あなたは大丈夫?「なし崩し」の正しい意味、日本人の20%しかわかっていない

「そんななし崩し的なやり方では、計画的に進まない」
「良いのか悪いのか決めずに、なし崩しに動き出せば、失敗するよ」
「貯金をなし崩し的に使い、あっという間になくなってしまった」

こんなふうに「なし崩し」を誤って使っている例、かなり頻繁に耳にします。どれも間違っています。あなたは「なし崩し」の意味を正確に説明できますか? まったくできない人も、あやふやに覚えている人も、今日こそ、正しい使い方をしっかり覚えましょう!

 

そもそも「なし崩し」の「なし」って何なの?

当たり前ですが「梨」ではありません。「成し」でもないのです。正解は「済し」です。「返済」の「済」です。元は借金を少しずつ返していくという意味なのです。

済し崩し
1 借金を少しずつ返却すること。元禄太平記「済し崩しの借銭」
2 物事を少しずつ済ましてゆくこと。「済し崩しに既成事実が出来上がる」
広辞苑第6版

1の「借金を少しずつ返却すること」から2の「物事を少しずつ済ましてゆくこと」ができました。ですから、お金のこと以外でも

  • 少しずつ片付ける
  • 少しずつ解決してゆく
  • 少しずつ済ませる

というような意味になります。「少しずつ」というところがポイントですね。

なしくずし
物事を一度にしないで、少しずつ済ませてゆくこと
現代国語例解辞典

一般の国語辞典にもこのような表記が見られます。

 

「なし崩し」の誤解データ

文化庁「平成29年度『国語に関する世論調査』の結果について」によると、「新しい表現や,慣用句等の意味・言い方」の項目で、次のような問いがあります。

どちらの意味だと思うか<問 17>
(3)なし崩し 例文「借金をなし崩しにする」
(ア) なかったことにすること 65.6%
(イ) 少しずつ返していくこと 19.5%
(ウ) (ア)と(イ)の両方 1.3%
(エ) (ア)(イ)とは全く別の意味 5.0%
分からない 8.5%

「崩」のイメージが強いのでしょうか、(ア)の回答が65.6%と最も多かったのです。正解は(イ)です。正解者は19.5%。「分からない」を入れて、ほぼ8割の人が間違えて覚えている、またはしっかりと分からないという状態です。

年齢別に見ると、本来の意味とされる「少しずつ返していくこと」は、全ての年代で「なかったことにすること」を下回っていますが、20代と70歳以上で他の年代より高く、2割台半ばとなっています。
つまり、20代と70歳以上では、若干正解率が高いということ。言わずもがな、70歳以上の場合には、本来の正しい意味を最初から知っているということでしょう。20代の場合は、正しい知識を学校や塾で教わったことが予想されます。そう、その間の、いわゆる私たちの世代が、誤用している率が高いということです。

 

日本語の誤用は、変化?退化?

先日美輪明宏さんがテレビで、日本語の誤用乱用について、「これは言葉の変化ではなく退化です」と断言しておられました。

私もそれに同意します。

人間にとって「変化」は大切なものであり、このような言葉の変化は原因を探る必要があります。そしてその原因が「楽だから」「みんながそう使うから」「使っている人が多いから」という安易なことでしたら、本来の意味で踏ん張るべきだと考えます。しかしそうは言っても流されてしまいますよね。ですから、こんなコラムを読んだときに「ああ、なし崩しって、本当は、少しずつ返していく時に使うんだな」とちょっとだけ復習してくれれば嬉しいです。

 

■次に読まれているのは■

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?ビジネス敬語メールの文末7ポイント

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク