続柄は「ぞくがら」じゃないの?みんなが間違えている読み方10選

この前、「続柄」を「ぞくがら」と読む声が聞こえ、ちらっと横目で見てみると、ちゃんとした大人の女性でした。こうして訂正される機会がなかった人って、結構多いのだろうなと思いました。
今日はそんな言葉の中から普段使うものを10個集めてみましたので、こっそりチェックしてみてくださいね。

1 続柄

  • 正しい読み「つづきがら」
  • 間違った読み「ぞくがら」

原因
「続」を訓読みで「つづき」と読むのが正しいのですが、送り仮名の「き」がないので、つい音読み「ぞく」にしてしまったのでしょうか。

意味
親族としての関係

例文
世帯主との続柄(つづきがら)を書けばよいのですか?

 

2 乳離れ

  • 正しい読み「ちばなれ」
  • 間違った読み「ちちばなれ」

原因
意味の一つである「離乳」「断乳」の意味からでしょうか。「ちち」が優位なようですね。「ち」は「血」を連想させるからかもしれません。慣用的にOKになっている読み方でもありますが、比喩的に使う場合には間違っても恥ずかしくない「ちばなれ」で。

意味
乳児が生長して、乳以外の食物をとるようになること。比喩的に、成長して保護を必要としない一人前の人間になること

例文
いつまでたっても乳離れ(ちばなれ)しない、大学生の息子。
誤解が怖いので、大人の人間には使わない方が良いかもしれません。

 

3 間髪を容れず

  • 正しい読み「かんはつをいれず」
  • 間違った読み「かんぱつをいれず」

原因
おそらく「危機一髪」「間一髪」の「ぱつ」が原因のように思います。

意味
間に髪の毛1本を入れるすきまもない。事が非常に切迫して、少しもゆとりのないときにいう。転じて、即時に、とっさに、の意。

例文
その質問には、間髪(かんはつ)を容れずに答えた。

 

4 出生率

  • 正しい読み「しゅっしょうりつ」
  • 間違った読み「しゅっせいりつ」

原因
「率」が付く場合は「しゅっしょう」です。戦時中「出征(しゅっせい)」の知らせがあった関係で区別したとも言われています。ちなみに「出生前診断」は「しゅっしょうぜんしんだん」と読みます。

意味
人口1000人に対する1年間の生産児数の割合。

例文
日本の出生率(しゅっしょうりつ)は下がっている。

 

5 逝去

  • 正しい読み「せいきょ」
  • 間違った読み「いきょ」

原因
「逝」の読みが分からずに「逝く」(いく)から判断して読んだのでしょうか。

意味
他人の死の尊敬語。

例文
彼のご逝去(せいきょ)を悼む人たちが集まりました。

 

6 依存

  • 正しい読み「いそん」
  • 間違った読み「いぞん」

原因
「存」は「ぞん」とも読む為、間違いが広まり、今では「いぞん」の方が慣用的に読まれています。

意味
他のものをたよりとして存在すること。

例文
彼はスマホ依存症(いそんしょう)だ。

 

7 他人事

  • 正しい読み「ひとごと」
  • 間違った読み「たにんごと」

原因
「他人」は「たにん」と読むからでしょう。最近では表記につられ「たにんごとじゃない」などというように使われるようにもなってきています。「ひとごと」という言葉の方が先にあったことを忘れないようにしたいものです。

意味
自分とは無関係な、他人に関する事。よそごと。

例文
塾の費用がそんなにかかるなんて、他人事(ひとごと)ではありませんね。

 

8 相殺

  • 正しい読み「そうさい」
  • 間違った読み「そうさつ」

原因
「殺」が「さつ」と読むからでしょう。

意味
互いに差し引いて損得なしにすること。二人が相互に負担する同種の責務を、その一方的な意思表示により対当額において消滅させること。

例文
1000円借りていたけど、今日のランチ代1000円持つから、相殺(そうさい)ですね。

 

9 訃報

  • 正しい読み「ふほう」
  • 間違った読み「とほう」

原因
「訃」は「ふ」としか読まないのですが、読み方が分からなかった人が「ト」の部分から推察したのでしょうか……。厳粛な時に使われる言葉ですから、しっかり覚えた方が良いですね。

意味
死亡の知らせ

例文
○○さんの訃報(ふほう)が届いた。

 

10 何卒

  • 正しい読み「なにとぞ」
  • 間違った読み「なにそつ」

原因
「卒」が「そつ」と読むからでしょう。「なにとぞよろしく」という言葉は口に出して知っているはずです。頭の中で「なにそつ」と読んでしまっても、口に出るまでに「なにとぞ」に直すように気をつけましょう。

意味
なんとかして。どうにかして。どうか。ぜひ。

例文
何卒(なにとぞ)よろしくお願いします。

 

慣用読みとして認められていく誤読も

言葉は生き物。変化していくものですし、読み間違いがあまりに多く、そちらの方が定着し、ついには正しい読みとして認められていくこともあります。有名なものに「輸出」があります。みなさん「ゆしゅつ」って読みますよね? でもこれ、もともとは「しゅしゅつ」です。煮沸は「しょふつ」、水圧は「すいおう」でした。これらは慣用読みと言い、もともとそういう読みではなかったものが、慣用的に認められていったものです。
今回選んだ10個も、慣用的に認められているものもありますし、今後は注釈付きで辞書にも載っていくものもあるでしょう。でも、まだまだ「誤用」の域を出ませんので、この際正しい方をしっかりと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

「大舞台」だいぶたいで合ってる?みんなが間違える日本語の読み

読み間違いしやすい漢字を集めたコラムは世の中たくさんありますが、何回も見てしまうのは、うろ覚え、覚え切れていないからかと思います。国語教師としては、そのあたりの工夫を凝らしてみたいもの。今日は、例文を…

「押印」おういん?簡単なのに読み間違える漢字10選

この原稿を書いている日は五月ですが、空は快晴です。とても気持ちの良い晴天です。しかしここで「五月晴れ」と書いてはいけません。この「五月晴れ」を「ごがつばれ」なんて読んではいけないし、しかもこの言葉は「…

「役務」って正しく読めてる?簡単なのに間違える漢字10選

新元号に変わり「令和」となりました。この「令」という文字は、フォントによって形が違います。万葉集が出典だったこともあり、日本語に興味が集まっているようです。今回も、誰もが知っている漢字を使っているのに…

「一段落」は「いちだんらく」?知らないと恥かく読み間違え10選

元号改正で再び漢字に注目が集まっています。誤読をした政治家が立たされるなど、ヒヤヒヤする場面も。今回は、誰もが知っている漢字を使っているのに、誤読の多いものを選んでみました。1・一家言読み間違いの例い…

合いの手は「入れる」?「打つ」?意外と曖昧な言葉5選

言い回しが何だかとっても似ていて、もうどっちが正しいか分からなくなってしまった言葉はありませんか? そんな言葉の中から、間違いやすい曖昧な言い回しを5つ選んでみました。解説も付けましたので、今日、この5…

「極めつけ」「極めつき」どっちが正しい?うろ覚えだと恥ずかしい言葉10選

日本語の言い回しには、とても似通ったものがあり、きちんと覚えていないと、恥ずかしい言い間違いになってしまうことも。今日はそんな「うろ覚え」な言い回しを10個選んでみました。どうして覚え間違いをしているの…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のような話もありました。「平生(へいぜい)」…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました。こういう言葉の訂正って、人間関係に響く…

「ちょっと」を○○に言い換えるだけで…劇的上品な言葉づかいベスト10

特に敬語をふんだんに使っているわけでもないのに、なぜか言葉が美しいと感じる人がいます。雑な感じがしない、ある種、格のある雰囲気の言葉を使う人です。そういう人たちの言葉の特徴に「あらたまった」感じがする…

「おざなり」と「なおざり」どっちが正解?わかりにくい日本語の意味

ぼくたち、ずっとこのことを「おざなり」にしてきたよね。なんとなく意味は分かりそうですよね。では次の言葉はどうでしょう?ぼくたち、ずっとこのことを「なおざり」にしてきたよね。このカップル、どっちの状態が…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事