さすがにヤバくない…? 男が心底引いた40代女性の「クリスマス」NGエピソード

毎年のことながら年末は、クリスマスに年越しに……と、イベントが目白押し。

恋人がいる多くの女性には、1年のうちでも心踊る時期のひとつでもあるかもしれません。

いくつになっても「クリスマス」と聞くと、思わずワクワクしてしまうのも女心ではありますけれど、そんな40代女性の姿を見て「さすがに、いい歳してヤバいんじゃないの!?」と戸惑いを隠せなかったという男性もチラホラ。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちが「さすがに引いた」と口にした40代女性のクリスマスにまつわる言動を3選ご紹介します。

 

さすがに「ヤバいオバサン」にしか見えないクリスマス1:“年齢”を理由に妙な温度差を出す

「いま、バツイチ同士でお付き合いをしている42歳の彼女がいるんですが、彼女はとにかくイベントにこだわるタイプ。

クリスマスは確かに大事なイベントだけれど、僕は40代ともなれば、体力的にも落ち着いて過ごしたいのに、雑誌に出てくるような豪華なプランじゃないとイヤだって、駄々をこねられて困っています。

『40にもなって、ショボいクリスマスなんてみっともない』とか『職場の若い子たちよりゴージャスじゃないと、恥ずかしい』って言うんですけど、そのプライドいらないですよね?

ちなみに、前に付き合っていた子は逆に『40代にもなって、クリスマスに浮かれるなんてバカバカしい』ってほうのタイプで、無理にいつもどおりに過ごすよう強要してきました。

どっちも“40にもなって”って前置き、いらないんじゃないですかね? 極端で疲れます」(46歳男性/IT企業役員)

 

年齢を重ねると、イベントごとに対し「40なんだから○○」と、“歳”を引き合いに自分のポリシーを押しつけがち?

いずれの場合も、彼との極端な温度差が生じてしまうと「面倒くさいなぁ」と思わせる引き金になるのは間違いないのかも。

 

さすがに「ヤバいオバサン」にしか見えないクリスマス2:子供のサンタ役を押しつけてくる

「もう別れた彼女の話ですが、去年のクリスマスには、いきなり子供のサンタ役を押しつけてきて、密かにドン引きでした。

その子は、43歳のシングルマザー。

クリスマスを子供と一緒にみんなで過ごそうってところまでは賛成だったんですが、なんと僕の意向も聞かずに『じゃあ、あなたはサンタね!』って指示をしてきて、やれサンタの衣装を買ってこいだの、枕もとのプレゼントを用意しろだのって言ってきたんですよ……。

水をさすのも悪いんで、言われるがままにしましたけど、僕としてはその子との結婚を考えていたワケでもなく、子供の父親になるつもりもなかったんで、その強引な押しつけかたに驚きましたね。

結局、それからしばらくして、別れちゃいました……」(46歳男性/工場経営)

 

子供のいるシングル40代だと、聖夜はみんなで一緒に過ごすのも素敵なプラン。

しかし、“父親役”を本人の意思を無視して押しつけてしまえば「話が違う!」と思う男性もいるのが実情です。

 

こういう人いますよね……次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事