あなたは大丈夫?「なし崩し」の正しい意味、日本人の20%しかわかっていない

「そんななし崩し的なやり方では、計画的に進まない」
「良いのか悪いのか決めずに、なし崩しに動き出せば、失敗するよ」
「貯金をなし崩し的に使い、あっという間になくなってしまった」

こんなふうに「なし崩し」を誤って使っている例、かなり頻繁に耳にします。どれも間違っています。あなたは「なし崩し」の意味を正確に説明できますか? まったくできない人も、あやふやに覚えている人も、今日こそ、正しい使い方をしっかり覚えましょう!

 

そもそも「なし崩し」の「なし」って何なの?

当たり前ですが「梨」ではありません。「成し」でもないのです。正解は「済し」です。「返済」の「済」です。元は借金を少しずつ返していくという意味なのです。

済し崩し
1 借金を少しずつ返却すること。元禄太平記「済し崩しの借銭」
2 物事を少しずつ済ましてゆくこと。「済し崩しに既成事実が出来上がる」
広辞苑第6版

1の「借金を少しずつ返却すること」から2の「物事を少しずつ済ましてゆくこと」ができました。ですから、お金のこと以外でも

  • 少しずつ片付ける
  • 少しずつ解決してゆく
  • 少しずつ済ませる

というような意味になります。「少しずつ」というところがポイントですね。

なしくずし
物事を一度にしないで、少しずつ済ませてゆくこと
現代国語例解辞典

一般の国語辞典にもこのような表記が見られます。

 

「なし崩し」の誤解データ

文化庁「平成29年度『国語に関する世論調査』の結果について」によると、「新しい表現や,慣用句等の意味・言い方」の項目で、次のような問いがあります。

どちらの意味だと思うか<問 17>
(3)なし崩し 例文「借金をなし崩しにする」
(ア) なかったことにすること 65.6%
(イ) 少しずつ返していくこと 19.5%
(ウ) (ア)と(イ)の両方 1.3%
(エ) (ア)(イ)とは全く別の意味 5.0%
分からない 8.5%

「崩」のイメージが強いのでしょうか、(ア)の回答が65.6%と最も多かったのです。正解は(イ)です。正解者は19.5%。「分からない」を入れて、ほぼ8割の人が間違えて覚えている、またはしっかりと分からないという状態です。

年齢別に見ると、本来の意味とされる「少しずつ返していくこと」は、全ての年代で「なかったことにすること」を下回っていますが、20代と70歳以上で他の年代より高く、2割台半ばとなっています。
つまり、20代と70歳以上では、若干正解率が高いということ。言わずもがな、70歳以上の場合には、本来の正しい意味を最初から知っているということでしょう。20代の場合は、正しい知識を学校や塾で教わったことが予想されます。そう、その間の、いわゆる私たちの世代が、誤用している率が高いということです。

 

日本語の誤用は、変化?退化?

先日美輪明宏さんがテレビで、日本語の誤用乱用について、「これは言葉の変化ではなく退化です」と断言しておられました。

私もそれに同意します。

人間にとって「変化」は大切なものであり、このような言葉の変化は原因を探る必要があります。そしてその原因が「楽だから」「みんながそう使うから」「使っている人が多いから」という安易なことでしたら、本来の意味で踏ん張るべきだと考えます。しかしそうは言っても流されてしまいますよね。ですから、こんなコラムを読んだときに「ああ、なし崩しって、本当は、少しずつ返していく時に使うんだな」とちょっとだけ復習してくれれば嬉しいです。

 

■次に読まれているのは■

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?ビジネス敬語メールの文末7ポイント

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

「腐っても鯛ですね!」この日本語はOK?NG?

生活の中で生まれた知恵などを言い伝える「ことわざ」。ところがTPOをきちんとわきまえないと、とんでもなく失礼になることも! 今日はそんなことわざを3つ選びましたよ。1・溺れる者は藁をもつかむ解説「溺れる者…

え、「危機一発」じゃないの?オトナも間違う四字熟語5

普段使っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?今日はそんな四字熟語を5つ選びました。1・いみしんちょう解答と解説正解は「深」。「意味深長」で…

「じがじさん」を「自我自賛」って書いてない?みんなが間違える四字熟語5つ

知っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?そんな四字熟語を5つチェック!1・いきとうごう解答と解説正解は「意」。「意気投合」です。「意気投合…

「ぜったいぜつめい」「絶対絶命」でOK?簡単な割にみんな間違える四字熟語5

普段使っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?今日はそんな四字熟語をテストします。1・いしんでんしん解答と解説正解は「以」。「以心伝心」で…

「ちこ」じゃない!「知己」の読みは?大人も誤読しがちな漢字10選

読めるには読めるけど、かなり不安~。こっそり答えをググっちゃう。そんな、小学生の時に習ったはずなのに、読み方を忘れている人が多い漢字を集めてみました。1・蝉時雨答え解説時雨とは、主に秋から冬にかけて起…

「速やか」は「はややか」じゃない?即答できない漢字の読み間違い10選

今週は小学校レベルなのに読み間違えがちな熟語10選です。一つでも間違えていたらちょっと反省して!1・この町には風情がある。答え解説あいまいに「ふうぜい」と読む人もいますが、スパッと「ふぜい」と読みましょ…

「直ちに」って正しく読めてますか?意外に間違える漢字10選

「読めそうなのに、意外に読めない熟語」をリストに挙げていくと、いわゆる難読熟語だけではなく、「まさかそれが」と驚くものが出てきます。今週は小学校で習う「読めないかも?」な熟語を10コチェックしましょう。…

「発足」って正しく読めますか?意外に間違えるNG日本語10

どれも知っている漢字なのに、熟語になった途端読めないことってありますよね。そんな読めそうなのに間違っていそうで発音できない熟語を10個集めてみました。今日は有名な文学作品から引用。つい飛ばしてしまう次の…

「さかあがり」って書けてる?みんなが間違えがちな漢字の書き方10選

さかあがり。坂を上るわけではないので、「さかあがり」の「さか」は「坂」とは書きません。ではどう書くのでしょう?今日はそんな熟語を10個集めました。1・子どもの頃は、日が暮れるまでさかあがりの練習をしたも…

「きゅうきゅうしゃ」って書ける?意外とみんな間違える漢字

今日は読めるのに、書けそうで書けない熟語を集めました。いざというときに「あれ?どう書くんだっけ?」と慌てないよう、しっかり準備しましょう。下線部のかなを漢字に直しなさい。そう、漢字テストですよ(笑)1・…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事