#145 何か起こる⁉ 40代独女、初めての「二人きり」【40代編集長の婚活記】

40代、絶賛婚活中のOTONA SALONE編集長アサミ。44歳から婚活を始めて約2年半になる。婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などでさまざまな出会いを求め続けていた。しかし、誰ともうまくいかず、好きになることもなかった。

しかし、49歳・アーティストのジェントルさんに久しぶりに恋をする。告白しようと決意した6回目デートで新たな展開が……⁉ これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

彼のアトリエに誘われる

食事を終えて店を出たのは20時半を過ぎたころだった。まだそんなに遅い時間ではないから、お茶にでも誘おうと思ったときだった。

ジェントル「もしよければなんですけど、さっきお話した僕のアトリエ、寄っていきませんか?」

食事のときにアトリエの話を聞いていた。店から歩いて5~6分くらいの場所、と言っていた。

ジェントル「今日、美術館は間に合わなかったけれど、ちょっとだけ僕の作品も置いてあるので、もしよかったら」

アサミ「いいんですか?」

ジェントル「はい。コーヒーだけでも飲んでいってください」

これはもしかして、初めて二人きりになるパターンってことじゃない⁉

 

ほのかに漂う、いい香り

アーティストのアトリエに入るのなんて初めてだ。マンションの一室。スケッチブックやキャンバス、オブジェなどが置いてある。

そして部屋からは、ほのかにいい香りが漂っていた。

アサミ「いい香りがします。なんの香りですか?」

ジェントル「あ、これですね。乳香。フランキンセンスです」

といって、玄関のそばに置いてあった小さな壺を見せてくれた。お香だった。

ジェントル「僕、好きなんです。この香り」

心が落ち着く、穏やかな香りだった。私もこの香り、好きだな……。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事