副業やセカンドキャリアを始めるときに、知っておきたい4つのこと

「仕事を辞めてかわいいカフェをやりたいなあ うふふ」と若い頃は思うものです。そのうち、開業資金や煩雑な手続きのことを知り諦めるわけですが、副業として何かをやるのはとてつもなく素敵なことです。国も副業・兼業を勧めていて、時代は変わってきたといえます。では、どのように副業やセカンドキャリアを選べばよいのでしょうか。

 

1・重要、「新しいこと」を始めない

副業を始める、あるいは、退職してフリーランスとしてやっていく場合、何かを0から始めるのは良い選択とはいえません。今持っているもので勝負するのが効率的です。

 

例えば、仕事で得たスキルやコネクションを活かすもの、仕事と同じ業種、特技を利用したものです。最もオススメなのは趣味を活かすことです。今まで、可処分所得を使って行っていた趣味を仕事に替えれば、すべて経費になり、収入も増やすことができる。

 

どんな副業をするか迷ったら、あなたの趣味の中から見つけると良いでしょう。

 

2・「ありがちな趣味」を活かしたビジネスは競合が多すぎる

ぼくの周りで散見されるのは、ネイルサロンやアロママッサージ、ヨガスタジオです。きっと、本人がハマっていろいろ調べているうちに、仕事としてやりたくなったのでしょう。

 

これらは、お金持ちの奥さんに多い気がします。美容にお金を使っていて、頻繁に通っているうちに深く知りたくなり、本を読み、学校に通い、技術を身につけ、旦那さんに相談してお店を開くのでしょう。あるいは、元々の容姿が美しく、美容に興味を持ち、特にやりたいことがないから知り合いに出資してもらって開業するという若い女の子もいました。

 

その子はいつのまにか開業資金を自分で出すことになって、貯金を知り合いに渡したところ持ち逃げされて途方に暮れている、というメールが来たのを最後に、連絡が取れなくなってしまいました。

 

3・趣味は趣味のままで終わらせず、仕事にしよう

趣味が趣味で終わってしまうと、それらにかかったお金は、収益を生みません。ただ、楽しかっただけです。お金を求めないのなら、それはそれで良いのかもしれません。

 

ぼくは愉しいことがしたくて、東京国税局を辞めて芸人になりました。国税局の仕事も愉しいのですが、芸人はもっと愉しい。毎日が夏休みです。さらに、子供の頃から好きだった書くことや趣味の税金を仕事にして収入を得ています。すべてが愉しい。アルコールの中ではワインが好きなので、次はワインを仕事にしようとしています。

 

例えばあなたがネイルサロンを開こうと考え、専門学校に行くとします。1年間で50万円くらいでしょうか。卒業後にお店を出すとなったら、テナントの賃借料、内装工事代、設備や機械の購入代金がかかります。でも、それらを支払った年は、業界では新人ちゃんなのであまり収入がありません。お友達のマダムたちに来てもらってもたかが知れています。

 

だから、それらを経費にしてもそもそも収入がないので意味がない。ただ、赤字になるだけです。会社の場合は、減価償却は任意なので、機械や設備の購入代金は数年後、利益が出たときに経費にできます。でも、個人事業者はそうはいきません。強制償却なので、赤字でも経費にすることになります。ああ、なんて可愛そうな個人事業者。

 

でも、“開業費”に当たるものは、特別に任意償却できるのです。

 

4・むずかしくても読んでね「繰延資産の任意償却」

開業費は“繰延資産”と呼ばれ、任意償却することができます。事業を始めるまでに準備のために支出したものがこれに当たります。広告宣伝費とか水道光熱費とか賃借料とか、アルバイトの賃金とか試作費用とか接待費とか、ネイルサロンをオープンするまでにかかる様々な費用です。これらの「任意」、つまり好きな年に経費にできるのです。

 

なお、10万円以上の機械や設備は、開業費には当たりません。固定資産として減価償却をします。

 

趣味を仕事に替えるとき、個人事業や法人としての活動が初めてならば、いくつかの手続きや知っておくと有利なルールがあります。お金があれば税理士さんに相談し、余裕がなければ関連書籍を漁ってください。きっと「知っててよかった」と思うはずです。

スポンサーリンク

最新統計に見る「女性の平均年収」の低さ。なんでこうなるの?

今年も国税庁から平均年収に関する統計が発表されました。今回はこの「平成28年分民間給与実態統計調査」をもとに、気になる「みんなの平均年収」を見ていきましょう。女性…

人間関係に疲れてもう辞めたい。40代の転職は現実的?

仕事上の困難は、ステップアップするためには必要な時もありますが、仕事を続けること自体が苦しくなってしまう場合もあります。特に人間関係のストレスは、自分だけではど…

「他人事」は「たにんごと」じゃない!意外とみんなが読み間違えてる読み方20選

オトナサローネで人気の読み間違い記事。今回は一気に20選ご紹介していきます!みんなが知っているような単語の中から、誤読の多いものを選んでみました。是非参考にしてみ…

将来が不安なときこそ「ポジティブ妄想」をどんどん言葉にしていこう!

忙しい毎日を過ごしていると、心地よい夢を見ることすら、なんだか億劫な気持ちになることがありませんか。夢から醒めたあとの現実は、あまりにかけ離れているものだから。…

【現役ライターが業界の闇を暴露!?】ぶっ通しで2日間働いたら、残業代はどうなる?

みなさんは働き方改革の一環として近年さまざまな企業で導入が進んでいる『勤務間インターバル』という制度をご存知でしょうか?この制度は、前日の終業時刻から翌日の始業…

【男の意見】男が○○をしなくなったら浮気のサイン。金づかいで見抜く男の浮気本性

こんにちは、元国税局職員 さんきゅう倉田です。さて、芸人はみんな浮気をします。ぼくは、お笑いを初めて10年ですが、たくさんの浮気の話を聞いてきました。売れている売れていないに関わらず、みんな浮気に明け暮…

意外と知らない!芸能人の結婚式に呼ばれたら、ご祝儀はどうする?問題

他者と素敵な人間関係を築く人は、お祝いごとをかかしません。とくに、お笑い界は、めでたいことに敏感です。結婚式に呼ぶのが憚れるような大御所の先輩であれば、結婚の報告だけをすることも多々あります。すると、…

年収8000万の人たちがやってる「ものすごく手間がかかるけれど効果がデカい」節約

先日、クイズ番組の収録に遊びに行ったのですが、楽屋に10人いる中、お弁当が20個余っていました。持って帰りましょう、と誰かが言ったところ、その中にいたお金持ちから順にお弁当を取りに行っていましたが、先…

「もっとお金がほしい人」がインスタを見るとき注意すべき8ポイント

いつの時代も、たくさんの詐欺が溢れています。詐欺とは認定しがたいけれど、知識不足や思慮の浅さに付け込まれて、利益の出ない不動産を買わされてしまう人もいます。先日、ぼくの知り合いの30代の女性が「マンシ…

よく飲む人ほどお金持ちになる?意外だけどシンプルな理由【国税芸人の視点】

交際費とは、難しく言うと接待、慰安、供応、贈答を、得意先や仕入先に行った費用です。広く一般的には、“飲み代”が交際費と認識されていますが、間違いではないでしょう。それ以外にも、付き合いの場や慶弔の出費、…

「自然にお金がたまる人」は腰を曲げない?言われてみればその通りの小さな習慣

「あっちのスーパーのほうが安いわあ、ちょっと遠いけど行っちゃおうかしら」数百円や数十円を追い求めて、スーパーやドラッグストアを移動していませんか。少しでも価格の安いものを求めるのは大切ですが、下がった…

傘を売るなら、雨の日は値上げする?値下げする?正解は…

あなたが交渉中の相手が、生意気な態度で交渉を取り下げてきました。あなたが「いま、取り下げるならあなたと会うことは二度とないわ」などと言ったとしましょう。それに対して相手は「私は、この会社の敷居をまたぐ…

国税芸人は見た!「ヤバいほどモテない」お金づかいの3人

お金の使い方や扱い方には、育ちや考え方が現れるものです。現金を蔑ろにし、支払いを渋り、自分の器を超えて無茶な決済をする人は、お金にも人にもモテません。社会にはびこるヤバイ人たちから、「モテないお金の扱…

ツチノコ見つけたら15日までに確定申告して!「会社員でも申告が必要」な7つのケース

会社員の確定申告は、やると得する場合とやらなければいけないけど損をする場合があります。前者は控除が受けられるときが該当し、後者は会社からの給与以外に収入があるときです。恣意的に確定申告は必要ないだろう…

元国税芸人が教える「意外な確定申告」サラリーマンでもお金が戻る5つのケースって?

1ヶ月間の確定申告期間も終わりを告げようとしています。オトナサローネの読者の皆さんは確定申告をしたのでしょうか。よくわからないからしていない、会社でやってくれているから大丈夫、そんな風に考えたことはあ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事