OLは見た!弊社でまかり通る「ダメ節約」4つの事例

コスト削減!と会社で号令をかけられ、理不尽な思いをしたことはありませんか? たとえば、「お昼休みの消灯」は社員に強制的に休憩を取らせる点で労務管理として理にかなっているかもしれません。が、節電ムードはとかく行き過ぎがちなもので、「真っ暗な玄関やトイレからも電球を外し始める」と危険水域。

40代働く女性から、そんな「やめていただきたいオフィスの珍節約」エピソードを聞きました。

 

代表的なとんちき節約「裏紙利用でコピー機が故障」

コピー機って、どんなに頑丈なものでも説明書通りに使わないと故障します。

勝手な使い方っていうか、間違った使い方は故障の原因なんです。

間違った使い方の代表格が裏紙を用紙に使うことなんですよね。

トナー式のコピー機でついやってしまうアレです。

それを我が社は節約になるから、と言ってやめません。

なのでレンタルしてるコピー機が紙詰まりから簡単に故障します。

それが頻繁に起こると仕事にならないですよ。

業者さんに修理に来てもらう費用と仕事がストップする時間から節約どころかムダと思いますね。

まだペーパーレスの時代になっているといえないですから、これで資料作成もストップしちゃいます。

営業さんたちは毎回泣いてます。

むしろ残業がいろんな部署で発生して、残業代やら光熱費やらで会社が大損しているはず。

紙とかの消耗品は節約したいっていうのもわかるんですけど、逆に浪費になるってわかってないので嫌になります。

節約した気分で満足してるだけなら、どんなものでも大損にしかなりません。

毎回会議で言ってるんですけど、節約してる気分になって満足してる上のほうには意味がないのかもしれません。

こうなったら総務部としてデータ取っておくしかないかな?

(42歳・既婚・会社員)

 

会社は「節約」のつもりらしい「制服」の謎

私の会社の節約?で無意味なのは制服ですね。

導入したころは、女性の基本給が安い分服装コストを浮かせてあげようという思いやりだったそうなのですが、

どのみち通勤服にも費用が掛かるので意味がないです。

それに更衣室のスペースだってかかってるし、着替える時間だってかかりますよね。

作業着だと思えばいいんでしょうけど、時間も費用も無駄ですよ。

会社も、社費は無駄遣いだし、女性社員の節約にもなっていない、誰も得していないってことがわかんないんですよ。

まあ、お揃いの制服はオフィスらしさが出るし、若い女子社員はおっさんたちの目の保養なのかもしれないですけどね。

でも女子社員は目の保養のための人材じゃないし、むしろおっさんより仕事できる人材ですよ、と言いたいです。

制服着せるなら、せめて通勤着の規定をなくしてカジュアル可にしてほしい。

通勤服が一番費用かかってるんですからね。

余談ですが、若手の営業部員の男性社員たちはスーツ代やらクリーニング代がバカにならないので制服が欲しいと泣いてます。

(40歳・独身・会社員)

 

節電自体はいいけれど「体調」に問題が出るレベルは…

我が社のやりすぎ節約での大損といったら電気代です。

節電ということで、今年の凄まじい猛暑でもエアコンをケチってたんですよ。

そうしたら社内で体調を崩す人が続出しました。

救急搬送された人もいたかもしれない……こわい……。

しかも、気温が高くなりすぎて、OA機器全体がおかしくなって、かなりの数を買い直しする事態にもなっちゃったんです。

笑っちゃうでしょ?

目先の節約が仕事の大混乱と大損を招くっていう教訓を経営陣に学んでほしいですね。

でも懲りずに冬のエアコン節約とかやりそうな気もしてますから、嫌になります。

ダウンジャケット着て仕事することを強制されるとかあり得るのが我が社です。

(44歳・既婚・会社員)

 

ダメ節約の最たるものは「人件費ケチり」!日本の社会問題かも

やりすぎ節約で大損してると思っているのは人件費です。

うちの会社ってとにかくバイトも社員もすぐやめちゃうんです。

世間で言う回転数の早い会社っていうのですね。

理由は、仕事は多すぎるのに、人手がないから、忙しいってことです。

でも給料が安くて、ボーナスも安くて、残業代もほぼごまかされるから。

休日出勤も結構あります。

そりゃやめますよね。

チャンスとタイミングがきたら、条件のいい会社に転職して当たり前です。

好きな仕事だからって人でもやめると思います。

優秀で仕事ができる人が何人もやめちゃってますし……。

だからなんでしょうけど、毎月、変な就職広告を出しています。

これがやりすぎ節約での大損のわかりやすい結果です。

ほとんど無意味です。

人件費の節約が広告費で大損。

まだたくさん大損があると思いますが、とりあえずこれだけにしておきます。

個人的な考えですが、会社の節約を社員の給料の面でしかできないなら経営に失敗してるんです。

私は現在3年目なんですが、最低賃金でも収入がなかったら生活が厳しいからです。

既婚者で子持ちで40代っていうと、そういうところしか採用されないっていう現実なんです。

でも運よく取引先が声をかけてくださって、もっと良い待遇での転職が決まっています。

辞める前に「基本給とか時給を上げて、待遇を良くすればいいんじゃないですか」というべきかな?と思いますけどね。

言いませんけど。

(47歳・既婚・会社員)

 

■次に読まれているのは■

職場の人間関係がストレスな40代に!「これでちょっと改善した」働く女性の5つの知恵

40代ビジネスウーマンに聞いた!会社の「ストレスを上手に解消」する方法7選

ウザいオバサン認定…オフィスで圧倒的にモテない40代女性のLINE3選

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

間違いやすい日本語「いやがおうにも」。正解は?

夏真っ盛り。甲子園もいよいよ大詰め。最近の高校野球は、スター選手も揃っているので「いやがおうにも」盛り上がります!「え?『いやがうえにも』が正しいの?何それ?使…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、女性が働きやすい環境を作り上げようとしている日本政府。対象としているのは、“すべての女性”です。しかし、「保育園落ちた、日…

40代になって「時間の使い方」を変えたら、よくなった5つのこと 

社会人になって20年余りが経つが、最近改めて、新入社員のころ上司に言われた言葉が強く心に響いている。そのひとつが「太陽とともに生きなさい」。出版社に入社して最初に…

頼み事上手な女性の魔法の言葉「すみませんが」→「○○ですが」

「すみませんが、ここにお名前を記入していただけませんか」「すみませんが、どちら様でしょうか」「すみませんが、それは出来かねます」。「すみませんが」はとても便利な…

リアル更年期世代は「ホットフラッシュ」どう対策してる?役立ちアイテム6つ

「このわずらわしさと面倒さは体験しないとわからない!」と言われるのが、更年期の代表症状、ホットフラッシュ。現在悩み中のリアル40代にお気に入りの対策アイテムを聞いてみました。「ひんやりアイテム」は必須で…

40代に聞きました!「3日で2kgくらい落としたい」ときのダイエット法5選

あなたの体重は1日にどのくらい変動しますか?ちょっと食べ過ぎたな、という日が2日3日続くと、ほどんとの人は2kgほど増えているのではないでしょうか。つまり、「2kg増」はある意味では「引き返せるギリギリ上…

今からでも大掃除したほうがいい?するっと2kg落ちる「家事やせ」

年末年始のお悩みって体重増加もあるのではないでしょうか。「今年こそ太らない!」がテーマ、あるいは「仕事初めまでに戻す!」が目標って方もいますよね。そこで2㎏に絞ったお気軽ダイエットをご紹介。っていうか…

年末の憂鬱?帰省にまつわる「実家ストレス」を避ける方法4つ

年末にやってくる帰省ラッシュ。これってストレスですよね。また実家で過ごす時間がストレスっていう方もかなり多いのではないでしょうか。そこで40代のみなさんに実家ストレスの避け方を調査してみました。そこで実…

肩こりがつらい!そんなとき、40代のみんなは何をして解消してる?

働く大人たちの悩みは肩こりではないでしょうか。特に40代は肩こりをあきらめがちになっていることが多くあります。そこで簡単に試せる肩こり対処方法をリアル40代たちに聞いてみました。それも今日、すぐに試せる方…

知りたいけれど聞きにくい。4つの「更年期とセックス」の悩み

一般に閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45歳から55歳は更年期に当たる人が多い時期。ただし、誰にでも必ず訪れるこの「更年期」という時期がきたからと言って、全員に「更年…

「その更年期症状、何歳から始まりましたか?」40代に聞くリアルな経過

一般に閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45歳から55歳は更年期に当たる人が多い時期。ただし、誰にでも必ず訪れるこの「更年期」という時期がきたからと言って、全員に「更年…

働く40代女性がリアルに愛用している「通勤バッグ」4選

働く女性には使いやすいバッグが必要です。条件はあれこれありますが、40代になってくると、A4サイズが入ることをあげる人が増えます。そこでリアルな働く40代女性に愛用している通勤バッグを調査してみました。さす…

ああ、やってしまった…!40代の「ズボラ暮らし」エピソード4選

違います、根っからズボラなわけじゃないんです。毎日忙しすぎてどうしても時短せざるを得ないんです!……いえ、わかってます、わかってます、本当はズボラなんです。でも、そこで開き直っちゃうと歯止めが効かないん…

デキるオンナのはずが、オフィスの面倒係に?40代が職場で「やってもうた」エピソード4選

毎日毎日ドラマみたいにステキなお仕事が進むわけではなく、誰でも「やらかす」ことってありますよね。「失敗した!」という内容に限らず、「やらなければよかった…」ことも多々あります。「やりすぎた」「やらかし…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事