え、このLINE怖すぎ!年下男子が戦慄した40代独女の「束縛LINE」3つ

片思いでもお付き合い中でも、連絡に欠かせないLINE。

好きな男性とのやり取りは楽しいですが、気をつけたいのが「距離を詰めすぎない」こと。

顔の見えないLINEでは、たとえ親しい間柄でも過度な繊細などは窮屈さを感じせます。

実際に年下男子がドン引きした40代独女の「束縛LINE」には、どんな言葉があったのでしょうか。

 

「いま廊下にいるよ」

「前の会社で付き合っていた年上の彼女。

俺の部署に若い女性が多かったせいか、残業というといつも『ほかに誰がいるの?』とか訊かれるのがツラかった。

もちろん悪いことはしていないんだけど……。

ある日、派遣社員としてすごく美人な女性が来て、たまたま俺の隣の席だったのが気に入らないらしく、仕事中でも『いま廊下にいるよ』とか呼び出されて様子をチェックするようになって。

さすがにしんどいと思って『浮気なんてしないし、大丈夫だから』と伝えたんだけど、仕事中にLINEの返信が遅かったら昼休みに見に来られたり退社を待たれたり、さすがに怖かったですね。

結局その女性がいる間ずっとそんな感じで、『信用してもらえないのがつらいから』って言って別れました。

いや、本当は『廊下にいるよ』LINEが恐怖だったからですけどね……」(37歳/販売)

 

★ 若い女性に嫉妬してしまっても、彼氏の様子を監視するようなLINEは逆効果。

「そもそも仕事中にLINEしてくるのが嫌だった」と男性は言っていましたが、同じ会社ならなおのこと自分の業務に集中するべきですよね。

不安はLINEで解消するのではなく、正面から伝えるべき。

追い詰めると男性は逃げます、確実に。

 

「誰と間違えたの?」

「以前、ひとつ年上の女性と付き合っていたとき。

お互い漫画や小説が好きで、好きな作品のキャラクターのスタンプをLINEでよく使っていました。

ある日、友人がクリエイターズスタンプを発売して、早速購入して彼女にも送ったんです。

そしたら速攻で『誰と間違えたの?』って。

間違えてないよって返して説明もしたけど、『こんなスタンプ似合わない』とか『本当は誰かからプレゼントされたんじゃないの?』って、とにかく疑われて大変でした。

確かにその友人は女性で可愛らしいスタンプだったけど、過剰に反応しすぎってうんざりでしたね。

その頃、彼女より付き合いの長い女友達と食事に行ったことでケンカしていて、そのせいもあっただろうけど。

だんだんやり取りするのが嫌になってきて、勤務のシフトが合わなくて会えないのを理由に別れました。

何で女ってスタンプひとつであんなに大騒ぎするの?」(39歳/教育)

 

★ この男性は、本当はこの女性にスタンプをプレゼントしたかったそうです。

でも、いきなり疑うようなきつい言葉が返ってきたら、それどころじゃないし贈りたい気持ちも萎えますよね。

「普段から嫉妬深い人だったの?」と訊いたら「うん、女友達がいること自体を嫌がってた」そうですが、こちらも信じてもらえないことがお付き合いを終わらせる原因でした。

……スタンプって、意外と気にする女性、多いのでしょうか。

 

「吐きそうなんだけど」

「女友達でずっと好きだった女性と付き合えることになって、最初は浮かれていました。

周りの噂で『束縛がひどいらしい』と聞いたことはあったけど、俺も好きな人は縛ってしまうほうだから、気にしていなくて。

いざ付き合ってみると、確かに電話して話し中だったら『相手は誰?』って詮索されたりLINEでも寝落ちしたら次の日の朝に『ひとりだったの?』って訊かれたり、でもそれくらいは大丈夫でした。

参ったのは飲み会のとき。

彼女も知っているメンバーだし、証拠の写真も送れるし、と思っていたら『行ってほしくないなぁ』と言われて。

こっちは数ヶ月前から集まるのを楽しみにしていたし、『一次会で帰るよ』って出かけたんですけどね。

そしたら、飲み会の最中に『具合が悪い』『お腹が痛い』って不調を訴える通知が連発して、俺が出るときは何ともなかったのにさすがにちょっと困りました。

もうすぐ帰るよって返信しても、『今すぐは無理なの?』って、それが目的か……。

彼女に返信しながらみんなと話していたけど、少し間が空いたら『吐きそうなんだけど』『助けて』って連続で送ってきて、トイレで『大丈夫? もう終わるから』って電話しました。

『何で彼女を放っておけるの!?』ってキレられて、こっちも我慢の限界になってしまい『いい加減にしろ!』って言いました。

結局、一次会で帰ったら彼女はふて寝。もちろん腹が痛いとかウソ。

アラフォーにもなってこれか……と呆れてしまい、それからしばらくして別れました。

束縛もここまでくると無理です」(40歳/自営業)

 

★ ……束縛というか、もう子どものワガママというか。

飲み会に行かせるのが嫌なのは、明らかに自分の都合。男性はメンバーも正直に言えるし後ろめたいことなんて何もありませんでした。

本当に具合が悪くなったとしても、楽しい時間を過ごしている恋人に『吐きそう」なんて送る言葉じゃないですよね。

束縛も、度が過ぎれば本当に身動きを制限される縄になります。

そんな40代独女とまともに付き合える男性なんて、いるのでしょうか……。

 

 

 

「束縛されると愛されていると感じる」といいますが、それは心地よい距離感を保ったうえでのこと。

詰められると離れたくなるし、大事にしてもらえていないと感じるのが男性です。

自分勝手に縛り付けるのは愛情を失うきっかけになることを忘れず、良い長さで手綱を取れるような40代独女でありたいですね。

 

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

こんな言い方されたら断れない!男性がよろめく40代独女の「デートの誘い方」って?

今月は大型連休もひかえ、気になる男性をデートに誘いたいと考えている女性も多いかもしれませんね。男性が喜ぶ”女性からのお誘い”は、ズバリ「わかりやすい」ことが肝心です。目的のあるお出かけなら、まだそこまで…

年下男子の間で「ひそかにモテてる」40代女性の5つの特徴

春は、転職や異動など新しい環境に身を置く人が増える季節。慣れない場所ではつい緊張してしまいますが、そんなときにふっと目がいくのが、素敵な笑顔で声をかけてくれる40代独女です。親しみを持って「もっと近づき…

恋愛下手がバレる!男性が離れたくなる40代独女の「残念な”誘われ方”」

いいなと思う女性をデートに誘ってみても、なんだかがっかりするような手応えで引いてしまう。せっかく芽生えた恋心も、次のステップに進むためにはスムーズなコミュニケーションが大切ですよね。男性に「恋愛下手な…

え、本気!?「勘違いした元カレ」からのドン引きアプローチ3つ

元カレから久しぶりの連絡。なんだろう、とドキドキして会ってみたら、ありえないアプローチをされて心底ガッカリ……なんて経験はありませんか?「二度と顔を見せるな!」とキレたくなる”勘違いした元カレ”には、どん…

こじらせてる!「アピりすぎ」で恋のチャンスを逃す40代って…?

男性が「恋愛下手なんだろうな」と思う40代独女には、非モテをこじらせすぎておかしなアプローチをしてくる特徴があります。好きなのに、一方的に近づいたり遠ざかったり、駆け引きがしんどいと思われるとせっかくの…

張り切りすぎて暴走!?「出会いを求めて失敗」した40代独女の結末

春は出会いの季節。心機一転、いい人を見つけよう! と張り切っていたけど、気合いを入れすぎてただの暴走に……なんてエピソードはありませんか?出会いを焦ると目が曇ります。お相手の男性も自分のことも、冷静に見…

このまま過ごすか、いま別れるか。「結婚してくれない彼氏」に苦しむ40代の闇

何年も付き合っているのに、まったく結婚する気配のない彼氏。もちろん結婚が目当てで交際しているわけじゃないけど、40代なら先のことを考えてそろそろ「答え」がほしい……。彼氏の気持ちを確認するべきか、このまま…

なんでなの…?ダメ男な「元カレ」とヨリを戻してしまう40代独女の特徴3つ

出会いもないし、この先ひとりぼっちはイヤ。だったら、「ダメな元カレ」でもいないよりまし……。そう思ってふたたび付き合いだしたものの、やっぱり好きになれない上に以前よりひどい扱いを受けるある40代独女は、そ…

男性がっかり…「昔よりダメになっていた元カノ」の実態

別れた女性のことをふと懐かしく思い出す。男性にもそんな瞬間があります。「どうしているのかな」「昔と変わっているのだろうな」と勇気を出して連絡してみたら、想像以上にダメになっていた! なんて、ショックで…

愛される40代独女は「自然体」?男性目線でグッとくるところを聞いてみた

「自然体の女性はモテる」とよく耳にしますが、実際に”自然体”ってどんな状態のことを指すのでしょうか。程よく気の抜けた自分を見せているつもりでも、男性から見れば意外と「演出している」ことはバレてしまうもの…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事