【九星フラワー占い】一白水星の1月の運勢は「人気運が絶好調!助けも多い」

この1月は、2018年中にうまくいかなかったことを、もう1回やり直し挽回するチャンスの月。色々にもススっと進むかもしれません。そして後悔を残さないことが、2019年全体の運気アップにもつながります。

※一白水星の生まれ年は1963年、1972年、1981年、1990年です。

 

あなたがきっかけで、すべきこと・特技が見つかる人も!

2018年に一白水星がすべきだったことは、5年前程まえから積み上げてきたことを1つの形にまとめるということでした。

リーダーとして忙しい日々を送った、もしくはリーダーシップをとっている人の助けがあったという人は、運気に乗って活躍できた人たちだったと思います。

物事の流れが滞りがちな2019年、本格的に始まる前の1月は、とても軽やかに動ける月です。

軽やかというのは誰にとっても。ですから、「あ、まだできていない」と思うことがあれば、人に声をかけて、リーダーシップをとり、それに取り組んでみてください。

気がやさしく、「頼んだら悪いかな」と思ってしまう一白水星は多いかもしれません。

けれども、あなたが頼んだことから、その人がすべきこと、意外な特技が見つかり、新しい動きが生れることもあります。ですから、遠慮はしないで。

 

仲間と進んでいく、その練習をしておいて

あなた自身、色々な人から声がかかり忙しい月になりそうです。

誘いや頼まれごとがあまりに多くて、「こんなにこなせない」と思うかもしれませんが、すべて具体化するとは限りません。

けれどもノリがいい人だと思われておいたほうが、人気運が高まるので、できるだけ断らないでください。それに、助けてくれる人もいるはず。

人に助けてもらいながら進んでいく、これは2019年のテーマでもあるので、今から練習しておくといいでしょう。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、今月は9つの星の中で最もチャンスが多いと言えるでしょう。

飲み会などで話が合った人は、向こうも好印象をもっていて、その後も声をかけてくれそうです。ですから、楽しそうに話を聞くことがチャンスを呼ぶということです。

人前で「〇〇さん、いいよね!」と声に出して言われると、照れたり、お世辞かなと思いがちな一白水星ですが、「うれしいです」とストレートなリアクションを。

案外相手はアピールとして言っていたりします。

逆にこっそり「このあと2人で消えない?」といったこっそり口説いてくる相手の方が、注意が必要です。

金運ですが、ちょっとビックリするようなタイミング、相手から臨時収入が入るかもしれません。

飲み代はケチらないのが、さらなる金運アップにつながります。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは鮮やかなブルーとオレンジです。時計のオシャレもおすすめ。今月は遅刻がチャンスを逃し、大きなダメージになるので、注意してください。

ラッキーパーソンは、社交的な後輩、年下の男女です。彼らは、あなたが頼まなくてもあなたのことを周囲にPRしてくれそうです。

楽しいコミュニケーションがとれそうな一方で、口論になるとヒートアップしそうなので、先に謝ってしまいましょう。

コミュニケーションのトラブルが、年下以外の人とも起きた時は、やはり謝ってしまうのが無難です。

ラッキーフードは、レモンをたっぷり絞ったハイボールです。新年会は、リッチなレストランより居酒屋のほうが運気を高めてくれます。もちろん飲むのはハイボールで!

 

水仙の花が象徴する一白水星の魅力とは

「水仙」という漢名は、この花が水辺にいる仙人のようであったからと言われています。すっと背筋が伸びているのに、うつむきぎみ。何か物を思うような姿は、一白水星の女性の思慮深さや清潔な色気とシンクロしています。水仙は、冬に球根を埋め、冷たい空気にさらされないと春に花咲くことができません。一白の女性も冬のような苦しい状況を乗り越え、希望を抱き続ける、柔軟な生き方と芯の強さがあり、それが人を惹きつけます。花言葉は「自尊」「私のもとに帰って」。

★全体運を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク