【完全解説】メール文末の「ご自愛ください」正しい書き方バリエとNGなケースは?

たとえ形式的なこととは分かっていても
「寒さ厳しき折、ご自愛ください。」
このような言葉が文末にあると、相手の気遣いがほんのり感じ取れます。

でも、こういう形式的な言葉ほど、バリエーションがほしいときはありませんか?
今日は、そんな時に便利な「ご自愛ください」文の作り方を伝授します。

 

そもそも「ご自愛ください」の意味は

「自愛」とは読んで字のごとし「自分を愛する」ことです。つまり「ご自愛ください」とは「自分を愛してください」という意味です。
普段は仕事のことで頭がいっぱいの相手。しかも私もこうして何かをお願いするようなメールや、何かを伝えるような手紙を送りつけている状態。そういう相手に「お仕事や雑事に一生懸命でしょうが、自分のことも大事になさってください」という意味をこめて使います。具体的には「ご自分の健康に留意してくださいね」「ご自分の体に気をつけてくださいね」ということです。
このように、相手を思う気持ちにあふれた言葉ですので、メールや手紙の結び部分で使用されるというわけです。

 

大前提1・病気の人に使うのはNG

「ご自愛ください」は、相手を思いやる言葉ですから、立場に関係なく使うことができます。老若男女分け隔てなく使えますし、会社宛など、相手が複数いる場合にも使える便利な言葉です。

特に、相手をいたわる意味が強いので、同年代、同じ立場の人というより、年上の人、目上の人に積極的に使う傾向が見られます。ところが、いくら「いたわる」と言っても、病気の人には使えません。どちらかというと、もともと元気なことはお互い周知の上で、でも「その健康を崩さないよう、気をつけてくださいね」というような状態の時に使うものです。ですから、病気の人、体調が良くない人に向けてはタブーな言葉です。このような人たちには使わないように気をつけましょう。

 

大前提2・「お体ご自愛ください」は二重表現なのでNG

もともと「自愛」には「自分の体を大切に」という意味がありますから、「お体にご自愛ください」は「お体に気をつけて自分のお体を大切に」のように二重の意味になってしまいます。これは「頭痛が痛い」と同じです。言葉に気をつけている方や、年配の方の中には、とても気になるという人もいるので注意しましょう。

 

大前提3・よくある誤変換「慈愛」にも注意

パソコンなどで入力する場合、文字の自動変換にも注意です。さすがに「ごじあいください」で「慈愛」は出ませんが、何かのきっかけで「じあい」だけを打ち直す場合、「慈愛」が出てくる時もあるので注意しましょう。「慈愛」は「慈(いつく)しみを注(そそ)いでかわいがる愛」です。それを「ください」ですから「あなたの愛をください」という意味になり、「ご自愛ください」とは全く逆の意味になります。注意しましょう。

 

正解!「ご自愛ください」の使い方のコツ

さて、本題です、この「ご自愛ください」はワンパターンになりがちです。それを打破する為には、次の方法が便利です。
それは「マイナスイメージのある時候の言葉」を利用する方法。時候の挨拶に付ける季語がそのまま使える方法です。
時候の言葉というのは、例えば1月なら「新春の候」「厳寒の候」「寒さ厳しき折」という言葉です。そのうちマイナスイメージのある言葉、例えば「厳寒の候」や「寒さ厳しき折」などを「ご自愛ください」に付けます。ただ付けるのではなく、理由も付けます。

つまり

時候の言葉+理由+ご自愛ください

というパターンです。

先ほどの1月の例で言えば

  • 厳寒の候、お風邪など召されませんよう、ご自愛ください。
  • 寒さ厳しき折、体調を崩されませぬよう、ご自愛ください。

こんな感じです。また「理由」を付けずにシンプルにしたい場合は「どうぞ」という言葉が便利です。

  • 厳寒の候、どうぞご自愛ください。
  • 寒さ厳しき折、どうぞご自愛ください。

時候の言葉は、ネット検索でも出てきますし、Wordなどでは「挿入」「あいさつ文」で出てきます。便利な世の中になりました。その中から少しマイナスイメージのある言葉を選ぶと良いでしょう。「気をつけて」という気持ちにつながるからです。
また、その季節独特の「本格的な冬がやってまいりました。」「風邪が流行っております」などの言葉を入れるとぐっと良くなりますね。

 

季節ごとのポイント

春 3、4、5月

天気が変わりやすい時期、冬に逆戻りをする日もあります。

  • 春とは言え、まだ寒い日もございます、どうぞご自愛ください。
  • 冬の名残もまだ去りやらぬころ、どうぞご自愛ください。
  • 軽暖の候、どうぞご自愛ください。

夏 6、7、8月

梅雨、蒸し暑さ、酷暑など、健康に気遣う要素が増える季節です。

  • 向暑のみぎり、どうぞご自愛ください。
  • 暑さが厳しくなってまいりました。どうぞご自愛ください。
  • 酷暑の候、どうぞご自愛ください。
  • 残暑厳しき折、どうぞご自愛ください。
  • 厳しい暑さが続きますが、どうぞご自愛ください。

秋 9、10、11月

残暑が残り、夏の疲れが出ます。また、季節の変わり目でもありますし、寒くもなります。

  • 季節の変わり目、どうぞご自愛ください。
  • だんだんと寒くなって参りました。どうぞご自愛ください。
  • 氷雨の候、どうぞご自愛ください。

冬 12、1、2月

本格的に寒くなってきます。体調を崩しやすく、風邪が流行ります。

  • 心せわしい年の暮れですが、どうぞご自愛ください。
  • 寒さ厳しき折、どうぞご自愛ください。
  • 余寒なお厳しき折、どうぞご自愛ください。

 

「ご自愛ください」の言い換え

何通も送っている場合、ワンパターンのように感じてしまう場合もあります。ほとんどこちらの思い過ごしですが、それでもパターンを変えたい場合は、「ご自愛ください」の代わりに同じ意味の言葉を使ってみるのも良いでしょう。

  • お体お気を付けください。
  • お体を大事になさってください。
  • ご健康を心よりお祈り申し上げます。
  • お疲れが出ませんよう、お体をお労りください。
  • お体をおいといくださいませ

「ご自愛ください」は相手をいたわる気持ちが伝わる言葉です。そして「終わりよければすべてよし」の言葉にあるとおり、メールや手紙の結びの部分にある言葉は、強く印象に残ります。こつをつかんで、是非、積極的に使ってくださいね。

 

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

「さかあがり」って書けてる?みんなが間違えがちな漢字の書き方10選

さかあがり。坂を上るわけではないので、「さかあがり」の「さか」は「坂」とは書きません。ではどう書くのでしょう?今日はそんな熟語を10個集めました。1・子どもの頃は、日が暮れるまでさかあがりの練習をしたも…

「きゅうきゅうしゃ」って書ける?意外とみんな間違える漢字

今日は読めるのに、書けそうで書けない熟語を集めました。いざというときに「あれ?どう書くんだっけ?」と慌てないよう、しっかり準備しましょう。下線部のかなを漢字に直しなさい。そう、漢字テストですよ(笑)1・…

「往来」じゅうらい?みんなが間違えがちなNG日本語10個

なんとなくこう読むのかもなーと思いつつ、しっかり確かめなかったがために、いざという時に恥ずかしい読み間違いをしてしまうこともあります。今日は意外と読み間違いの多い熟語を集めました。この機会にチェック!…

「強面」ごうめん?間違えてたら赤っ恥すぎる日本語のNG読み10

目で見る分には意味が分かるからと、正確な読みを気にとめなかった熟語ってありますよね。いざ、音読しなくちゃいけない時に、とんでもない読み間違いをして、恥ずかしい思いをしないようにしたいもの。今日は、よく…

「牛車」はぎゅうしゃでOK?意外に間違える日本語の読み10

今回は「説明」に、ちょっと為になるワンポイントアドバイスを入れました。間違いも正せて為にもなる、そんなコラムをどうぞ。1・意訳読み間違いの例いわけ正しい読みいやく意味原文の一語一語にこだわらず、全体の…

「大舞台」だいぶたいで合ってる?みんなが間違える日本語の読み

読み間違いしやすい漢字を集めたコラムは世の中たくさんありますが、何回も見てしまうのは、うろ覚え、覚え切れていないからかと思います。国語教師としては、そのあたりの工夫を凝らしてみたいもの。今日は、例文を…

「押印」おういん?簡単なのに読み間違える漢字10選

この原稿を書いている日は五月ですが、空は快晴です。とても気持ちの良い晴天です。しかしここで「五月晴れ」と書いてはいけません。この「五月晴れ」を「ごがつばれ」なんて読んではいけないし、しかもこの言葉は「…

「役務」って正しく読めてる?簡単なのに間違える漢字10選

新元号に変わり「令和」となりました。この「令」という文字は、フォントによって形が違います。万葉集が出典だったこともあり、日本語に興味が集まっているようです。今回も、誰もが知っている漢字を使っているのに…

「一段落」は「いちだんらく」?知らないと恥かく読み間違え10選

元号改正で再び漢字に注目が集まっています。誤読をした政治家が立たされるなど、ヒヤヒヤする場面も。今回は、誰もが知っている漢字を使っているのに、誤読の多いものを選んでみました。1・一家言読み間違いの例い…

合いの手は「入れる」?「打つ」?意外と曖昧な言葉5選

言い回しが何だかとっても似ていて、もうどっちが正しいか分からなくなってしまった言葉はありませんか? そんな言葉の中から、間違いやすい曖昧な言い回しを5つ選んでみました。解説も付けましたので、今日、この5…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事