おばさんの境目は45歳! しかし年齢だけでない“おばさんジャッジ”の要因

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。世の中には、面白いアンケート調査がいっぱい。私も仕事柄様々なアンケートに目を通すのですが、最近ではBIGLOBEが発表した「年齢に関する意識調査」が実に興味深い内容でした。中でもエエエ!? と驚いたのが「『おばさん』だと思うのは何歳から?」という調査結果。さて、その驚きの結果とはいかに…!?

 

「おばさんだと思う年齢」ランキング、“30代”は少数派!?

同調査では、10代から50代の男女1358人を対象にアンケートを実施。「『おばさん』だと思う年齢は何歳?」と質問してみたところ、ランキング上位には「40~44歳」「50~54歳」「60歳以上」が並びました。ちなみに回答の平均年齢は、45.4歳という結果に。

 

個人的にビックリしたのは、ベスト3にランクインするであろうと思っていた“30代”が意外にも少数派だったこと。私の記憶によると、30歳手前で周りから「もうすぐおばさんの仲間入りだね」とよく声をかけられていたものですから。まぁ今思うと遠い昔の話ですが…。

 

実際にネット上には、「30過ぎたら、もうおばさん」「個人的に34歳から一気におババまっしぐら」と“30代=おばさん”説を唱える人がチラホラ。しかしその一方では、「40歳までは努力で何とかなる。それを過ぎたら、もう…」「私も来年45歳だけど、本当に最近急に老けてきた。悲しいけど45歳がリミット」と納得の声がたくさん。長い間巷を騒がせてきた「おばさんの境目問題」は、“45歳”が妥当な答えなのかも?

 

おばさんを計る物差しは“年齢”だけとは限らない!?

とはいえ、たとえ年齢が45歳を過ぎていても「おばさん感」のない女性はゴロゴロいます。芸能人でいえば、森高千里さん、永作博美さん、松雪泰子さんなど。3人ともアラフィフ目前というのに、おばさんの「お」の字すら感じさせません。

 

では、なぜこんなにも彼女たちは年齢を感じさせないのでしょうか。もちろん美貌も大きな要因のひとつでしょうが、私が思うにその答えは「仕草」や「雰囲気」に隠されていると思います。

 

現に若く見える女性の特徴を“全体の雰囲気”と語る記事は多数存在。とある記事によれば若い印象を与える人は、「健康的でスラっとした印象」「動きがキビキビとしている」「活発な雰囲気でよく笑う」などが特徴なのだそう。確かに永作さんたちは、どの項目にも当てはまるイメージですよね。

 

さらに“仕草”に関しては、自分にとってなんてことのない言動が「おばさん」要因を作り出している可能性も。例えば食事の際に、歯茎についた食べ物を舌で取ろうとしていませんか? 他にも笑う時に手を叩いたり、飲みに行った時に隣の席の人とすぐに溶け込んだり…。実はそれら全部、年下から“おばさんと思われている瞬間”です。

 

とどのつまり、おばさんを計る“物差し”は何も年齢だけじゃないということ。仕草や雰囲気でおばさんかどうかをジャッジされている可能性もあるので、年下と時間を共にする際にはくれぐれもご注意くださいね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

まだほんの序章に過ぎない…?“2019年の値上がり商品”コレだけは押さえておけ!

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。2019年は早くも“変化の年”になりそうな予感。元号や消費税などあらゆるものが変わりつつありますが、中でも私が注目しているのが“物価の値上げ”。人気テーマパークから…

ブーツカットはもはや時代遅れ!? 世間から“痛い”と思われる「勘違いファッション」

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。ファッションは、女性をより輝かせるマストアイテム。しかしその着こなし方を1歩間違えると、自分の意志に反して“マイナスの効果”を生み出してしまう可能性が。「体型…

70代の親を持つアラフォー世代必見! 緊急時に大活躍する“命のバトン”って何?

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。みなさん突然ですが、「命のバトン」ってご存知ですか? 70代の親を持つ方必見のアイテムなのですが、知っている人はほんの一握り。かくいう私も、最近になって知りま…

マツコも思わず「応援してねーよ!」 ボディビル大会のかけ声が独特すぎると話題

筋肉が好きな人もそうでもない人も、見事なマッチョに目を奪われてしまった経験はありませんか。最近ではマッチョの筋肉だけでなく、マッチョを応援するための“かけ声”が話題に。今回はネット上で大きな注目を集める…

話題の漫画家・柴田亜美の極限美容に見る「51歳美女のつくりかた」

「南国少年パプワくん」(エニックス)や「自由人HERO」(集英社)など、数々のヒット作を手掛けた超人気漫画家・柴田亜美さん。10月30日放送の「ザ! 世界仰天ニュース」(日本テレビ系)に出演し、その相変わらず…

3兆円以上の効果がある?日本を動かす「オンナの宴」の実態

男子禁制の秘密の花園“女子会”。その経済効果は約3兆7000億円に上り、2020年東京オリンピックの経済効果を大きく上回ると言われています。今や日本経済を動かしている“女子会”ですが、なぜここまで著しい成長を遂げ…

ネコは他の動物に比べて研究が進まない…その “ネコさまらしい”理由って何?

今、世の中は空前の猫ブーム。昨年の猫の飼育数が永遠のライバル・犬を初めて上回り、SNS上では可愛い猫の画像をアップする“ニャンスタグラマー”が急増しています。そんな多くの人々を魅了し続ける猫ですが、10月11…

合コンの時代はもう終わり!? 人気急上昇中“マッチングアプリ”の実態を徹底追及!

「理想の人に出会いたい」という男女の切実な願いを叶えてくれる“マッチングアプリ”。10月10日放送の「ねほりんぱほりん」(NHK)では“マッチングアプリにハマる人”をクローズアップし、その人気の秘密と実態につい…

BMIを広めたのは保険会社の陰謀? 林先生も驚く衝撃事実

ダイエットに取り組む際、気になるのが体重と体脂肪率、そして“肥満指数”とも呼ばれる「BMI」ですよね。しかし今年10月に放送された「林先生が驚く 初耳学!」(TBS系)では、“BMIは金儲けのために広められた適当な…

「だめんず・うぉ~か~」作者が教える“こんな男に気をつけろ”

「だめんず・うぉ~か~」(扶桑社)で知られる漫画家の倉田真由美さんが、10月8日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に出演。“だめんず”に騙されないための方法を教えてくれました。だめんずを見分けるプロフ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事