顔のたるみは「線」で攻略!40代が重視すべき3大メイクポイント

女も四十路を超えてくると、たるみが気になってくるものです。フェイスラインがたるみ、ほおが下がり、まぶたがたるみ、目尻が下がり……。鏡を見ればあらゆるところがたるんで下がってきています。試しに鏡を見ながらポニーテールをしてみましょう。目尻がちょっと上がってキリッとしませんか? それがあなたの十年前くらいの顔。その顔にはなかなか戻れませんが、メイク次第でたるんだ顔をキリッとさせることはできます。ポイントはズバリ、「線」を! アンチエイジングメイク講座・たるみ編を始めます。

 

なんだか顔がぼんやりしたかも

160529easami001

メイクを落としてすっぴんになると「顔に締まりがない」「顔がぼんやりする」と感じませんか? それは10年前や20年前はあまり感じなかったはず。なぜ顔に締まりがなくなるかというと、皮膚がたるんでいるからです。エイジングとともに顔には締まりがなくなってしまうのです。顔に締まりがないなら、メイクで締める部分を加えるしかありません。そこで重要なのが「ライン」メイクです。

 

1 目元はアイラインで引き締める!

まず最初に攻略すべきは目尻が下がってぼやけた目元をライン(線)で締めること。まつ毛とまつ毛の間を漆黒のアイライナーでていねいに埋めていきます。まつ毛の上ではなく、あくまでもまつ毛の間! まつ毛の間が黒で埋められていないと、ぼんやりとした目元になります。ただし下まぶたはラインを入れないこと。目の重心が下がってエイジングが進みます。

そして目尻は軽くハネ上げること! 若い女子の間では「愛され顔はタレ目メイク❤」なんて言ってるかもしれませんが、加齢で下がっている目尻をこれ以上下げる必要はありません。オトナの目尻はNOTタレ目メイクです。

 

2 眉を濃いめブラウンで引き締める!

160529easami002

次にやっていただきたいのが眉。顔に締まりをつくるのですから淡いブラウンではいけません。濃いブラウンのペンシルやパウダーを使うのが望ましいです。できるだけ顔の余白を減らしたほうがキリッとした顔になるので、眉間もあまり広くあけないほうがシュッとします。

また、眉の形もできるだけストレート気味に描きましょう。曲線より直線のほうがシャープに仕上がるため顔が引き締まります。そして、太さはもちろん太めに。まぶた側に太めに描くことでまぶたのたるみによって生じた余白も埋まります。

 

3 口角だけラインで引き締める!

160529easami003

そして最後に口元。ほおがたるんで下がってくると、自然と口角も下がってきてしまいます。その口角をリップブラシを使ってキュッと上がり気味に描きます。唇全体にリップラインをとる必要はありません。描くのは口角だけでOK。口角を上げた口元にすると、フェイスラインが引き締まって見えます。いまどき女子の「おフェロメイク」では唇をボヤッとしたものに仕上げるそうですが、オトナには禁物。だらしない唇と紙一重です。

また、色も重要。ヌーディなカラーや淡いカラーは唇と肌の境界がわかりにくいので、いくら口角を上げたリップラインを描いても上がったように見えません。色がハッキリしているほうが口元が締まります。赤リップやくっきりオレンジリップがオトナの女性にはおすすめです。

 

というわけで、アイライン、眉ライン、リップライン。たるみが気になる世代のメイクは「線」を極めて引き締めることが重要なのです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ほうれい線はその起点「小鼻の横にある溝」からケアして!シワ対策は【Katsuyoの顔筋ケア#3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

CAに学ぶ!「好感度」がグンと上がる3大モテ色メイク&モテ笑顔のコツ

こんにちは。今年もオトナサローネ読者の「モテ力」アップのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて、バランスが悪いほうに傾きつつある…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

プチプラ? デパートで買う? 40代からの「コスメ選び」の正解とは【メイク編】

今はコスメもお財布に優しいプチプラからヴィジュアルから凝っているデパコスと幅広くあります。全部プチプラという方もいますし、デパコスでなければ満足できない方もいる…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

シミそばかすを隠してツヤがほしい! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ベースメイク編】

メイクの中で一番関心があるのが、個人的にはベースメイクです。20代のときは肌の赤み、30歳前後は大量のニキビとニキビあと、30代後半からはシミやそばかす。つまり「ナチュラルに悩みを隠すこと」が私のベースメイ…

こりゃダメでしょ! 婚活女子がやってはいけない「ざんねんな婚活」3つのこと

前代未聞の婚活本がついに発売されました。『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』。2年間、婚活をやったうえでの残念な婚活エピソードが紹介されています。その著者、リアルに婚活をやっている婚活コラムニストの…

#123 ギュッと手を触れられて…。2回目デートに起こったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はすでに9年を超えている恋愛ご無沙汰女子。40代にして婚活を始めたが、実りのないまま2年が経過した。以前、仕事で名刺交換をしたことがある(と…

ほうれい線と唇の縦ジワによかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・パーツケア編】

ここ1年、ふとしたときに撮られた自分の写真や動画で話す自分を見て、めちゃめちゃ気になるようになったのがシワです(苦笑)。年を重ねるうえで仕方ないことだと受け入れていますが、できるケアはやろうかな、と。…

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

40代になって明らかに肌から減っていると実感するもの、それはツヤと血色感です(苦笑)。肌診断をしてもらうと、水分はわりとあるほうなのですが油分は少なめ、血色もあまりよくないんです。そんなわけで、チークや…

「ツルツル肌」になりたい!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

30歳前後のとき、ものすごく大人のニキビに悩まされました(詳しくはコチラ)。ツライ思いをしただけにそれ以降は、いかに肌をなめらかに保つかを重視。ニキビはもちろん、ザラつきがなく、うるおっていること。つま…

ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな、と思うのです。絶賛、婚活中でもあるので…

「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。特にメイクアップ…

#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のそれと違って一筋縄ではいかない──。46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。49歳・バツイチの男性・ジェントルさんにほんのりときめくが、ゲイかもしれない彼がどういうつも…

その洗い方、不十分かも! 40代からの「シャンプー時の新習慣」とは⁉

「髪は女の命」と昔から言われていますが、40代を迎えてからあらためて髪って老けるんだなぁと感じています。ツヤがなくなったり、白髪が増えたり……。そこで重要なのはやっぱり頭皮ケアです。シャンプーやトリートメ…

[PR]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事