40代になったら「確実に手元に置いておきたい!」メイクが劇的に良くなる3大メイク道具

メイクの仕上がりは、使うお道具によっても左右されがちです。

アイシャドウやリップなどのパレットに付属しているグッズだけでもメイクそのものはできるけれど、40代の悩み多き肌にピンポイントで微調整を入れていくなら、使い勝手のいいアイテムを手もとに置いておくに越したことはありません。

「そうは言っても、何から揃えればいいのか、わからなくて……」な40代女性のみなさま、春の訪れを感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、40代になったらぜひ手もとに置いておきたい“メイクの出来がアガるお道具”のお話です。

 

あるとないでは大違い!40代の悩みに応える意外なお道具1:シリコンのアイシャドウチップ

 

シリコンでできているアイシャドウチップは「デイリーメイクは、一般的な毛でできているアイシャドウブラシを使っている」という人でも、手もとに置いて損はない便利アイテム。

シリコン状なので、ブラシ部分にコスメが付きすぎることもなく、さらには「この目尻の1mmの幅に、この色を加えたい!」などの細かな調整にブラシよりも断然に重宝し、40代のメイクを格上げしてくれる存在です。

40代の肌は細かなシワや“くすみ”などのせいで、思うようにアイシャドウなどがのらず浮いたように見えたり全体的に粉っぽくなったりするのもありがちですが、そういうときにシリコンチップでメイクをすると、狙った箇所に的確にコスメを塗りやすく、本当に便利なのです。

使用するごとにティッシュなどでオフしておけば、過去に使った色がチップに残ることもなく衛生的。コスパ的にも文句なしだと思います。

 

 

あるとないでは大違い!40代の悩みに応える意外なお道具2:柔らかすぎない毛足の平筆ファンデーションブラシ

「柔らかすぎない毛足、かつ平筆になっていてサイズは小さめ」。この3つの要素を備えているファンデーションブラシは、凹凸やちょっとした肌荒れが気になりやすい40代肌には、あるだけで救世主になってくれる心強いお道具です。

指やスポンジで塗るときと異なり、凹凸のあるキャンバスに平筆で絵を描いていくときのような滑らかな使い心地が、メイクのムラを時短でも防いでくれます。

ファンデーションを塗るときだけでなく、コンシーラーやクリーム・ウォータータイプのチークを使う際にも、この小さな平筆ブラシがあると、いい具合になじませやすく、一般的なブラシで仕上げるよりも断然に馴染むから、一度使えば、その使い心地に感動する40代も多いはず。

一般的に「メイクアップブラシの毛は、柔らかいほうがいい」とも思いがちですが、このタイプのブラシに関して言えば、柔らかすぎず、ややコシが強いほうが、テクいらずで微調整が叶いやすく、1本目に最適だと思います。

 

このアイテムこそこだわりを持つと、40代のプチ悩みに役立ちます!

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよ…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

40代のセルフ美容は「電動」がキーワード!? 時短美容もかなう名品3選

最近の美容アイテムの進化は目覚しく、多くの優秀な電動アイテムも続々と登場中。40代の美容では「賢く、満足度高く、効果も欲しい!」なよくばり女性も多いだけに、アナログ美容に限界を感じたら、セルフ美容にも電…

「このオバサン、タチが悪そう」と思われる40代独女のNGコミュニケーション3例

40代になると、若い頃よりも、恋愛には自然体で向き合えるようになる人も少なくありません。しかしあまりにも自然体すぎると「この女性、タチが悪いな……」と男性に引かれてしまうパターンもチラホラ。ひとたび「タチ…

あっという間にマイナス3歳!「わたし老けた?」と思ったら見直したいコスメの“色”3選

40代は、これまでと同じメイクを続けていても、鏡を見ながら「あれ? なんだか老けた……?」と感じる瞬間も多々。その日のコンディションによっても、雰囲気変わりがちではあるものの、もしかするとメイクの“何か”が…

【乾燥対策】40代がニベアとプチプラで対策するならどう組み合わせる?

そろそろ、全身の乾燥が気になり始めた季節。とは言っても、まだがっつりと乾燥対策するのには早いだけに、ゆるっと乾燥対策を始めるのが、今の時期の気分です。40代はプチプラを上手に組み合わせて、満足度の高いお…

男性が「あれ?この人老けた?」としみじみ思った40代女性の定番ヘアアレンジ3例

男性からの印象は、髪型ひとつで「老けたなぁ」にも「年齢よりも若く見えるなぁ」にもなるのが、実態。デートの日だけでなく、デイリーのちょっとしたシーンでも、その日のヘアスタイル次第で、残る印象はガラリと変…

即、マイナス3歳!40代におすすめの髪の若見えテク3選

「最近、老けてきた……」にお心当たりがある場合、その原因が、ヘアスタイルにある可能性も否めません。40代は、髪型ひとつで若見えもすれば老け見えもする年代だけに、老け顔を回避するなら、髪の印象も最重要課題。…

【40代のスキンケア】顔が老けてきた!? と思ったら見直すべきこと3選

鏡を見て「最近、老け顔が加速したような……?」と感じたり、メイクのりが悪くなったと思ったりしたら、デイリーのスキンケアを見直すべきタイミング。40代の肌は、気候や体調によっても左右されがちなだけに、ついこ…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例

薄毛や白髪などに頭を悩ませている40代女性ほど、アレンジしたヘアスタイリングが強い味方に。スタイリング次第で、コンプレックスをうまくフォローしてくれるだけに、年齢を重ねるにつれ、アレンジのバリエーション…

正直、気持ち悪い!男が苦手に感じた40代女性の「秋チークNG3選」

男ウケを狙いたいシーンだけでなく、ビジネスシーンで男性からの好感度アップを図りたいときにも、メイクによる印象は重要。秋は、夏までのメイクと比較して深みのある表情を狙う40代女性も多いけれど、男性から「気…

絶対ムリ! 男が一瞬で「この女性とは距離を置きたい」と感じた40代女性の会計マナー

デートと会計シーンは、切っても切れない間柄。それだけに、デートの終盤にいざお金を払う場面で、本性が現れ幻滅を招く……というのも、恋愛における“あるある”です。昨今は、男性がご馳走するシーンばかりではなく、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事