40代になったら「確実に手元に置いておきたい!」メイクが劇的に良くなる3大メイク道具

メイクの仕上がりは、使うお道具によっても左右されがちです。

アイシャドウやリップなどのパレットに付属しているグッズだけでもメイクそのものはできるけれど、40代の悩み多き肌にピンポイントで微調整を入れていくなら、使い勝手のいいアイテムを手もとに置いておくに越したことはありません。

「そうは言っても、何から揃えればいいのか、わからなくて……」な40代女性のみなさま、春の訪れを感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、40代になったらぜひ手もとに置いておきたい“メイクの出来がアガるお道具”のお話です。

 

あるとないでは大違い!40代の悩みに応える意外なお道具1:シリコンのアイシャドウチップ

 

シリコンでできているアイシャドウチップは「デイリーメイクは、一般的な毛でできているアイシャドウブラシを使っている」という人でも、手もとに置いて損はない便利アイテム。

シリコン状なので、ブラシ部分にコスメが付きすぎることもなく、さらには「この目尻の1mmの幅に、この色を加えたい!」などの細かな調整にブラシよりも断然に重宝し、40代のメイクを格上げしてくれる存在です。

40代の肌は細かなシワや“くすみ”などのせいで、思うようにアイシャドウなどがのらず浮いたように見えたり全体的に粉っぽくなったりするのもありがちですが、そういうときにシリコンチップでメイクをすると、狙った箇所に的確にコスメを塗りやすく、本当に便利なのです。

使用するごとにティッシュなどでオフしておけば、過去に使った色がチップに残ることもなく衛生的。コスパ的にも文句なしだと思います。

 

 

あるとないでは大違い!40代の悩みに応える意外なお道具2:柔らかすぎない毛足の平筆ファンデーションブラシ

「柔らかすぎない毛足、かつ平筆になっていてサイズは小さめ」。この3つの要素を備えているファンデーションブラシは、凹凸やちょっとした肌荒れが気になりやすい40代肌には、あるだけで救世主になってくれる心強いお道具です。

指やスポンジで塗るときと異なり、凹凸のあるキャンバスに平筆で絵を描いていくときのような滑らかな使い心地が、メイクのムラを時短でも防いでくれます。

ファンデーションを塗るときだけでなく、コンシーラーやクリーム・ウォータータイプのチークを使う際にも、この小さな平筆ブラシがあると、いい具合になじませやすく、一般的なブラシで仕上げるよりも断然に馴染むから、一度使えば、その使い心地に感動する40代も多いはず。

一般的に「メイクアップブラシの毛は、柔らかいほうがいい」とも思いがちですが、このタイプのブラシに関して言えば、柔らかすぎず、ややコシが強いほうが、テクいらずで微調整が叶いやすく、1本目に最適だと思います。

 

このアイテムこそこだわりを持つと、40代のプチ悩みに役立ちます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク