結構います!「ブルベかイエベか微妙な人」のジャストな口紅選びって?

ファッションでもメイクでも、パーソナルカラーにもとづいて色を選ぶようにすると、より自分に“しっくりくる”装いを楽しめるコツになるのは確か。

しかし「ブルベ(ブルーベース)」「イエベ(イエローベース)」などの診断を経て、それに即したカラーを選んでいるのに「どうも、しっくりこないかも……」と感じていたり「診断するたびに、分類が変わるからよくわからないわ」などと思っていらっしゃるかたも決して少なくないのではないでしょうか。

「実は私も、そのひとりです」にお心当たりがある40代女性のみなさま、春爛漫な今日この頃、いかがおすごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は「ブルベ」「イエベ」にしっくりこないとき、40代女性が頼りにできるニュートラルな口紅の選び方をお話します。

 

「ブルベ」「イエベ」がしっくりこない! そんなときのお助けリップ1:“ピンク”ならば赤寄りのニュートラルカラー

春らしさや女性らしさをイメージしたメイクにしたいときには「ピンク系リップ」が、真っ先に選択肢にあがる女性も多いはず。

そして「ブルベ」なら青みがかったピンク、「イエベ」なら黄色味が入ったピンクが定番ですが、実際に唇に塗ってみて「うーん、なんか違う」と感じるならば、ニュートラルなカラーの出番です。

青や黄色のどちらにも寄っていない、むしろ“赤”寄りのリップを選ぶようにすると、肌のトーンを選ばずに“くすみ”が気になる40代肌にしっくりとなじみやすく、落ち着いた女性らしさを演出しやすくなります。

ガーリーなイメージになりやすい「ピンクリップ」は、40代にはただでさえ多少難しい色みでもあるため、パーソナルカラーに即して選んでいても、その発色や質感から「なんだか似合わない」を招きやすいのも確かです。

 

「ブルベ」「イエベ」がしっくりこない! そんなときのお助けリップ2:“ベージュ”ならば白っぽさのない濃いめの発色

全体的に、透明感のある落ち着いた印象のメイクにしたいときには、ベージュ系のリップが手元にあると便利。

「ブルベ」は黄色みをなるべく排除したベージュ系、「イエベ」ならオレンジ系やブラウン系のベージュが定番ですが、そのとおりに選んだつもりでも「なんだか病的に見える」「不健康な中年にしか見えない……」などとガッカリな仕上がりを痛感しているならば、白っぽくならずに濃いめの発色のニュートラルな色みが頼りになります。

そもそもベージュは、顔色が悪く見えやすい人ほど、不健康な印象を加速させてしまいやすい難しい色。40代ともなると、“くすみ”や血色の悪さなどが影響して、ベージュリップを塗ったがために、病的な顔に映ってしまうリスクもありがちです。

それでもベージュ独特のあの“脱力感”がメイクにほしいときには、あえて主張の強い“がっつりベージュ”な発色を意識すると、パーソナルカラーを問わずに落ち着いたメイクを叶えやすくなります。

 

合う合わないがある「オレンジ」は、発色よりも○○に頼る!

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよ…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

オススメ!白髪染めを市販の「ヘアマニキュア」に変えてわかった5つのメリット

40代ともなると、大きなテーマの1つとして急浮上するのが白髪問題。他の人の白髪率なども気になってくるお年頃なのか、私自身もこの1~2年の間に「もしかして、まだ白髪出…

「このオバサン、タチが悪そう」と思われる40代独女のNGコミュニケーション3例

40代になると、若い頃よりも、恋愛には自然体で向き合えるようになる人も少なくありません。しかしあまりにも自然体すぎると「この女性、タチが悪いな……」と男性に引かれてしまうパターンもチラホラ。ひとたび「タチ…

あっという間にマイナス3歳!「わたし老けた?」と思ったら見直したいコスメの“色”3選

40代は、これまでと同じメイクを続けていても、鏡を見ながら「あれ? なんだか老けた……?」と感じる瞬間も多々。その日のコンディションによっても、雰囲気変わりがちではあるものの、もしかするとメイクの“何か”が…

【乾燥対策】40代がニベアとプチプラで対策するならどう組み合わせる?

そろそろ、全身の乾燥が気になり始めた季節。とは言っても、まだがっつりと乾燥対策するのには早いだけに、ゆるっと乾燥対策を始めるのが、今の時期の気分です。40代はプチプラを上手に組み合わせて、満足度の高いお…

男性が「あれ?この人老けた?」としみじみ思った40代女性の定番ヘアアレンジ3例

男性からの印象は、髪型ひとつで「老けたなぁ」にも「年齢よりも若く見えるなぁ」にもなるのが、実態。デートの日だけでなく、デイリーのちょっとしたシーンでも、その日のヘアスタイル次第で、残る印象はガラリと変…

即、マイナス3歳!40代におすすめの髪の若見えテク3選

「最近、老けてきた……」にお心当たりがある場合、その原因が、ヘアスタイルにある可能性も否めません。40代は、髪型ひとつで若見えもすれば老け見えもする年代だけに、老け顔を回避するなら、髪の印象も最重要課題。…

【40代のスキンケア】顔が老けてきた!? と思ったら見直すべきこと3選

鏡を見て「最近、老け顔が加速したような……?」と感じたり、メイクのりが悪くなったと思ったりしたら、デイリーのスキンケアを見直すべきタイミング。40代の肌は、気候や体調によっても左右されがちなだけに、ついこ…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例

薄毛や白髪などに頭を悩ませている40代女性ほど、アレンジしたヘアスタイリングが強い味方に。スタイリング次第で、コンプレックスをうまくフォローしてくれるだけに、年齢を重ねるにつれ、アレンジのバリエーション…

正直、気持ち悪い!男が苦手に感じた40代女性の「秋チークNG3選」

男ウケを狙いたいシーンだけでなく、ビジネスシーンで男性からの好感度アップを図りたいときにも、メイクによる印象は重要。秋は、夏までのメイクと比較して深みのある表情を狙う40代女性も多いけれど、男性から「気…

絶対ムリ! 男が一瞬で「この女性とは距離を置きたい」と感じた40代女性の会計マナー

デートと会計シーンは、切っても切れない間柄。それだけに、デートの終盤にいざお金を払う場面で、本性が現れ幻滅を招く……というのも、恋愛における“あるある”です。昨今は、男性がご馳走するシーンばかりではなく、…

【男の本音】「うわ~幻滅!」男ウケの悪い40代女性の髪とメイクのNGギャップ3例

「髪は、顔のフレーム」とも言われるだけに、その仕上がりは、全体の印象をも左右するもの。そして、髪の様子とメイクにギャップがありすぎると、男性目線でも「ん?」となりやすいのは否めません。モテを極めるなら…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事