床に手のひらはつく?1日1分でベッタリつける足指ストレッチとは

たとえば体重や体脂肪率などの「数値」は自分でわかっていても、自分の身体の「柔軟性」まで意識している人はなかなかいないと思います。

ですが、柔軟性は身体の美しさを作る一番大きな要素の一つです。

柔軟性に欠ける人は捻挫や肉離れなどケガを抱えやすいうえ、疲れやすいなどのデメリットがとても多いのです。

外見からはわかりにくいので自分で確かめて意識しなければいけません。

 

筋肉は使いすぎても、使わなさすぎても、硬くなっていく

 

子どもや赤ちゃんを想像するとわかりますが、人の体は本来とても柔らかいもの。ですが、運動で動かさないと使われない筋肉が硬くなっていきます。

また、仕事や家事である程度体を動かす人でも、意外に硬くなっているもの。肩こりを想像してください、「決まった筋肉だけを集中的にいつもつかう」のが原因です。

このように、筋肉は、使わなくても、また使いすぎても硬くなってしまうのです。

 

硬くなった身体は柔軟性に欠け、肩コリや腰痛を引き起しやすい疲れた体になってしまいます。

そればかりか、体の柔らかさは見た目の若々しさにも関係アリ。柔軟な体はいつまでもキープしていたいものです。

 

今日は、毎日1分で体を少しずつ柔らかくする方法をお伝えします。

将来の若々しい体のためにも、ぜひお試しください。

 

まずはチェック!「自分の体の柔らかさ」はどのくらい?

 

座ったまま「長座前屈」

股関節から体をふたつに折りたたむ感じで、ヒザは曲げないように長座で前屈しましょう。

 

A・手首が足の指につく …… 合格!! 充分に柔らかく、体の若さは20代に匹敵。全く問題はありません。

B・手首はつかない   …… 残念! まずは指先が足指に付くくらいを目指してください。

C・指先が足指につかない…… 要ストレッチ! 中指の先を思いっきり伸ばした時、足のどこにタッチできたのか記録しておいてください。

*定規を両手で挟んで前屈すると、何cm手間まで曲げられたのかが簡単にわかります。定規がなく、足にもタッチできない場合、長座ではなく立位の前屈にして、近くにある家具や壁にテープで印をつけてください。

お風呂上がり1分でみるみる体がやわらかくなる?「1分ウォーク」とは

 

 

上記のチェックでB、Cだった人も、がっかりしないで大丈夫。毎日がんばらなくてもできる対策があります。

それは「足の指だけで歩く」という方法です。

足の指の働きを良くするだけで、下半身の柔軟性も増します。

最初は、試しに足の指で、

「グー」「チョキ」「パー」と動かしてみてください。

 

もしなめらかに動かないようなら、あなたの身体はきっと硬いでしょう。

 

何度か繰り返してなめらかに動くようになったら、1分ウォーキングの実践です。

足の指が滑らないよう、できれば裸足で床の上がいいでしょう。

 

1・裸足で床に立った状態で、足の指に力を入れて、指先を立てます。

2・親指から全部の指の腹にぎゅっと力を入れ、床を掴み、尺取り虫のように足全体を1回2~3cmずつ前に進めます。

3・両足同時に進んでも、片足づつ左右交互に進んでもどちらでもOKです。

 

これを1分間やってみてから、もう一度前屈をしてみてください。

どうですか?

最初よりも深く前屈できるようになっていませんか?

 

この1分ウォークは、体が硬い人ほど最初難しいのですが、慣れると1分間で180cmほど進む事ができるようになります。

距離を測ると自分の成長がわかります。

たとえばお風呂上がりなど、毎日の習慣の中に組みいれてください。

(痛みが出た場合には、無理にはおこなわないでください)

毎日歩く人でも、足の指は意外に動いていない。だから効く!

 

足の指は普段歩く際も床につく程度の働きなので、意識的に動かすタイミングが少なく、機能も衰えやすい場所。

11分でも良いので、意識的に動かしてみてください。

そして徐々に距離を伸ばして、1分間に2mくらい進める足指を手に入れてくださいね。

 

私はウォーキングや運動を仕事として生活し歳を重ねてきましたが

丈夫な体とは「しなやかな肉体」なのだと感じています。

 

「しなやかな肉体」を維持するには関節や筋肉を、それらの可動域を充分に使っているかということが大切です

自動車や電車などの交通インフラや洗濯機・乾燥機・食洗機・掃除機など文明の利器やテクノロジーが日々進化する一方で、体をくまなく使う機会は減り続けているのも現実です。

日々の暮らしを振り返ったり考えてみると、体の決まった部分しか動かしていないのではないでしょうか。

 

医学の進歩もあり日本人の寿命は伸びています。

しかし残念なことに老後に体が動かなくなり寝たきりになってしまう方も少なくありません。

そうならないためにも、これからの日本人はあえて体を動かさなくてはいけません

そして進化し続ける現代を楽しみながら長生きして、ご自身の人生をできる限り楽しみましょう!

 

つまずきにくく転びにくくなる歩き方は、いつでも受講可能です。

まずは姿勢から!

姿勢の無料トライアルレッスンは渋谷で毎月開催しています。

詳しくは下記のサイトをご覧ください。

http://www.chiaki-walk.com/

 

【櫻田千晶先生の人気記事】

ヒモ・ベルト1本巻いて、その場で歩くだけで。誰でも簡単に3kgやせするコツ!

靴の裏どうなってる? 靴底でわかる「4つの疲れチェック」とその対策

スポンサーリンク

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

台北ローカルが行列してでも食べたい!話題の「台湾素食」まずはこの店へ

ちょっと仕事がひと段落ついたとき、ふと思い立って行ける海外、それが台湾。ひとりで台湾行ってみたいけど、お決まり小籠包と足マッサージだけじゃなくてちょっと違ったプ…

今すぐ!4呼吸でお腹がへこむ奇跡のドローイン

ドローインという言葉をご存じでしょうか? 知っていても、知らなくても、大丈夫。今からたったの4秒、ちょっとご一緒にお願いします。では、いきますよ?1・何も意識せ…

台湾の土産探しに「天和鮮物」へ!台北最大のオーガニックスーパー

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

40代からは「美尻」で勝負!寝る前5分のたるみ解消ヒップケア

こんにちは! 30~40代にかけて様々な体の変化がやってきますよね。胸やお腹、お尻の変形……すでに焦っている女性も多いはずです。このボディラインは気づかないところで意…

お疲れ40代が台北で救われるお茶とお風呂!「百勝堂薬行」でお土産

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

台北に泊まるならココ!おすすめホテルエリアとは?【ひとり台湾】

星の数ほどある台北のホテル休みが取れそう!海外行こう!よし、近くて手軽にいける台北に決定!!いいですね、何食べようどこ行こう買い物予算どうしよう。いろいろ楽しい…

【マンガエッセイ】迷わず購入!台湾の調味料”鵝油金葱”!

前回の続きです、前のお話は→こちらそれはおフランスとの融合!?日本ではあまり馴染みのない”ガチョウ料理”だけど、台湾では結構街にお店がある。読んで字のごとく漢字一…

これで350円!台北の美味ベジグルメ「素食」ローカルも並ぶ一押し店は

前回の続きです→こちら台湾駅からMRTで一駅、『善導寺』駅から徒歩5分程度、台北駅からも歩ける距離にある『蓮池会素食館』に足を踏み入れた私......ドアを開けるとそこに…

1日たった2分「○○をして立つ」だけ!他人からの評価が驚くほど上がるナイショの心理テク

こんにちは、ウォーキングスタイリストの櫻田千晶です。普段は仙台をベースに、東京でもウォーキングのレッスンを行っています。私はモデル出身ですが、教えているのは単なるモデルウォークではありません。その人の…

【肩こり】ここをチェックすれば原因がわかる!5秒でOKのストレッチとは

オトナの女性の体には様々な不調が現れますが、その中でも多くの方を悩ませるのが「肩コリ」。つらい痛みを常に感じている方や、慢性的な不快感によりメンタルが消極的になってしまう方も少なくありません。なぜ肩コ…

【ぽっこりお腹】頭上で手を合わせて横にグーン!下半身すっきりの「プチ筋」トレ2つ

増やすのは難しくて減らすのが簡単なのは「お金」ですが、逆に増やすのは簡単なのに減らすのが難しいといえば何でしょうか?答えは「体重」です(笑)。誰でも40歳くらいまでは、食べ過ぎて2~3kg太っても、1週間程…

ミュールがパカパカいうのは勘弁…「素足に靴」でブス脚になる5つのNG

暑い夏はできるだけ素足になりたい!素足になって、サンダルやミュールも履きたい!でも、歳を重ねた女性たちは要注意。裸足になるとキレイに見えないことが多いのです。たとえばこんな問題が!以下、あてはまるもの…

汗をかいてもニオわない!「よい汗」を出すためのたった1つの習慣とは

香りは記憶とつよく結びつきます。日常の中で偶然ある香りを感じた瞬間に、その香りにまつわる人やシチュエーションなどの記憶が鮮明に蘇るものです。香りは人の「感情」と強く結びつくので、いい記憶だけでなく、悪…

54歳、離婚後5年寝たきりの鬱と乳がんを経て健康を取り戻すまで【100人の更年期#11】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

肩甲骨きゅっと寄せられる?代謝を上げ不眠を撃退する2つのポイント

新しい年度が始まる4月。1年の中で最も寒暖差が大きい月なので、体がついていかない人も多かったと思います。寒暖差は体温調節や血管の収縮など、自分の意識とは無関係な部分。体にストレスがかかり自律神経が乱れて…

パンプスのかかとがパカパカしてません?9割くらいの日本人は「足の幅」を間違えてる

ご存知でしょうか。実は欧米では、家の中でも靴を脱ぎません。1日の大半を靴と共に暮らしています。自宅に帰るとまず靴を脱ぐ、会社や電車の中でも脱ぐ日本人にとっては、1日中靴を履くだなんて信じられないですよね…

下半身の冷え、上半身のコリを解消する「やせ歩き」2つの方法

最近は運動不足だと感じているのに先延ばしにしたり、お正月休みに増えた体重が気になっているのに、寒いから運動したくな~い!と、思っていませんか?夏になっても暑くても運動したくないのに、それでは一体いつす…

ヒモ・ベルト1本巻いて、その場で歩くだけで。誰でも簡単に3kgやせするコツ!

夏と冬、ダイエットに適しているのはどちらのシーズンでしょうか? ダイエットに取り組む人が多いのは、肌を露出する機会の多い夏。また、汗の量や夏バテによる食欲の低下など、夏のほうが痩せやすいイメージがある…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事