#118 恋人いない歴9年の独女、久しぶりに「ときめいた」理由【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年の46歳・独身のOTONA SALONE編集長・アサミ。44歳で婚活をスタートさせて2年以上が経ったが、いまだにゴールは見えず。

以前に名刺交換をしたことがある男性・ジェントルさん(49歳・バツイチ・別居中の子供あり)と、ディナーに行くことに。彼のレディファーストなおもてなしに、久しぶりにドキドキし始めて……。これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

40代独女、おだてられて木に登る

OTONA SALONEのコンセプトや記事、私のキャリアについて、たくさんほめ言葉をくれたジェントルさん。

それだけでも十分うれしかったのに、肌や髪などをほめてくれた。さらに「女性らしい」とまで言ってくれた。人生でこんなに男性からほめられたことは……記憶しているかぎり、ない!

「元気だね」「面白いね」「ノリがいいね」……といった類の言葉を男性からいただいたことはあるのだけれど……。

 

嫌だった「女性らしい」という言葉なのに

男の子に憧れた幼少期からずっと、「女の子らしい」「女性らしい」という言葉が当てはまらない人生の選択をしてきた。どこかでその言葉を嫌っていたからだ。

だけど……。

嫌っていたはずの「女性らしい」という言葉を、穏やかに微笑みながらやさしい声でジェントルさんから言われたとき、胸がキュンと締め付けられたような気がした。これってもしかして、ときめき⁉

 

お酒のせい? それとも?

ポーッとし始めたのは、アルコールのせいだろうか。それとも、ジェントルさんの言葉に酔っているのだろうか。

ビジネスなのかプライベートなのかわからない今夜のディナーの時間が、いままでの婚活で食事をしていたときと比べて、ドキドキしてきたのは確かだった。

でも今夜だって、このお店に着く前は「めんどくさいなぁ」と思っていた。顔も覚えていないし、何者かもよくわからなかった人との食事なんて……。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事