「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

全体の平均額は、なんと1,209万円!

160507easami004

なんとビックリ、日本人全体の金融資産保有額の平均は1,209万円という数字が発表されました(金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査』 2015年版・二人以上世帯より)。この数字を見て「みんな、そんなにたくさん貯めてるの!?」と驚いたことでしょう。ちなみに金融資産保有額とは、預貯金のほか、生命保険、株式、投資信託なども含めた金額です。

 

気になる40代の平均額は594万円!

160507easami002

「貯金1,000万円なんて全然ない! このままじゃ私は下流老人になっちゃうかも……」と不安になったかもしれません。でも、安心してください。年代別の平均金額を見ていくと、以下のようになります。

20代・・・189万円

30代・・・494万円

40代・・・594万円

50代・・・1,325万円

60代・・・1,664万円

70代以上・・・1,618万円

40代としては、平均1,209万円という数字よりだいぶ現実的に感じますよね。でもちょっと上の世代である50代の金額を見ると……1,325万円!!!

 

40代は貯金額を増やしていく世代!

160507easami001

40代と50代の貯蓄額の差はなんと731万円もあるのです。ということは、40代からこそ貯金額を増やしていかねばならない時期といえます。もし10年間でこの差額731万円を増やすなら、毎年73.1万円を貯金していくということ。毎月で考えれば6.1万円……かなり大変な数字ですよね。

 

普通を知りたいなら「中央値」をチェック

先ほどの数字はあくまで「平均値」です。平均値というのは、ものすごく貯蓄額が多い世帯が一部いるだけで数字がグッと上がってしまうものです。なので、普通がどのくらいかを知るには「中央値」をみたほうがリアル。中央値とは、調査世帯を保有額の少ない順に並べたとき、真ん中に位置する世帯の金融資産保有額のことをいいます。

 

40代の中央値は200万円だった!

160507easami003

それでは、貯蓄額の中央値を各年代別にみていきましょう。

20代・・・68万円

30代・・・213万円

40代・・・200万円

50代・・・501万円

60代・・・700万円

70代以上・・・590万円

だいぶ安心したかたも多いのではないでしょうか? とはいえ、これで見ても40代と50代の差は301万円。10年間で増やすなら毎年30.1万円、毎月2.5万円を貯金していくということです。平均値の額よりだいぶ現実的ですが、それでもかなり計画的にやっていかないとならないペースですよね。

 

実は貯金がゼロの人もかなりいる

160507easami005

「そもそも200万円の貯金もない」……というかたもいるでしょう。最後にこの調査では、金融資産を保有していない世帯=貯蓄がゼロの世帯の割合も出されているので、これも年代別に紹介しましょう。

20代・・・36.4%

30代・・・27.8%

40代・・・35.7%

50代・・・29.1%

60代・・・30.1%

70代以上・・・28.6%

実はどの世代でも約3割は貯蓄がないということがわかります。40代でも貯蓄ゼロの世帯が35.7%いるのです。この数字をみてどう捉えるかはあなた次第。

 

まずは40代の中央値200万をめざすのか、平均値594万をめざすのか。それとも全体の平均値1,209万をめざすのか。この機会に自分の目標貯金額を考えてみてはいかがでしょうか。

 

■コチラもおすすめ!

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

めんどくさがりズボラ女子でも、1年で貯金100万を達成できる3カ条

 

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク