ」

“考える婚活””オトコの行動を読む婚活”を提唱している私ですが、婚活の最終的な決め手は縁だと思っています。本人同士がいくら頑張っても、縁がなければダメなのです。縁イ…

はあちゅう、AV男優との事実婚がトクしかしないと思うワケ

ブロガーで作家のはあちゅうセンセイが、AV男優のしみけん氏と結婚を発表しました。意外な気がしたのは、私だけではないはず。はあちゅうセンセイと言えば、「女子は美容…

森口博子、「結婚が苦手」な独身美女が背負う黒い十字架とは

90年代にバラエティーに転向したアイドル、通称バラドルがテレビに出だしましたが、制作側から見て、一番使いやすいのは森口博子だったのではないでしょうか。山瀬まみや、井森美幸もバラドルとして地位を確立してい…

中谷美紀が、ドイツ人夫の「打ち出の小槌妻」である理由

国際結婚は甘いものじゃない。これが、私がヨーロッパで暮らしていた時に感じたことのひとつです。女性誌では、日本人女性はモテる、ヨーロッパ男は優しい、ヨーロッパでは年を取っても女性が尊重されるとユートピア…

河野景子、”卒婚”で名門・花田家は終わりを迎えた

雑談レベルで離婚について人と話すことがありますが、私は暴力を振るわれていたり、おカネをむしりとられているという以外では、離婚を勧めるということはしません。離婚が悪という意味ではなく、やはり人生の大きな…

近藤サト、美しきグレイヘアが昔より素敵なワケ

とんねるず・石橋貴明にかわいがられる女子アナは売れるという不文律が、かつてのフジテレビにはありました。たとえば、中村江里子は石橋と共に数々の番組を担当し、石橋にヒナと呼ばれてかわいがられます。エルメス…

高嶋ちさ子、「オンナに性格の良さはいらない」新バラエティ女王の結論

外見の美しさが女性の人生に与える影響を否定する人は、いないでしょう。暗黙の了解として美貌を持たない人が就けない職業はありますし、「言ってはいけない残酷すぎる真実」(新潮新書)によると、美人はブスより生…

亜希、清原ブランドを捨てた女がそれでも「幸せ」と言えるワケ

モデルの亜希の新刊「亜希のことば 私を笑顔にしてくれるヒト・コト・モノ」(講談社)の売れ行きが好調で、重版が決定したそうです。タイトルどおり、亜希の好きなものについて綴られたエッセイですが、その中に「…

IKKO、自筆の手紙と手みやげにみる「オンナの気配り」の盲点

昔話で恐縮ですが、今から20年くらい前、私が社会に出たころの「女性のための社会人マナーブック」的なものを読むと、やっぱり時代が全然違うと感じるのです。内容を一言で表すと「気をつかえ」。お金をもらっている…

中山美穂、黄昏80年代アイドルがイメージ挽回してオンナを上げる方法

新しいドラマが始まると、視聴率や視聴者の意見が織り込まれた記事が出ます。あるネットニュースで、女優・中山美穂が出演する「黄昏流星群」(フジテレビ系)についての記事を読んでいたところ、「(中山は)不倫を…

梅宮アンナ「離婚はいいことだらけ」発言から考えるオトナになれないオンナ

タレントの梅宮アンナが自身のインスタグラムに「離婚はいいことだらけ」と書いて、ネット上でバッシングを受けています。アラフォーにはおなじみ、梅宮アンナですが、ご存知ない方もいるかもしれないので、アンナの…

鈴木保奈美、第二次ブームで思い出される「90年代自傷型ヒロイン」の呪い

芸能人は芸能人であることを、決してやめられない生き物だと私は思っています。90年代、若手トップ女優だった鈴木保奈美(以下、ホナミ)が、ことあるごとに「女優がむいていない」「私はスーパーと家の往復で幸せに…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事