「腰痛対策ストレッチ」痛みの取り方のタイプ別正解は?

慢性腰痛の原因は人によって千差万別、その対策も様々です。

私は腰痛に関わるあらゆる専門家に話をうかがい、あらゆる角度から原因と対策を研究してきました。

腰痛はどんなときに痛みが出るのか、その動きを見ることで、体のどこの部位が腰痛の原因となっている硬い部分かを推測可能です。

そして、硬い部分の柔軟性を取り戻すには、ストレッチが有効です。

ここでは腰痛を3種類のタイプに分けて、硬い部位に対応するストレッチを紹介します。

 

「腰痛対策ストレッチ」の効果を高める4つのルール

 

前回、なかなか治らない腰痛の原因は、腰以外の部分の「硬さ」にある可能性を解説しました。

私たちの体は複雑に連動していて、例えば足首が硬い人が腰痛になりやすかったりするのです。

さて、今回は「どんなときに痛みが出るのか」のパターン別に、原因となっている部分をほぐすためのストレッチを紹介します。

 

まずはストレッチを始める前に、ストレッチ効果をより高めるための4つのルールを覚えておきましょう。

 

1・呼吸は止めない!

ストレッチをしていると、つい息を止めてしまう人がいます。でも、それはNG。

自然なリズムで、いつも通りの呼吸を心がけてください。

自然に呼吸しているほうが、自律神経の副交感神経が優位な状態になります。そのため、よりリラックスできて、ストレッチの伸張性が高くなるのです。

意識しないと、意外と呼吸を止めていることもあるので注意しましょう。

 

2・筋を意識する!

ストレッチをするときは、伸ばしている部分の筋を、常に意識するようにしましょう。

「どこの筋を伸ばすのか」、しっかりと意識して取り組むほど、筋肉もきちんと反応してくれます。

 

3・反動はつけちゃダメ!

体を伸ばそうとすると、反動をつけて勢いよくグイーッと伸ばしてしまう人もいますが、それは逆効果です。反動をつけると、伸ばすのとは逆に筋肉を収縮させてしまいます。

効果的なストレッチをするためには、反動をつけずにゆっくりと筋を伸ばして、その状態を15〜20秒キープするようにしてください。

 

4・冷えと時間に注意!

ストレッチをするときは、適切な気温、安全な場所、服装などに配慮しましょう。

特に気温が低いときや寒い場所、体が冷える服装などは避けるべき。血管が収縮して、血の巡りが悪くなってしまいます。

ストレッチの時間帯としては、朝起きたときか、寝る前がオススメです。

 

「屈曲型腰痛」に効くストレッチ

「屈曲型腰痛」は、腰を曲げて、上体を前に倒したときに痛みが出るタイプの腰痛です。

このタイプの腰痛の人は、殿筋(お尻の筋肉)やハムストリング(太ももの裏側の筋肉)が硬くなっていて、うまく伸びないのが原因の場合があります。

 

この場合、ハムストリングを伸ばす

ストレッチが効果的です。

①タオルを用意して、仰向けに寝ます

②片方の脚を上げ、足の裏にタオルをひっかけてゆっくりと脚を伸ばします

③もも裏の筋を意識して、伸びている刺激を感じる状態でキープします

④これを左右の脚で行います

 

「伸展型腰痛」に効くストレッチ

「伸展型腰痛」は、体を後ろに反らせたときに痛みが出るタイプの腰痛です。

このタイプの人は、大腿四頭筋(太ももの前側の筋肉)や腸腰筋(太ももの前側、付け根部分の筋肉)が硬くなって、骨盤が前傾してしまっている可能性があります。

 

この場合は、腸腰筋を伸ばすストレッチが効果的です。

①(右側を伸ばす場合)背筋を伸ばした状態で、右脚で立膝をつきます

②そのまま右腕を上げて、太ももの付け根の部分を意識して伸ばします

③その状態のまま、上体を左側に倒していきます

④体の右側面の筋肉を意識して伸ばします

⑤これを左右両側で行います

「回旋型腰痛」に効くストレッチ

「回旋型腰痛」は、上半身を左右に回したときに痛みが出るタイプの腰痛です。

この場合は骨盤が前傾しているせいで、股関節がうまく動かないのが原因の可能性があります。

 

股関節の回旋可動域を広げるストレッチで解消しましょう。

①両脚を左右に開いた状態で床に座ります

②上体はキープしたまま左脚を内側に、右脚を外側に倒すようにして旋回させます

③次に右脚を内側に、左脚を外側に倒すようにして旋回させます

体の仕組みを理解することで腰痛は和らぐ

体の仕組みを理解しておくことは、腰痛改善はもちろん、

ケガの予防などにも極めて有効です。

また、どういう仕組みで痛みが出ているのかがわかれば、腰痛に対する不安や恐怖

心、苛立ちが和らぐことも期待できます。

どんな痛みも「よくわからない」と諦めることなく、まずはどこかに不具合がある

はずだと前向きに原因を探ってみてください。

 

さらに詳しく知りたい方はこちら

『あなたの腰痛が治らないのは治し方を間違えているから』

 

日本腰痛研究開発機構著  2018年12月23日発売  アスコム刊

 

スポンサーリンク

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具、器具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだ…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

老けたくない40代は今すぐコレをやめて!5つの悪習慣

ご自分がついついやっている「老ける習慣」を考えてみたこと、ありますか? 意外と無意識にやってしまうもの、ついやってしまうものなどありますよね。さて、あなたはいく…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

40代の下半身をすっきり細める!脂肪燃焼のコツを伝授

なかなかサイズが落ちないのは頑固なセルライトが要因かも。お尻から太もも、ふくらはぎにかけてサイズダウンを目指すなら、運動や筋トレよりもまずは脂肪燃焼(温活)がお…

【ぽっこりお腹】はココを伸ばすと秒で治る!猫背もスグ解消|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。肩コリや腰痛を引き起こし、見た目もあまり良いとは言えない猫背。この猫背を解消するために胸を張ったり、背中を寄せたり…

肩コリは「脇をさすり、回すだけ」でびっくりするほど解消する!【新連載・バズる10秒ストレッチ】

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。今週からストレッチの連載をお届けします。さて、肩コリや痛み、そして動きの悪さで悩んでる方がいると思いますが、それを…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲ん…

【腰痛】はアイドルの追っかけで治る?「脳が起こす」2つの痛みとその処置

慢性腰痛の原因は人によって千差万別、その対策も様々です。現在、日本腰痛研究開発機構で代表をつとめる私も、かつてIT関係の仕事をしていて、慢性的な腰痛に悩まされていました。それから自分の腰にピッタリあった…

腰痛を「座るだけ」で治す坐骨矯正テクの正体【理学療法士が解説】

慢性腰痛の原因は人によって千差万別、その対策も様々です。私もかつてIT関係の仕事をしていて、慢性的な腰痛に悩まされていました。それから自分の腰にピッタリあったマットレスを独自に開発し、今では腰痛に苦しむ…

長引く腰痛の原因は?どうすれば治る?【6つの質問】でその痛みが軽減します

慢性腰痛の原因は人によって千差万別、その対策も様々です。私は腰痛に関わるあらゆる専門家に話をうかがい、あらゆる角度から原因と対策を研究してきました。骨折や病気ではない。腰に悪い生活習慣もない。体の柔軟…

試しに肩を上げてみて?腰の痛みは「〇〇が硬い」せいかも

腰に異常がないのに、腰痛が治らない。これはプロのアスレティックトレーナーからすると、さほど不思議な話ではありません。例えば、腰が悪くなくても「足首が硬い」と腰痛になるケースがあります。なぜなのでしょう…

「朝起きたら腰が痛い」人、腰痛負債が溜まってるかも?気をつけたい4つのポイント

腰痛は、整形外科医に「明確な原因がない」と診断されるケースも多くあります。医者ですら原因を特定できないのに、腰痛の原因をどのように探っていけばよいのでしょうか。今回は、日常生活の中で腰痛発症のリスクを…

あなたの腰の痛み、どのタイプ?チェックリストでわかる「知らなかった原因」

仕事で無理をしすぎて、もう腰が壊れてしまった……痛くなるたびにマッサージや鍼治療の繰り返し……お医者さんにかかっても痛み止めで終わり……こんなふうに、自分の腰痛はもう治らないんだと、諦めてはいませんか?日本…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事