副業やセカンドキャリアを始めるときに、知っておきたい4つのこと

「仕事を辞めてかわいいカフェをやりたいなあ うふふ」と若い頃は思うものです。そのうち、開業資金や煩雑な手続きのことを知り諦めるわけですが、副業として何かをやるのはとてつもなく素敵なことです。国も副業・兼業を勧めていて、時代は変わってきたといえます。では、どのように副業やセカンドキャリアを選べばよいのでしょうか。

 

1・重要、「新しいこと」を始めない

副業を始める、あるいは、退職してフリーランスとしてやっていく場合、何かを0から始めるのは良い選択とはいえません。今持っているもので勝負するのが効率的です。

 

例えば、仕事で得たスキルやコネクションを活かすもの、仕事と同じ業種、特技を利用したものです。最もオススメなのは趣味を活かすことです。今まで、可処分所得を使って行っていた趣味を仕事に替えれば、すべて経費になり、収入も増やすことができる。

 

どんな副業をするか迷ったら、あなたの趣味の中から見つけると良いでしょう。

 

2・「ありがちな趣味」を活かしたビジネスは競合が多すぎる

ぼくの周りで散見されるのは、ネイルサロンやアロママッサージ、ヨガスタジオです。きっと、本人がハマっていろいろ調べているうちに、仕事としてやりたくなったのでしょう。

 

これらは、お金持ちの奥さんに多い気がします。美容にお金を使っていて、頻繁に通っているうちに深く知りたくなり、本を読み、学校に通い、技術を身につけ、旦那さんに相談してお店を開くのでしょう。あるいは、元々の容姿が美しく、美容に興味を持ち、特にやりたいことがないから知り合いに出資してもらって開業するという若い女の子もいました。

 

その子はいつのまにか開業資金を自分で出すことになって、貯金を知り合いに渡したところ持ち逃げされて途方に暮れている、というメールが来たのを最後に、連絡が取れなくなってしまいました。

 

3・趣味は趣味のままで終わらせず、仕事にしよう

趣味が趣味で終わってしまうと、それらにかかったお金は、収益を生みません。ただ、楽しかっただけです。お金を求めないのなら、それはそれで良いのかもしれません。

 

ぼくは愉しいことがしたくて、東京国税局を辞めて芸人になりました。国税局の仕事も愉しいのですが、芸人はもっと愉しい。毎日が夏休みです。さらに、子供の頃から好きだった書くことや趣味の税金を仕事にして収入を得ています。すべてが愉しい。アルコールの中ではワインが好きなので、次はワインを仕事にしようとしています。

 

例えばあなたがネイルサロンを開こうと考え、専門学校に行くとします。1年間で50万円くらいでしょうか。卒業後にお店を出すとなったら、テナントの賃借料、内装工事代、設備や機械の購入代金がかかります。でも、それらを支払った年は、業界では新人ちゃんなのであまり収入がありません。お友達のマダムたちに来てもらってもたかが知れています。

 

だから、それらを経費にしてもそもそも収入がないので意味がない。ただ、赤字になるだけです。会社の場合は、減価償却は任意なので、機械や設備の購入代金は数年後、利益が出たときに経費にできます。でも、個人事業者はそうはいきません。強制償却なので、赤字でも経費にすることになります。ああ、なんて可愛そうな個人事業者。

 

でも、“開業費”に当たるものは、特別に任意償却できるのです。

 

4・むずかしくても読んでね「繰延資産の任意償却」

開業費は“繰延資産”と呼ばれ、任意償却することができます。事業を始めるまでに準備のために支出したものがこれに当たります。広告宣伝費とか水道光熱費とか賃借料とか、アルバイトの賃金とか試作費用とか接待費とか、ネイルサロンをオープンするまでにかかる様々な費用です。これらの「任意」、つまり好きな年に経費にできるのです。

 

なお、10万円以上の機械や設備は、開業費には当たりません。固定資産として減価償却をします。

 

趣味を仕事に替えるとき、個人事業や法人としての活動が初めてならば、いくつかの手続きや知っておくと有利なルールがあります。お金があれば税理士さんに相談し、余裕がなければ関連書籍を漁ってください。きっと「知っててよかった」と思うはずです。

スポンサーリンク

「戦く」って読めますか?「せんく」ではありません

普段、何気なく使っている言葉を「漢字」で出されると途端に読めなくなる・・・そんな経験をしたことありませんか?漢字の読み間違いを経験したことがある人は決して少なく…

最新統計に見る「女性の平均年収」の低さ。なんでこうなるの?

今年も国税庁から平均年収に関する統計が発表されました。今回はこの「平成28年分民間給与実態統計調査」をもとに、気になる「みんなの平均年収」を見ていきましょう。女性…

「てんぷ」ではない!「貼付」の正しい読み方、知っていますか?

普段何気なく読んでいる漢字。でも、今まで正しいと思っていた読み方が間違っていた、なんてことも。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!「貼付」…

人間関係に疲れてもう辞めたい。40代の転職は現実的?

仕事上の困難は、ステップアップするためには必要な時もありますが、仕事を続けること自体が苦しくなってしまう場合もあります。特に人間関係のストレスは、自分だけではど…

まさか、そう読むとは!「正味」の正しい読み方、知っていますか?

1つの漢字にはさまざまな読み方があります。でも、今まで「正しい」と思って読んでいた読み方が本来の読み方とは違ったり、いざ漢字を目の前にすると「あれ?なんて読むん…

「他人事」は「たにんごと」じゃない!意外とみんなが読み間違えてる読み方20選

オトナサローネで人気の読み間違い記事。今回は一気に20選ご紹介していきます!みんなが知っているような単語の中から、誤読の多いものを選んでみました。是非参考にしてみ…

「わかぬの」じゃない!「若布」の正しい読み方、知っていますか?

「普段聞きなれている言葉なのに、漢字で書かれると途端に分からなくなる・・・」そんな経験はありませんか?聞きなれている言葉だからこそ、いざ漢字を目にすると「え、そ…

知らないと恥をかく!「早急」の正しい読み方、知っていますか?

見慣れている漢字でも、いざ読み方を問われると自信がない漢字ってありませんか?漢字を読み間違えた経験があるという人は少なくないでしょう。でも間違いを指摘されてしま…

間違えている人多数!「目深」の正しい読み方、知っていますか?

よく耳にする言葉のはずなのに、いざ漢字だけで目の前に出されると読めない・・・そんなことありませんか?1つの漢字にはさまざまな読み方がありますから、時には読み間違…

「べんえる」じゃない!「弁える」の正しい読み方、知っていますか?

日常生活でよく使われている言葉にも関わらず、漢字で書かれた瞬間に「なんて読むの?!」と焦ってしまうことありませんか?漢字を読み間違える経験は、誰しもが経験してい…

2000万時代の老後資金を狙いにくる「情報詐欺」にやられないための心得

元国税局職員 さんきゅう倉田です。僕は芸人をしています。大学を卒業して、東京国税局に入り、惜しまれることなく退職して、芸人になりました。現在34歳で、活況は呈していませんが、ファイナンシャルプランナー…

家賃50万のマンションに住むのはどういう人?意味のわからないその生態

元国税局職員さんきゅう倉田です。よしもとさんで芸人をしています。いま、芸人として身につけたスキルと知識で、文章を書いています。ぼくは、大学を卒業後、国家公務員として東京国税局に入り、退職して芸人になり…

年収8000万の人がふるさと納税で「もらわないもの」とは?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。芸人をやりながら、そこで見聞きしたことを記事にしています。西麻布や六本木のような怖いとところや銀座のような華やかな場所に行かなくとも、東京で仕事をしていると、しこたま…

「メールを返さない人」は成功しない、ごく当たり前すぎる2つの理由

元国税局職員 さんきゅう倉田です。日々、フリーランスとして、執筆や講演会をしています。メインの仕事は芸人なので、取材を受けたり、収録に行ったり、ライブに出たりもしています。すべての仕事のスケジュール管…

おひとりさまは【2000万】より多く貯めるべきなの?半分でいいの?

こんにちは、元国税局職員のさんきゅう倉田です。芸人としてライブに出たり、たまにテレビに出たり、記事を書いたりしています。さて、先日、金融庁かそれに類似する団体が発表した、老後の資産形成に関する資料を読…

「二度とご飯を食べたくない女性」に転落する7つの行動

元国税局職員 さんきゅう倉田です。おもに、芸人として活動しています。芸人になって10年ほど経つので、その10年で得たスキルで、文章を書いたり、講演会をしたりしています。このような仕事をしていると、たくさん…

【男が語る】年収300万円のイケメンと1000万円のブ男、どっちがコスパか

元国税局職員 さんきゅう倉田です。よしもとで芸人をやっております。「貧乏なイケメンとお金持ちで器量の悪い男どっちがいい?」そんな質問を友人からされたことがありませんか。熟考を要する究極の選択だと思いま…

【男が語る】お金がかかるオンナと、かからないオンナ。どちちがモテるのか?

こんにちは、元国税局職員の芸人、さんきゅう倉田です。さて、女性の友人に「金がかかるオンナとかからないオンナ、どっちがモテるかなあ」と聞かれました。「金がかかるオンナがモテるかい!」と心の中でつっこみな…

コレがバッグに入っていると貧乏に!「お金持ちが持ち歩かないもの」とは?

夏日が散見されるようになってきました。茹だるような暑さではないですが、天気予報で「夏日」と聞くと、夏が近づいている気がします。ぼくは、夏だからといって、海に行くこともプールに行くこともないですし、8月…

【男の意見】男が○○をしなくなったら浮気のサイン。金づかいで見抜く男の浮気本性

こんにちは、元国税局職員 さんきゅう倉田です。さて、芸人はみんな浮気をします。ぼくは、お笑いを初めて10年ですが、たくさんの浮気の話を聞いてきました。売れている売れていないに関わらず、みんな浮気に明け暮…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事