100均で小顔になれる?「かっさ」と「マスク」でスキンケア

最近の100円ショップの美容グッズがあなどれません! そこで今回はダイソーの美容グッズを使った小顔法をご紹介します。

 

100円美容グッズを使った小顔法

今回100円美容で使うグッズはダイソーで見つけた、中国の民間療法でもあるカッサを行う際に使うかっさプレート。それと、圧縮タイプのフェイスマスクです。

(カッサの画像 直ドリ)

カッサプレートを使用した小顔法は、一時期話題となり、テレビや雑誌でも頻繁に紹介されていました。私も以前サロンで使用していました。ローズクォーツなどのパワーストーンで作られているもので、1個数百円から数千円するもの。それがダイソーではなんと100円。見た目も形もそっくりでかわいい。

 

(圧縮マスクの画像 直ドリ)

カッサでしっかりほぐしたあとは、たっぷりの化粧水を入れ込みたい。そこで役立つのが圧縮タイプのフェイスマスクです。100円の美容成分配合のフェイスマスクを使用してもいいけれど、敏感肌の人は肌に合わないこともあるため、肌につけるものはいつも使用している自前の化粧品を使用したほうが安心かも…。

 

ケアの手順は簡単です!

まず、カッサを使った小顔ケアは入浴中に行うのがおすすめ。カッサを使用したマッサージは肌の表面に負担をかけてしまうため、摩擦の少ない入浴時に行うとすべりやすく、負担を軽減できます。肌も温まっているのでほぐれやすい状態にあります。尖った部分はこめかみや眉間のシワ、鼻のつけ根を押したりほぐしたり、ツボ押しの要領で行います。

特にたるみやしわ、小顔におすすめなつぼが以下の7つです。

(顔ツボの画像 以前使用した画像を追加編集しました)

  1. 太陽(たいよう)
    目尻とこめかみの間あたりにあるツボ。たるみやむくみ、疲れ目を解消し、ぱっちり目におすすめ。
  2. 巨りょう(こりょう)
    黒目の中心から真下に降り、小鼻から真横にたどったところにあるツボ。頬の引き締めやほうれい線が気になる人へ。
  3. 上廉泉(かみれんせん)
    あごの真下のへこんだ部分にあるツボ。二重顎防止、首のたるみ、首のシワ対策に。
  4. 承しょう(しょうしょう)
    下唇の中央の少し下のへこみ部分。顔と首のむくみ解消、口まわりのたるみやシワ解消などに。
  5. 四白(しはく)
    目の瞳の真下のくぼんでいる部分から指1本分ほど下にあるツボ。顔のむくみやシミ解消、目の下のクマに。
  6. 大迎(だいげい)
    下あごの角(エラ)の少し骨がくぼんでいる部分。拍動しているところ。あごのたるみを解消し、二重あごの防止に。
  7. 頰車(きょうしゃ)
    口を開けるとくぼんで歯を食いしばると筋肉が盛り上がるところ。頰、首すじのたるみ、二重あごの防止に。

マッサージ後は血流がよくなるせいか、肌がピンク色に。触るとやわらかくなります。

 

入浴後は、顔に軽く化粧水をつけてから、たっぷりローションを染み込ませておいたマスクをのせて5分ほど放置。後は美容液やクリームなどいつものスキンケアを行います。

(圧縮マスクの画像 直ドリ)

圧縮マスク使用時のポイントは、容器に圧縮マスクを入れ、お水を入れてふくらませます。一瞬で水分を吸い込んでふくらむのでおもしろいです。水分が染み込んでふくらんだマスクを軽く絞ってから、化粧水をたっぷり染み込ませて使います。

カッサで顔をほぐした後は化粧水の浸透具合もグンとアップしているので、肌がみずみずしくふっくらした感じになります。顔がこわばっているかも~と感じたらカッサを使ったツボ押し美容はおすすめです。

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事