「なんだかずっと身体がだるい…」更年期の不定愁訴を軽減するストレッチとツボ押し

40代になりたての頃は他人事だと思っていた更年期ですが、40代なかばともなるといつのまにか周囲も軒並み不調をかかえ、30代では感じなかったトラブルを持っているのではと思います。

もしあなたが「もしかして更年期?」に思い当たる場合、まず試していただきたいのがストレッチやヨガ。動悸、めまい、疲れやすい、不眠、イライラ、頭痛、だるい、肩こり。更年期の入り口でまだ軽い場合、辛さがかなり軽減される場合もあります。

1日5分間の更年期対策で、毎日の心身を軽やかに過ごせるようなヨガの知恵をお伝えします。

 

オトナの女性の通過儀礼?

女性なら誰でも訪れる更年期は人生の通過儀礼のような時期です。

 

女性ホルモンの働きが低下し、卵巣からの分泌が停止し無月経が1年以上続く状態と閉経と言い、この閉経を挟む約10年間のことを更年期と呼びます。日本人女性の閉経平均年齢は50.6歳です。

 

更年期そのものは、誰でも必ず45歳から55歳ごろの間に訪れます。女性ホルモンの1つ、エストロゲンが減少して起きる身体の症状です。「更年期」とはこうした状態になる期間のことを示すのであって、不調のことは指しません。人によっては、更年期と気がつかないほど健康的に過ごせる人もいれば、辛くて起き上がれない、いわゆる「更年期障害」の状態になる人もいます。

 

女性ホルモンが急激に減る→女性ホルモンを増やせばいい→恋愛をすると女性ホルモンが分泌されるというから恋愛をすれば?とよく言われますが……、これはエストロゲンが結果的に肌や髪のツヤを良くし女性らしさが魅力を増すので恋愛と関係していると思われがちな、若干の誤解です。ただし、毎日を楽しく前向きに過ごせばストレス解消になりますから、更年期の不快症状が軽減する可能性はあります。

 

この女性ホルモンの働きは脳が司っていて、脳の指令に対して卵巣の働きが追いつかないため同じ脳内の視床下部にある自律神経のバランスが崩れやすくなり、心身の不調が出やすくなるのが更年期症状です。

 

自律神経のバランスを整えるには緊張と弛緩の交感神経と副交感神経の働きをバランスよくすることです。じっくり身体を動かしたら休息もしっかり取りましょう。

 

吸う息は交感神経が優位になり、吐く息は副交感神経が優位になるので呼吸法もオススメですよ。

 

以前の記事の更年期の心身を整える呼吸法も参考にしてみて下さいね。

 

「この不調、更年期かな?と思ったら始めどき。自律神経を整える呼吸法」(https://otonasalone.jp/65384/

 

さらに、ツボ押しも更年期の不調を軽減します。

「水泉」内くるぶしの斜め下辺り(踵に向かって)をゆっくりじんわり押してみて下さい。更年期、ホルモン系の不調、めまい、むくみなどに効果的です。ツボ押しが痛い!と思ったらこれらの前兆と考えられています。

 

更年期“障害”を招かないように毎日を健やかに過ごすには、自分の身体を大切に扱いストレッチやツボ押しなどで意識的にセルフケアを取り入れていきましょう。

 

全身の疲れが取れる「犬のポーズ」

気分爽快の代表格ポーズです。更年期のイライラや精神的不調、だるいなどの身体的不調も軽減します。

 

①両足を床に着きお尻の位置を高くします。雑巾掛けのようにして上半身を伸ばします。慣れないと両手に重心がかかりがちですが、最初はヒザが曲がっても良いのでなるべく体重を両手と両足に均等にかけます。

個人ワークショップの会場、鎌倉光明寺の開山堂をお借りして撮影しました。海から歩いて1分の蓮池美しいお寺です。

 

②腰を伸ばして身体全体で三角を作ります。大切なのは上半身が肩から腰までまっすぐに。できる限りヒザを伸ばして踵を床へ下ろします。おヘソを見て首や肩の力を抜きます。

 

効果:更年期の疲れやすい全身の疲れがとれ心身がシャキッと生き生きしてくる。骨盤の位置を正し、肩コリ、肩甲骨辺りのコリを解消。

 

いかがでしたでしょうか?

足全体が伸び、さらに腰や肩甲骨周りもしっかり伸びて気持ちが良いですね。とてもリフレッシュできます。

余談ですが……南米アマゾンに一人旅した時にデコボコすぎる泥道をクッション性の無い車で長時間走り、腰がもげる程の酷い腰痛を経験しましたが、数日ほどポーズしたら治りましたよ。腰が痛くて辛い時にも使える効果的なポーズなので、1日5分間ほど取り入れてみて下さい。

 

「安藤けいこさんの個人ワークショップが開催されます」

大人の呼吸法、体を温め心を鎮め、心身の垢を取り除く呼吸テクニック

2018年11月25日(日) 鎌倉 光明寺vol.14

詳細はhttps://20181125artyoga.peatix.com/

 

■次に読まれているのは■

最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント

ダイエットに「カンタン白湯」。冷えも不調も撃退した私のコツは 

スポンサーリンク

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具、器具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだ…

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

老けたくない40代は今すぐコレをやめて!5つの悪習慣

ご自分がついついやっている「老ける習慣」を考えてみたこと、ありますか? 意外と無意識にやってしまうもの、ついやってしまうものなどありますよね。さて、あなたはいく…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

1位豆腐・2位レバー・3位は?更年期な40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

40代の下半身をすっきり細める!脂肪燃焼のコツを伝授

なかなかサイズが落ちないのは頑固なセルライトが要因かも。お尻から太もも、ふくらはぎにかけてサイズダウンを目指すなら、運動や筋トレよりもまずは脂肪燃焼(温活)がお…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事