#145 何か起こる⁉ 40代独女、初めての「二人きり」【40代編集長の婚活記】

どうしよう、ドキドキしてる

ちょっと落ち着こう。

コーヒーカップを手に取ろうとして、ソファの背もたれから体を離した。コーヒーを口にする。

ジェントル「髪、キレイですね。ツヤがあってサラサラ」

ソファにもたれていた彼が言った。

アサミ「ありがとうございます。でも最近ちょっとエイジングを感じてますけど(苦笑)」

ジェントル「それに肌もキレイ」

また恥ずかしくなった。コーヒーカップをテーブルに置き、手で顔を覆った。

アサミ「そんな見ないでください。恥ずかしい……小ジワとかシミとかそばかすがありますし」

ジェントル「そんなことないです。キメが細かくて、スベスベ」

そう言って、左手だけ私の顔からはずし、彼は自分の太ももの上に置いて撫でている。わ、どうしよう!

 

手を撫でているジェントルさん

しばらく沈黙が続いた。その間、ジェントルさんはずっと私の手を撫でていた。そして、指を絡ませながら手をギュッと握ってきた。

彼と手をつないでる……! 手を持たれたり、手のひらを合わせたことは何度もあったけれど、手をつなぐのは初めて! 体温が伝わってくる。あったかい。

ジェントル「アサミさん、今日は誘ってくれてありがとう。お待たせしちゃって、美術館も行けなくてごめんなさい」

アサミ「いいえ、今日、お会いできただけでうれしかったです」

素直な気持ちを伝えた。

 

「会えてうれしい」ことを伝える

私の手を撫でるのをやめ、こちらを向く彼。

ジェントル「ホントですか?」

アサミ「私、ジェントルさんと一緒にいるのがうれしいんです。優しいし、お話し楽しいし、色んな事教えてもらってるし」

ジェントル「僕もうれしいです。いつも僕のとりとめのない話を聞いてくれて」

そして彼は私の肩に手をまわし、そのまま引き寄せた。

ジェントル「アサミさん……」

彼の香りにふわりと包まれる。ドキドキドキ。いままでで一番、脈が早くなった。これは、この展開は……!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事