モテる女ほど実践中…!? オトコに「いいじゃん!」と言わせる40代の美容努力3例

 

ここ最近のコラム『「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パターン』や『えっヒドイ…男が「理解できません…!」と感じている40代女性の美的努力Part2』では、女性が「美しくありたい」と努力を重ねているほどには、男性が共感してくれない美容のアレコレをご紹介しました。

「あれもダメ」「コレもNG」ばかりでは、少々気分も滅入ってしまいますから、今回は逆のお話。

時短美容家の私、並木まきが男性たちから聞いた、「いいじゃん!」と評価してくれがちな40代女性の美容努力を3選ご紹介します。

 

狙いどおりに男からの「お!いいね!」を得やすい美容努力1:口紅の色を変える

「デートやお出かけのたびに、口紅の色をガラッと変えてくる今の彼女(41歳)は、年齢よりも若く見えるメイクの日が多く、僕も鼻が高い。

日によって口紅の色を変わっていると、顔色とか雰囲気も変わるから、新鮮です。

いかにもオシャレだなって感じだし、女性らしくていいですよね。

僕は、彼女がやや深い色の赤っぽい口紅をつけている顔が、セクシーで好きなんです」(43歳男性/IT)

 

口紅の色は、テイストを大胆に変えるほど、男性も気づいてくれやすいイメチェンパーツ。

“濃いめのピンクベージュ”と“薄めのピンクベージュ”程度の違いだと気づかない男性も多いけれど、赤とピンク、ブラウンなどわかりやすい色の変化は「おしゃれしているな!」と好感を抱いてくれるきっかけにもなるようです。

 

狙いどおりに男からの「お!いいね!」が得やすい美容努力2:肌に合うスキンケアを探求する

「2年付き合っている43歳の彼女の肌が、最近キレイになってきました。

以前は、ファンデーションを塗っている上からでも、カサカサしていたりゴツっとした凹凸が目立ったりしていて、口にはしませんでしたが『疲れているのかな』って思って見ていたんですけど、このところすごく肌の調子がいいみたい。

この前さりげなく話題にしたら『化粧品を変えた』って言ってました。使う化粧品を変えるだけで、あんなに違うものなんですね!?

年齢を重ねても、キレイになろうと努力している感じがして、好感がもてます」(45歳男性/飲食店経営)

 

今よりも少しでも美肌になるべく、自分の肌に合うスキンケアを模索する努力は、“結果”が目に見えてくると男性からも「いいじゃん!」を得やすい美容努力に。

肌トラブルを、年齢のせいで諦めてしまう女性も少なくないけれど、40代は、努力をすればまだまだ実る世代です!

 

狙いどおりに男からの「お!いいね!」が得やすい美容努力3:冬場でも怠らない全身のムダ毛処理

「これまで付き合った女性は、寒い時期になってくるとムダ毛処理をしない子が多かったので、女性はみんなそんなものなのかと思っていたんですが、今の彼女(41歳)は、毎年、肌の露出が減る季節でもちゃんと全身の処理をしていて、好感がもてます。

女性の肌に触れたときには、やっぱりツルスベのほうが心地いいし、どんなに柔らかいムダ毛でも、あの独特のモジャっとした質感は、女らしさからはほど遠いので……(笑)。

冬でもきちんと処理しているのがわかると、うわべだけじゃない女性らしさや、美意識の高さを感じます」(42歳男性/金融)

 

夏の間は入念にムダ毛を処理していても、寒くなってくると「見えにくいから、まぁいいか」となってしまう女性は少なくないもの。

しかし“見えない部分に手をかけている”という姿勢は、男性からの高評価も得やすく、触れたときにつるんとしている肌だというだけで、女性らしさを感じ、感激してくれるメリットまで期待できるようです。

 

どんなに必死になっていても男性の心に響かない美容努力もあれば、ちょっとしたことなのに「お!いいじゃん!」といたく感激してくれる努力も。

男性は「僕のために美しくいようとしてくれている」を感じると女性を愛おしいと感じる傾向もあると言われるだけに、意中の男性やパートナーをキュンとさせたいかたは、ぜひご参考に。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むに…

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲…

「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パターン

女性は「美しく見せたい」と努力しているつもりでも、男性視線だと「いや、ナシでしょ!」と思いがちな美容もあります。そのなかには「若い子がしているのはかわいいけど、…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」につ…

シビア! 「失礼ながら老け顔…」と男が思う40代の美容悪グセ3例

深い仲になれば、男性からは、パートナーである女性の“内幕”も垣間見えるのが常。そして40代女性と交際、あるいは結婚関係にある男性たちの中には「俺のパートナーは、やる…

ベースメイクは本当に年齢が出る!若見えする肌づくりの「3大べからず」って?

ベースの仕上がりは、メイクの中でも年齢が出やすい部分。工程を削ぎ落とした時短メイクを心がけていたとしても、若見えを狙う肌づくりには欠かせないポイントがあります。…

フレンチネイルでも不評に…!? 男ウケ最悪な40代女性の「爪」3大NG

婚活を意識しているタイミングではなくとも、職場や取引先の異性から「ダメなオバサンっぽいなぁ」なんて思われるのは、できるだけ避けたいところ。男性から「これはなしだ…

植松晃士 ご注意!「生活感ある」オバ髪にならない方法

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回のコラムを読んで、さっそくセールに行った方はいらっしゃるかしら?ぜひ、新しいアイテムでフレッシュな自分を見つけてください…

「ごめん…汚いオバサンにしか見えないかも」男が嫌悪感を抱く40代女性のメイク3例

メイクの仕上げ方によって「この人って、こんなタイプなんだろうな」を推測される要素になるのも実情。パッと見たときに「イケてないメイク」だと感じさせてしまえば、男性…

ズバリ!お金が貯まらない人の「ポーチの中身」ありがちな3大NG

「お金が貯まらない……」が口グセのようになっている人には、生活習慣にも共通点があると言われています。40代ともなれば、それなりに収入も安定し、趣味や遊びにかけるに十分な稼ぎがある女性も少なくありませんが「…

男に「抜け感」は伝わらない! 「不健康そう」と思われる40代女性のメイク3選

メイクの仕上げかたによって、健康そうな印象にもなれば、残念ながらも不健康なイメージが強まってしまうこともあります。私たち40代は、その日の体調や天候、気温によっても肌の調子や顔色がすぐれない日も多い年代…

それはナシ眉…!男が「苦手」と感じる40代女性の眉3パターン

眉は顔の印象、ひいてはその人の印象までも左右すると言っても過言ではないほど、メイクにおける重要なパーツ。しかも、手をかけているからと言って「好感度が上がる」とは言い切れず、むしろ手をかけるポイントが少…

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

これはダメ…男が一瞬で「遠慮します」と我に返る40代独女のニオイ

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事