これぞオバ見え!男性がショックを受けた40代独女のアクセって?

仕事でもプライベートでも、リングやピアスなどのアクセサリーを身につける女性は多いと思います。

自分では似合うと思っていても、男性が目にして思わず「え、それ!?」とショックを受けるようなものだったら……。

男性が見ているのは、「年相応なアクセサリー」かどうか。

子どもっぽいものも、逆に老けてみえるものも、その人の魅力を半減させてしまうもの。

どんなアクセサリーがNGなのか、男性の意見を聞いてみました。

 

アラフォーで「リボン系」はオバサンくさい!

・「以前、レストランで見かけたアラフォーらしき女性の頭にヒラヒラした布が見えて、なんだろうと思ったら髪をリボンで結んでいた。ワンピースにリボンが許されるのって、20代までじゃないのか……」(33歳/教員)

 

・「会社の同期が仕事中に髪を結んでいるんだけど、でっかい赤のリボンにレースが付いていて、顔との違和感がすごい。本人はお気に入りらしくってよくつけているけど、オバサンくさく見えて誰も触れられない」(43歳/人事)

 

★ 「え、リボンってダメ?」と思わず訊いてしまったこちらの意見。

筆者もオーガンジーのリボンが付いたバレッタを使っていますが、「こういうのじゃなくて、リボンが主張しすぎているもの」と返されました。

アクセントになる程度の形や大きさなら良いけれど、男性が気になるのは顔とのバランス。

リボンにはどこか幼いイメージがありますが、だからこそあまりにも存在感があると違和感を覚えるのですね。

「長い紐みたいなリボンの端っこが頭から垂れているのを見ると、大正時代の女性を思い出す」という声もあり、使い方には気をつけようと改めて思いました。

 

安っぽい素材は手抜きに見える!

・「パッチンどめって言うの? 横の髪を留めるピンに、小学生の女子が使うみたいなプラスチックでピンクのキャンディーが付いていて、どうしても安っぽく見えてしまう。あとすぐに壊れそう」(34歳/公務員)

 

・「女性がよく手首にはめているバングル、シルバーとか紐のやつとかはいいんだけど、明らかに1000円以下ってわかる木製のやつとかはどうかと思う。アラフォーの女友達が飲み会ではめているのを見たとき、手首だけ浮いていてつらかった」(35歳/看護師)

 

・「首周りを出した服が流行っていたとき、細いチェーンに軽そうなキュービックジルコニアがはまったネックレスをつけている女性がいて、いかにも安そうな感じで似合っていなかった」(32歳/サービス)

 

★ そのアクセサリーがどんな素材で作られているかは、男性でもわかります。

プラスチックや樹脂などは、手軽で安価だけど「安っぽさ」が伝わるもの。

40代で使っていると、手抜きのように感じられるのですね。

特に男性が気になるのは、「服は似合っているのにアクセサリーだけ浮いて見える」こと。

そこだけ悪目立ちしてしまうので、全体的にイメージダウンしてしまいます。

安いからと素材感を無視したアクセサリーを使うのは、40代からは控えるのがベターです。

 

いくつになっても○○は好きだけど……。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事