見どころとイケメンをチェック! プロ野球ドラフト会議2018に行ってみた

運命を変える1日でもある「プロ野球ドラフト会議」が10月25日に開催されました。大阪桐蔭高校の根尾選手や藤原選手、金足農業高校の吉田投手など、甲子園で活躍した高校球児の1位指名が多くあったドラフトでした。

いままでOTONA SALONEで野球の「や」の字も記事にしたことがありませんでしたが、何を隠そう私は野球好き。中学・高校とソフトボール部に所属し、埼玉県の西武鉄道沿線地域出身のため埼玉西武ライオンズファン歴は約40年です。

そんな40代・野球女子(?)的目線で「2018年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」(主催:一般社団法人日本野球機構)をレポートいたします。

 

 

ドラフト会議を全力で楽しめる「リポビタンD ZONE」

野球関係者や報道陣だけでなく、応募者の中から抽選によって選ばれた野球ファンも入れるドラフト会議。会場は、グランドプリンスホテル新高輪の国際館パミール・飛天の間です。

その隣にはドラフト会議にちなんだコンテンツを集めた「リポビタンD ZONE」というエリアがあります。ここには何があるのでしょうか……。ライオンズのレジェンドブルーに身をつつみ、いざ入場しました。

指名された風を再現「ドラフト会議指名体験フォトコーナー」

「埼玉西武ライオンズ、第一回、選択希望選手、浅見悦子」。なんと、意中の球団・ライオンズから指名をいただきました!!

……という風に、まるで自分がドラフト指名されたかのような写真を撮影できる、毎年大人気のフォトコーナーです。各球団のユニホームと帽子も用意され、好きな球団、氏名、ポジション、出身校を自由に選ぶことができます。

MCがいるフォトコーナーでは、ナレーターさんが本番さながらの声でアナウンス。高まります!!

 

指名体験は、WEBでも楽しめます!

毎年好評の「指名体験フォトコーナー」は、今年はなんとWEB上でも体験が出来ます。11/1までの期間限定なのでお早めに!!

 

気分は監督!「抽選くじ引き体験フォトコーナー」

指名した選手が複数の球団で競合したときに行われる、ドキドキの交渉権抽選。ドラフト会議場でくじを引く監督を体験できるフォトコーナーもありました。

飛天の間が描かれたパネルの前に男性が二人。3球団が競合したという設定で、私は3番目にくじを引きました。残り物に福はあるかしら…?

当たりました! 交渉権獲得! 残り物に福がありました(実際のドラフト会議でも、今回は残り物に福のケースが多かったですね)!

しかし、お二人の表情の演技力がすばらしく出来あがった写真がステキすぎました。

なんと、この写真はスポーツ新聞にも掲載されました! というのは冗談です。会場で撮った写真はスポーツ新聞の一面で掲載されているかのように加工され、スマホなどの端末からデータで入手することができるんです。いやー、楽しい!!

 

全球団の「オリジナルボトル」も並んでました

ドラフト会議の場所だけ限定で、「リポビタンD」の全12球団ラベルと、セ・リーグラベル、パ・リーグラベルもお披露目されました。セ・リーグラベルとパ・リーグラベルはドラフト会議来場者限定のお土産です! 球団ボトルは、オリックスとヤクルト以外はダイレクトサイトで販売中(一部売り切れもあります)!

並んだボトルを見ると、中日ドラゴンズのドアラが可愛いなぁ。

 

 

「ドラフト会議オリジナルステッカー」がもらえる

ユニフォームを着たかわいい女子を発見。またもや登場の交渉権の抽選ボックス。引いてみると、ドラフト会議のロゴが記載されたオリジナルステッカーが。来場したファンにプレゼントされました。

 

メッセージを書ける「ドラフト会議オリジナル巨大ヘルメット」

会場中央には、1mを超す巨大ヘルメットがドーンと設置! インパクトのある巨大ヘルメットには、自分の好きな球団や選手、ドラフト指名が期待されている球児に向けた応援メッセージを自由に書くことができます。

 

取材の疲労回復にも!「リポビタンD」のサンプリング

「Have a Dream」をコミュニケーションコンセプトに、夢に向かって前向きに挑戦する若者を応援する「リポビタンD」の配布もありました。

 

いよいよ本題、ドラフト会議をチェック

そして、いよいよ「ドラフト会議」のスタートです。私は遠くから見守る形に……。とりあえず、リポビタンDをグイッと飲んでタウリンをチャージし、この原稿を書いております!!

プロ野球にどんな新しいイケメンが入ってくるかもチェックせずにはいられません!! 編集長アサミの独断と偏見によるイケメン3人を勝手に選ばせていただきました。

 

顔も実力も正統派。千葉ロッテの1位指名・藤原恭大外野手

夏の甲子園から美形男子と評判だった、大阪桐蔭高校の藤原恭大(ふじわら・きょうた)外野手。スッキリ整った顔立ちに、181cmの長身、走攻守すべて一級品と評判の高い彼は、正統派のイケメン。

楽天、阪神、ロッテの3球団が1巡目でドラフト1位に指名しました。抽選の結果、交渉権を獲得したのは千葉ロッテマリーンズの井口監督。残り物には福があったようです!

 

母性本能くすぐる! 日本ハムの1位・吉田輝星投手

夏の甲子園を盛り上げた注目の金足農業高校の吉田輝星(よしだ・こうせい)投手は、北海道日本ハムファイターズが交渉権を獲得しました。

色白で瞳が茶色、ほおがほんのり赤く、口角がキュッとあがった唇がカワイイ、吉田投手。色素薄い守ってあげたい系イケメンです。インタビューでアップになった時の透明感たるや! 母性本能がくすぐられます。

 

超絶イケメン! 横浜DeNAの2位・伊藤裕季也内野手

さっそくtwitterでも「超絶イケメン過ぎる」と話題になったのが横浜DeNAベイスターズにドラフト2位で指名された立正大学の伊藤裕季也(いとう・ゆきや)内野手です。

甘いマスクにさわやかな笑顔。間違いなく多くの女性ファンを獲得するであろう男前っぷり。東都大学野球でも注目されていた即戦力。横浜スタジアムに女性ファンが増えそうです。

 

 

というわけで、「2018年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」を全力で楽しんでまいりました。イケメンの人選はあくまでも個人的好みでございますので、他にも男前な選手がたくさんいます。ドラフト指名された選手のみなさんの、今後の活躍をお祈りしています!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク