婚活にデニムはアリ?「モテるデニム」5つのルール【オトナの婚活コーデ】

モテ服なんてどうでもよくずっと好きな服を着ていた40代独女が、婚活をスタートさせて2年。

婚活パーティや婚活デートを繰り返しているうちに、やっと理解してきた【オトナの婚活コーデ】。

リアルに着ているコーデを紹介するこの連載、第6回です!

 

婚活には絶対スカートなの?

以前、婚活カウンセラーの先生にも「婚活のときは絶対スカート」と言われましたし、知人のモテ女性にも「丈が長くてもいいからスカート!」と力説されました。

別にパンツでもデニムでもよくない? 服で決めつられたくないわ。と思っていた私。

2年間の婚活で、その言葉を素直に取り入れてスカートにしたり、ときには反発してパンツで行ったりもしました。紆余曲折を経てわかったことは、やっぱりコレでした。

「婚活には絶対、スカートで!」

はい、婚活にパンツスタイルで行ってはいけないのです。実際に何回かはいて行きましたけど、スカートのときのほうがいろんな意味で反応がよかったです。婚活にパンツはやめておいたほうが得策です。

 

 

婚活にデニムはやっぱりナシ?

デニムもパンツだから婚活はナシ……?

と思いきや、違うんです。パンツの中でも、唯一の例外がありました。それがデニム。

なぜか、デニムだけは男性ウケするんです。

その理由を、いろんな男性に根掘り葉掘り聞いたところ、さりげなく脚やヒップのラインが出るところが女性らしさを感じさせるのだとか。また、男性は自分が着るファッションとしてもデニムというアイテムが好きだからでは、という声も聞かれました。

 

デニムを履いていい婚活、いけない婚活

とはいえ婚活にもT.P.O.があります。デニムがNGな婚活もあります。

まず、婚活パーティにデニムを履いていかないこと。お洒落なレストランなどで行われることが多いので、デニムで行くといかにも「やる気がない」雰囲気にとられます。

バスツアー婚活やアウトドア婚活のようなパーティならよいのですが、大勢の初対面の男性と会う場合は、間口の広いスカートが婚活女性のマナーです。

初めての婚活デートもデニムは避けるほうがいいでしょう。シーンにもよりますが。

婚活デートにデニムを取り入れるなら、3回目以降のデートのほうがおすすめです。何回かスカートでお会いして、ちょっと距離感が近づいてきたところでカジュアルなファッションで親近感をだすのがよろしいかと思います。

 

 

「デニムでもモテる」4つのテク

婚活コーデを2年間リアルに試行錯誤していたら「モテる婚活デニムの5つルール」がわかってまいりました。デニムの形が大事だったり、合わせアイテムにもルールがあるのです。

1.デニムの形はスキニーorストレートなど美脚デニム

2.ロールアップで足首を見せる

3.足元はヒールのある靴をはく

4.トップスをダボダボにしない

5.女性らしいアクセサリーをプラス

基本的には「きれいめデニムコーデ」ってことですね!

実際に反応が悪かったのは、ワイドデニムをはいていったときと、スニーカーを合わせたとき。ダボッとしたシルエットや、カジュアルすぎるのは婚活デートにはよろこばれないようです。アウトドアだったり、交際が始まってしばらく経っていればアリだと思いますが。

 

このコーデは、以前にもちょっとご紹介したコーデです。実際に着用したスタイルはコチラなんですが、これを公開したら男女ともにほめてくださいました。男ウケも女ウケもする婚活デニムコーデのようです!!

 

デニム REDCARD

Tシャツ Uniqlo U

カーディガン ZARA

ポインテッドパンプス(7cmヒール) LANVIN en Blue

バッグ PRADA

ネックレス Maxi

 

というわけで、40代編集長アサミによる【オトナの婚活コーデ】、たぶんまた木曜20時にお届けする予定です!

#オトナの婚活コーデ

 

【40代編集長の婚活記まとめはコチラ】

#40代編集長の婚活記

 

 

スポンサーリンク

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

靴とバッグに年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の安っぽ小物

シンプルになりがちな夏コーデのアクセントになるのが、靴とバッグをはじめとした小物使い。だからこそ、トレンド感や大人っぽさを演出できるものを選びたいもの。でも、街…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

まだ着ていたら痛い!? 40代が「即捨てるべき」7つのアイテム【2019春】

気温も上がってきて、そろそろワードローブも冬物から春物へと入れ替えたい時期。春の新作を買い足す上で、去年のアイテムをどれを残してどれを処分しようか悩んでいる人も…

【40代編集長の婚活記#170】イヤな予感!「2人では会わない」理由って?

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、44歳から婚活をスタートさせて3年以上。やっとのことでお付き合いする男性ができたと思いきや、たった3カ月でフラれる。失恋のショックも癒…

【40代編集長の婚活記#169】バツイチ男の本音って? 思わせぶりなメッセージの真意

47歳のOTONA SALONE編集長・アサミは、婚活をスタートさせてから早3年。出会いを求めて婚活パーティへ行ったり、婚活アプリを試してみたり、一人でバーに行ってみたりするが、いまだにゴールは見えず。やっとのこと…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

この先どう生きる? 【40代の転職と独立】を考えて、日本化粧品検定を受けてみた

人生の折り返しとも言われる40代。この先もこのままでいいのかと、自らに問いかける人も少なくないと思います。「四十にして惑わず」という言葉があるけれど、まだ惑いがあることは否めないOTONA SALONE編集長・浅見…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事