納得!10年越えの便秘が解消した、医師の驚きのアドバイスとは

巷では、さまざまな便秘解消法が紹介されています。でも、そこで紹介されている食事や運動に挑戦しても便秘が解消されず、頭を悩ませている人は少なくありません。

そんな中、2019年5月14日(火)放送の『名医とつながる!たけしの家庭の医学』(テレビ朝日)で紹介された便秘解消法は、国立病院機関 久里浜医療センターの水上健先生からの2つのアドバイスをただ電話で「聞く」ことでした!

 

なんでそれで出るの?2つのアドバイスとは

放送では数十年来の便秘に悩む2人の女性が登場。2人は水上先生に電話をし、便の状態やこれまで行ってきた便秘対策について話します。電話はおよそ5分で終了しますが、そのうち1人は電話の3時間後に2週間ぶりのお通じが!もう1人は6時間後にお通じがきて、その後2人の便通は

  • 10日に1回→1週間に4回
  • 4日に1回→6日連続

に改善されました。

 

見事に便通を改善させた水上先生の電話。しかし先生は2人の話に耳を傾け、

 

「腸が出したくない時は出ない」

「回数、気にしなければ、自分で出てくる」

 

と話しただけ。それが一体なぜ便通改善につながったのでしょうか。

ポイントは「不安を取り除く」ことにありました。

 

便秘の中にはストレスが原因の「けいれん性便秘」がある

2人の便の状態や便秘対策を聞き出した水上先生が指摘したのは、ストレスが原因で便秘になる「けいれん性便秘」。

けいれん性便秘

大腸のぜん動運動に連続性がなくなり、便の通過に時間がかかり過ぎて起こる便秘です。ストレスの影響が強いと考えられています。

引用元:便秘  日本臨床内科医会

ストレスや不安を感じることで、大腸がけいれんを起こし、収縮。それにより便の道筋が塞がれてしまうというもの。

  • 便の形状がコロコロしている
  • 生活環境が変わると便秘になりやすい

という特徴に該当すると、「けいれん性便秘」の可能性があると水上先生は指摘します。

 

番組ではけいれん性便秘が起こる瞬間が放送されました。便通に悩む女性の1人に協力してもらい、内視鏡を入れて大腸の様子を観察。すると、内視鏡を入れたことによるストレスで大腸が収縮し、閉じていることが分かりました。

 

ストレス因の便秘は「緊張をほぐす」ことが大切。運動も食事改善も不要

そんなけいれん性便秘を解消するポイントは「リラックス」。便秘のことを考えない・考えすぎないことが重要なのです。便秘のことが頭に浮かんでしまったときには、以下の方法で緊張をほぐします。

  1. 目を閉じて深呼吸
  2. 「少しぐらい便が来なくても大丈夫」と呟く

食事も運動も必要ない便秘改善法はたったこれだけです!

便秘に対する強い不安が、かえってしつこい便秘を生み出していました。そのためリラックスすることで、ストレスで収縮する大腸の動きを緩和するのです。

 

ただし、この改善法ですべての便秘が解消されるわけではありません。

便秘には、

  • 機能性便秘(生活習慣やストレスが原因)
  • 器質性便秘(大腸がんや手術後の癒着などが原因)
  • 症候性便秘(病気の症状のひとつとして現れる便秘)
  • 薬剤性便秘(薬の副作用などが原因)

とさまざまな種類が挙げられます。本記事で紹介した「けいれん性便秘」は「機能性便秘」のひとつ。しかし「ただの便秘と思っていたら、重大な病気が隠されていた」という場合も十分考えられます。違和感を感じた場合には、すぐ医療機関へ受診しましょう。

 

とはいえ、食事や運動で解消されない便秘に頭を悩ませているのであれば、試す価値はあります。便秘の不安が頭に浮かんだときには、深呼吸して、便秘について考えすぎないことを意識してみてください!

スポンサーリンク

日本一おいしくて簡単な生甘酒の作り方! ダイエット&便秘&美肌の飲み方

最近、なんだか甘酒が気になりませんか? ふと気がつくと、近所のスーパーでも売り場面積を拡大中です。関西には「ひやしあめ」という夏の定番飲料がありますが、関東の人…

便秘に悩む人、必見! 「腸がスッキリ」する3つの朝習慣【40代からの美容道】

便秘がち、なんとなくお腹が張る、お通じはあるけれど固い……そんな症状に悩んでいる人にこそ見直してほしいのが「朝習慣」です。朝の生活習慣をちょっと変えるだけで、実は…

「酢キャベツ」は効く?40代の「ヤセ菌増やし」ダイエット10日チャレンジ#2

幼い頃のぽっちゃり経験から、体重コントロールに対する意識は非常に高かったのに、40代半ば頃からかなり苦戦中!少食なのに太る、運動の時間が取れない。そんな私が出会っ…

お風呂上がりに5分のデトックス! 今日からできるリフレクソロジーの基本

桜の開花宣言も出て、だんだん春らしくなってきましたね。暖かくなってくると、「それほど体も冷えていないから、いいや」と、ゆっくりお風呂につからずにシャワーですませ…

2週間で5キロやせたアイドル! 「もち麦ダイエット」が食べてやせる理由とは?

テレビ番組『究極の〇×SHOW 超問!真実か?ウソか?』で、ぽっちゃり系アイドルグループPottyaの犬童舞子さんと橋本一愛さんが2週間で5kgやせた「もち麦ダイエット」。1日…

道端アンジェリカが10kgやせた「トマト寒天」ダイエットレシピ

チアシードや甘酒など、その美容効果に注目し、いち早く取り入れてきた道端アンジェリカさん。彼女がNHK『あさイチ』で今注目している食材として紹介したのは、「寒天」。…

有名人御用達のマッサージ師が教える「老廃物・脂肪」をスッキリさせるコツ

疲れが取れない、むくみが取れない、脂肪が落ちにくくなった……。そんな悩みを感じてはいませんか? その原因は「リンパや血液の流れが滞って老廃物や余分な脂肪がたまって…

便秘・冷え・肩こりの原因!たまった体の毒を出す、3つの習慣

一気に気温が下がってきましたね。寒くなるとついつい食べ過ぎたり、運動量が急激に減ったりと、体の中にたくさんの毒素を溜め込みがちな季節です。気づかないうちにさまざ…

やせたいならダイエットしないほうがいい!? やせたい人が始めるべき美習慣とは

「ダイエットしても、なかなかやせない」「忙しいからダイエットする時間がない」。そう思ったりしていませんか? でも、忙しい=ダイエットできない=やせないではなく、…

40代の「ヤセ菌ダイエット」酢キャベツ10日でここまでやせた!チャレンジ#4

ヤセ菌を増やすべく、玄米や発酵食品を中心にした食事、そして酢キャベツを取り入れる生活を始めて1週間(具体的なルールはこちら)。酢の利尿作用でむくみ感が軽減したり…

漢字でそう書くの?!「吃驚」の読み方、知っていますか?

1つの文字にさまざまな読み方がある漢字。音読みや訓読みで読むこともあれば、慣用読み(元々の読み方ではないものの、広く普及したことで一般的になった読み方)やあて字で読むこともあり、「え・・・なんて読むの…

「こんじる」とは読みません!「困じる」の正しい読み方、知っていますか?

漢字は大体の意味さえ知っていれば、馴染みのない読み方であっても、その意味はなんとなく分かります。ただ・・・読み方だけは、察することができないんですよね!本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題しま…

「そうさつ」ではありません!「相殺」の正しい読み方、知っていますか?

その漢字をよく使う人であればスラッと読めるものも、馴染みがない人にとっては「え?なんでそう読むの?!」と困惑するもの。本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事で紹介する「相殺」。経理…

「ぜんじ」と読み間違える人多数!「暫時」の正しい読み方を知っていますか?

漢字にはたくさんの読み方があります。当然、似ている読み方もたくさんあるので、うっかり読み間違えてしまうことも。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!「暫時」の読み方、知っていますか…

「きじゃく」ではありません!「脆弱」の正しい読み方、知っていますか?

日本にいると、さまざまな文字が目に入ります。漢字、カタカナ、ひらがな、それに英語や中国語などの外国語。漢字、カタカナ、ひらがなの3つは、日本人にとって馴染み深いものですが、すべての漢字が自信満々に読め…

「なまぬき」ではありません!「生抜き」の正しい読み方、知っていますか?

漢字1文字1文字は読み慣れていても、1つの単語になることで、読み慣れている読み方とは違う読みになることがあります。本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。「生抜き」の読み方、知っていますか?…

「くさとれる」ではない!「草臥れる」の読み方、知っていますか?

日常生活でよく使う言葉であっても、漢字で書かれた途端になんと読むのかわからなくなることは多々あります。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!「草臥れる」の読み方、知っていますか?「…

「つよち」じゃない!「強ち」の読み方、知っていますか?

馴染みのある漢字なのに、送り仮名がついたことで途端に読み方が分からなくなることってありませんか?そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!今回ご紹介する漢字もなんて読めばいいのか戸惑う…

「よめ」ではありません!「予め」の読み方、知っていますか?

漢字にはさまざまな読み方があるため、「え、これなんて読むの?」と困惑する漢字に遭遇することもあるのではないでしょうか。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!今回ご紹介する漢字は普段…

「しゅんす」も「さとす」も間違い!「唆す」の読み方って?

普段耳にしたことがある言葉でも、いざ漢字で表されると「なんて読むの?!」と困惑してしまうもの。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!「唆す」の読み方、知っていますか?「唆」という漢…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事