#145 何か起こる⁉ 40代独女、初めての「二人きり」【40代編集長の婚活記】

ソファに座ってあたりを見る

部屋の片隅に置かれたソファをさして

ジェントル「どうぞ、そこ座っててください。コーヒー淹れますね」

ソファに座りながら、アトリエに置かれている彼のものであろう作品を眺めていた。

こんな作品をつくるんだ……すごいな。スケッチブックに描かれた絵は、彼の繊細な感性とやさしさがにじみ出ているような気がした。

 

二人きりの空間で……

静かなアトリエに二人きり。一つの空間で彼と二人きりになるのは初めてだ。なんだか緊張する。

コーヒーを持って彼が来た。

ジェントル「砂糖やミルクは使いますか?」

アサミ「いいえ、大丈夫です」

ジェントル「OK。はい、じゃどうぞ」

彼も一緒のソファに座った。めっちゃ近い。さっきのエスニック料理店での距離より近い。

お店で飲んだカクテルが少し強かったのだろうか、それとも彼との距離感のせいなのか。トクトクトク……脈が早くなっている。

 

ぴったり隣に座るジェントルさん

近すぎる距離に照れてしまう……! 沈黙の状況を避けるように、急いで次の言葉を探した。

アサミ「ここに置いてあるの、ジェントルさんの作品ですよね? ステキです。こんなすごいものを作るなんて」

ジェントル「そんな、僕はたいしたことないですから」

アサミ「いえ、すごいです。私は手先が不器用なので、こういう才能ある方を尊敬します」

ジェントル「ありがとうございます。アサミさんは魅力的な文章、書かれるじゃないですか」

アサミ「文章は誰でも書けますもの」

ジェントル「いいえ。魅力ある文章は誰にでも書けるわけじゃありませんから」

アサミ「ありがとうございます……」

なんか誉め合いになってしまって、また照れてしまうのだった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事