どうすればいい? 40代「肌が変わってきた問題」。肌研究の第一人者に聞いてみた

違う、明らかに違うんです……30代と。40代になってから肌が変わってきたと痛感しているOTONA SALONE編集長の浅見です。お手入れも変えなくてはと、自分なりに試してはいるけれど……。

何度目のお肌の曲がり角なのかしら?

というわけで、オトナ世代の肌は実際にどう変わっているのか? 日々、マニアックな研究を行っている肌研究の第一人者に聞いてみました!

 

「枕のあと」がなかなか消えません!

エイジングに悩める浅見がお話を聞きにいったのは、花王スキンケア研究所の上席主任研究員・グループリーダーの片山靖さん。

──個人的に40代になって、明らかに肌の状態が変わった気がするのですが……。

「どんな点が変わってきましたか?」

──最近、ハリがなくなったというか。ときどき朝起きると枕のあとがクッキリ残ってなかなか戻らないんです。横向きに寝るクセがあるからだと思うんですけど。ときどき髪でごまかしながら出社することがあります(苦笑)。

 

「いわゆる寝あと、ですね。ちょっとこの写真を見てみてください」

──何ですか?これ。

「押しあと回復試験の結果です。肌に押しあとをつけて0分、30分後、60分後の肌の状態を観察したんですが、上の写真は60分後も押しあとが残っていますが、下の写真はほぼ消えていますよね」

──え、同じ人ですか?

「はい。ホクロでもわかるように同じ女性の肌です」

──こんなに違うってすごくないですか? 何をやったらこんなに押しあとが消えるんですか? ハリがあるから押しあとが消えるんですよね……。私の寝起きの肌、上の写真と同じ感じです!!

 

失われつつあるハリを取り戻すには?

──つまり私の肌はハリが失われつつあるわけですね(苦笑)。シワやハリって正直、どうケアすることが大事なんですか?

「大事なのは、肌の再生力を高めることです」

──肌の再生力……って何でしょうか?

「再生力というのは、良質な細胞を産生し、外部からのダメージにも打ち勝つ肌をつくる力です」

──その、再生力が低いとどうなるんですか?

「再生力の低い肌は外界からのダメージを受けやすく、良質な細胞が作り出せません。つまり負のスパイラルに陥っているのです。「再生力」の差は、肌の見え方にも影響します。再生力が低いと乾燥や紫外線、睡眠不足や疲労など過酷な環境の変化でシワっぽく老けた印象に見えるんです」

──再生力が低いとシワっぽく⁉ 老けて見える人とそうでない人の違いは、肌の再生力が関係していたんですね!

──それじゃ、肌の再生力を高めるには何がいいんですか???

「カギとなるのは、月下香です」

 

「月下香」が肌の再生力を高める⁉

──月下香って……お花でしたっけ?

「古くは聖書で傷の手当てに塗ったなど、神秘的な力を秘めているといわれていた白い花です。インドのアーユルヴェーダにも用いられています」

──この月下香にどんなパワーが?

「月下香は、花びらが傷を受けると“癒傷組織(植物幹細胞)”というものができて、傷口をふさぎます。その細胞から出る粘液は、外界の刺激から月下香自身を守る働き、すなわち自己再生力を備えていると考えられます」

──自分で自分の傷口をふさぐ! すごく自立した花ですね。

「その月下香の細胞の中でも、優れたものだけを抽出しました。約2年半、ラボで200検体をあえて過酷な環境下において、生き残った強い1検体の細胞だけを厳選しました。つまり生き残った確率は0.5%ですね。それをさらに工場で約半年間培養して、希少な“月下香培養エッセンス”を作ったんです」

 

月下香培養エッセンスのパワーとは?

──それほど希少な月下香培養エッセンスって、すごそうですけど! どんな効果があるんですか?

「まず、乾燥や摩擦などの外部刺激から肌内部を“防御”する効果。そして、肌のターンオーバーを正常化して良質な細胞を“産生”する効果です。実際に、月下香培養エッセンスを塗ることで、成熟した健常な細胞の数が増えたことが確認されました」

──つまり、この月下香培養エッセンスが肌の再生力を高めると。

「そうです」

──もしかしてこのエッセンスを使ったのが⁉

「はい。さっきの押しあとの実験結果の写真は、まさにこの月下香培養エッセンスによる効果なのです」

──どのくらい使ってこの違いが?

1週間です。月下香培養エッセンスを応用した化粧品を使った結果です」

──たった1週間⁉ 早い!!

「そうなんです。実は私たちも驚きました。研究段階でモニターの方々からいままでの研究ではあまりなかったくらいの声が出てきたんです。寝あとがつきにくい、マスクあとがつきにくいって声が……。1名じゃなく複数名の方々から、それも1週間しか使っていない段階で」

──複数の方が1週間で違いを実感したと。

「はい。なんでこんなに実感の声が聞こえるのかというのがきっかけで、月下香培養エッセンスをより研究していったわけです。たった1週間でも肌の状態が変わっているんだということには、私たちも驚きました」

──40代オーバーでも、肌の再生力は高まりますか?

「この月下香培養エッセンスを用いた実験で、とにかくいい結果が得られましたから!」

──月下香で肌の再生力を高める。40代からのケアの新たなキーワードですね!

「はい。実際の見た目の印象の変化を、使ったかたご自身に気づいていただける成分ではないかと思っています」

──早く効果を実感できるってステキ! 使い続けるモチベーションになります。

「花王では、月下香培養エッセンスの研究をこれからも続けていきます」

──月下香培養エッセンス! OTONA SALONE世代の救世主かも!

 

老け見えの原因は「肌の再生力」であり、日頃からその再生力を高めることが大事。年を重ねるごとに変化を感じている私たちですが、自分の肌とのお付き合いはまだまだ続きます。

もう年だから仕方ない……なんて言ってちゃダメですね。いまのうちから肌に実感がある「本物のスキンケア」をしておくこと。それが、40代からのスキンケアのたしなみなのかもしれません。

 

イラスト/Nobby

sponsored by花王

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

ナチュラルメイクの落とし穴! 塗るだけで「うっかり5歳オバ見え化」を招く口紅選びの3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」は、どんなメイクにおいても、絶対に避けたいのが私たちの本音。しかし、ナチュラルメイクを心がけるにあたって「塗るだけでオバサン」になりや…

#119 コレは怪しい! デート男性に浮上した「ある疑惑」【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴は9年超えを更新中のOTONA SALONE編集長・アサミ。44歳でスタートさせた40代の婚活もついに2年が経過。婚活で出会った男性は数十人、婚活デートをした男性は約10人。アーティストのジェント…

#118 恋人いない歴9年の独女、久しぶりに「ときめいた」理由【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年の46歳・独身のOTONA SALONE編集長・アサミ。44歳で婚活をスタートさせて2年以上が経ったが、いまだにゴールは見えず。以前に名刺交換をしたことがある男性・ジェントルさん(49歳・バツイチ・別居中…

過酷な現代を生きる女性へ。40代編集長が考える「美しさ」の条件とは

ずっと頑張ってきたのではないでしょうか、いまの40代女性たちは。何をするにしても競争率が高い世代。努力と根性で乗り越えることが美しい、とされていました。私自身も、そんな中で生きてきた一人です。でも、もう…

[PR]

#117  40代独女、バツイチ男とのデートで「初めての経験」【40代編集長の婚活記】

40代で初めての婚活をスタートさせた、恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミ。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、元カレとの再会など、さまざまな婚活にチャレンジして早や2年。ある夜、会うことにな…

見どころとイケメンをチェック! プロ野球ドラフト会議2018に行ってみた

運命を変える1日でもある「プロ野球ドラフト会議」が10月25日に開催されました。大阪桐蔭高校の根尾選手や藤原選手、金足農業高校の吉田投手など、甲子園で活躍した高校球児の1位指名が多くあったドラフトでした。い…

#116  40代独女が「久しぶりのデート」で驚いたこと【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超の恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミ。40代の婚活をスタートさせて2年以上経つも、いまだ恋人すらできず。どこかで知り合ったであろう謎の男性・ジェントルさんから「お会いさせてくだ…

あなたは経験ありますか? 人生で初めて「痴漢にあった」かもしれない話

あなたは痴漢にあったことがあるでしょうか? 私は46年間の人生で幸いなことにその被害経験がありませんでした……今までは。でも、本当に腹立たしく悔しいことに、人生で初めて痴漢にあったかもしれないのです。2017…

婚活にデニムはアリ?「モテるデニム」5つのルール【オトナの婚活コーデ】

モテ服なんてどうでもよくずっと好きな服を着ていた40代独女が、婚活をスタートさせて2年。婚活パーティや婚活デートを繰り返しているうちに、やっと理解してきた【オトナの婚活コーデ】。リアルに着ているコーデを…

#115「男の本音」がわからない。二人で食事はデートか、仕事か?【40代編集長の婚活記】

46歳、恋人いない歴9年のOTONA SALONE編集長・アサミが、40代にして初の婚活に挑戦中。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介など数々の婚活をリアルに実践すること2年。どこかで会ったのだけれど思い出せない謎の男…

男の心理にアプローチ!「出会いを引き寄せる」服とは【オトナの婚活コーデ】秋

何を着て行けばいいのか、まったくわからなかった「婚活」。しかし、婚活歴は2年を超え、パーティやデートも50回以上経験。40代で婚活中のOTONA SALONE編集長・アサミが自分なりのリアル婚活ファッションを公開中の…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事