いくつやってた?人前で大恥をかく箸づかい7選

もうすぐ忘年会シーズン。テーブルに届いたお料理を取り分けるとき、実はあなたの「箸さばき」が意外に注目されていることに気づいていましたか? 各種アンケートでも「テーブルマナーがよい女性には好感を持つ」と必ず挙がりますが、とはいえ一夜漬けでは美しいしぐさは身に付きにくいもの。

今日は、せめてこれはしないでという、マナーの悪い箸の使い方を「嫌い箸言葉」でチェック。恥をかかない箸美人を目指してみましょう。

これをすると嫌われちゃう?「嫌い箸」のいろいろ

お箸のマナー違反は「嫌い箸(きらいばし)」と言います。「忌み箸(いみばし)」「禁じ箸(きんじばし)」とも言い、次のようなものがあります。

「握り箸」 二本の箸を鷲づかみにする

「指し箸」 人や物を箸で指し示す

「突き箸」 お料理に箸を突き刺す

「掻き箸」 食器に口を付けて食べ物を箸で掻き込む

「涙箸」 汁を滴らせながら箸を口に運ぶ

「寄せ箸」 遠くの食器を箸で手元に寄せる

「迷い箸」 どの料理を取ろうか、料理の上で箸を動かす

「撥ね箸(はねばし)」 嫌いな物を箸で除ける

 

さすがに、人の前でこれらの「嫌い箸」はしませんよね。

 

さて、「嫌い箸」の中には、「え?それっていけなかったの?」という上級者レベルのものもあります。その中から、みんなで集まる忘年会などで、うっかりやってしまいそうなものを(まさに)ピックアップ。何が悪い箸のマナーなのかチェックしましょう。

 

忘年会でうっかりやってしまいがちな「嫌い箸」ピックアップ!

1 両手で箸を挟んで、「いただきます!」
「拝み箸」といいます。
食事の挨拶をきちんとする女性は「ああ、普段からそうしているのかな?」と思われますよね。でも、あいさつは、箸を持つ前に。

2 なかなか切れないお肉を両方の手に持った箸でギコギコ……
「ちぎり箸」といいます。
一口大に分け口に入れようと思い、箸を両手に1本ずつ持ってナイフとフォークのように料理をちぎろうとする様子は、想像しただけで幻滅ですね。

3 話をしながら食べるとついつい箸を持ったまま手が顔の横に。
箸を手の甲より高く振り上げる所作を「振り上げ箸」といいます。話の盛り上がりによっては、箸についた食べ物が飛んできそうですよね。箸は、使っていない時は箸置きに戻しましょう。

4 箸を持ったままお鍋の具を取り皿に。
「受け箸」といいます。よそい慣れているような手さばきですが、この場合もやはり、箸置きへ。

5 これ食べようかな。やっぱ、太りそうだからやめとこ。
「空箸(そらばし)」といいます。
食べようとして箸を伸ばしたにもかかわらず、途中で考え、結局取らずに箸を引く所作。
この所作、昔の人が、供された食物を毒入りと疑ったときとる仕草と同じなので、食の提供者に対して失礼な振る舞いとされています。

6 お味噌汁の具、もうないかな?
「探り箸」といいます。箸でお椀の中をかき回してはいけません。

7 これはダントツでは? 箸を器の上に置くこと。
「渡し箸」といいます。とにかく使わない時、箸は箸置きへ!

以上7つの「嫌い箸」、あなたはうっかりやっていませんでしたか? こういうときにしっかり「育ち」が出るもの。せめてこの7つはしっかりおさえ、普段から練習しておきましょう。

基本ルールはこれ。
「箸は箸の用途以外に使わない。そして、使わない時はとにかく箸置きに置く」

 

とても高度な「直箸(じかばし)」問題

さあ、あなたは「皆に取り分ける役」を買って出ました。その時、取り分け用の箸がなかったら、あなたならどうしますか?
A お店の人に言って、取り箸をいただく
B 直箸でいい?と提案する
C 自分の箸をひっくり返して使う

正解はA。
Bはそもそもマナー違反ですが、家族のようなあいだがらでは問題ないと思われます。
家族以外の場合、例え仲の良い友人同士であっても、実は気にするという人もいるので、避けるのがベター。
さて、問題はCです。
大勢で食べる料理を取り分ける際、箸を上下逆さにすることがあります。
自分が口にした方ではないということをアピールしていますが、これが実はマナー違反。
結局、自分の手が触れた方で料理を取ることになりますし、使い終わったあと、見た目が悪く悲惨です。

なお、慶事用の箸には、両端を細くしてあるものがあります。
それは、食べ物を神様と分け合うという意味を持つもので、ひっくり返して取り箸として使うものではありません。

 

食事の後にこっそりチェック

一通り食べ終わったあと、自分のお箸をじっと見てみてください。
「箸先五分、長くて一寸」
参考「お箸のルール – 輪島商工会議所」
http://www.wajimacci.or.jp/jb/waproject/manner_2.html
一寸とは3センチ。
実際に食べ物や口に触れるのは、箸先3センチ以内が良いとされています。
あなたのお箸の汚れた部分は、何センチでしたか?

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代で結婚できた女性がやっていた「男の選び方」4つのルール

アラフォー&アラフィフで結婚できる女性には、ある共通項がありました。美魔女じゃないとダメ? それとも良妻賢母タイプ?いいえ! ある一つのことが実行できる人ばっか…

突然の「親の葬儀」。私の家族に起きたこと、かかった費用

考えたくないけれど、いつかやって来る親との別れ。残される家族としては、葬儀の費用のことも気になります。そこで、葬儀とその費用について調べてみました。葬儀は突然や…

口にするだけで愛が深まる!3つの魔法の言葉とは

今日はクリスマスイブですね。みなさんは誰と過ごしますか?せっかくのクリスマス、素敵な思い出にしたいですね。サンタクロースや恋人からの贈り物ばかり気にしないで、今…

クイズ!中学生でも分かる敬語、正しいのはどっち?

英語でも数学でも中学生レベル、つまり義務教育で習うことで十分だというブログや書籍が目に付きますよね。今日は敬語について基礎からおさらいしてみましょう!全7問です…

えっ、「食べる」を丁寧に言うと「食べ○○○」?

「お昼はもう召し上がりましたか?」と聞かれて「はい。召し上がりました」なんてうっかり答えてしまうこと、ありますよね。「食べる」には「召し上がる」「いただく」とい…

ヘタな字がたった1日で「大人な字」に変わる魔法って?

壊滅的に汚字というわけではないけれど、年齢相応とは言い難い、「微妙にヘタな字」。私のこと?と思う人は多いはずです。アラフォーともなると今さら習いなおすきっかけも…

モテ度急上昇!男性のハートをギュッとつかむ究極の一言

今年のクリスマスイブの予定は決まりましたか? 女子会で盛り上がるのもいいけれど、できれば彼と過ごしたいですよね。「その彼がいないの!」という方、たった一言口にす…

参拝前にこっそりチェック! これだけはおさえたい初詣のマナー3つ

新年あけましておめでとうございます。みなさんはこの記事をどこでご覧になっているでしょうか。初詣に行く前だったらラッキー!な情報をお伝えします。誰と一緒に参拝する…

オオゴショと言うとオオゴトに!?女性に「大御所」を使うと…

演歌の世界では、北島三郎さんや五木ひろしさんら、お笑い界では、ビートたけしさんや明石家さんまさんらが「大御所」と呼ばれる人達。この言葉の使い方に異論を唱える人は…

あなたは大丈夫?意外と知らない「敬語の間違い」TOP3とは?

あなたの日本語、基本的に間違っています!オトナサローネでいつも人気上位なのが「日本語の誤用」シリーズ。その中でも特に人気の記事をご紹介します。あなたもその敬語が…

「ご回答ください」は間違い?やっかいな日本語の正誤5選

先週、仕事のスケジュールの話になったとき、私の仕事量について「苛酷なスケジュールですね」とコメントをくれた方がいらっしゃいました。意味から察して正しくは「過酷」です。私の体を心配してくださっているコメ…

「ご承知おきください」は上から過ぎ!ちょうどいいメールの丁寧語って?

先日、ある会議の時間変更があり、メールで連絡を受けました。「以上の理由によりやむなく変更といたします。ご承知おきください」。確かに相手側にとってはやむを得ない事情のようなのですが、召集されている人たち…

「凡例」ってぼんれい?みんなが読み間違えている熟語10選

先日、ある料理屋で鳥刺しをいただいたのですが、塩と梅肉が添えられていました。醤油ではなく、この塩と梅でいただくという形。「まさに良い塩梅ということですね」と申し上げましたら、お店の主人が「ありがとうご…

実は「違和感を感じる」は間違っていない。でも「頭痛が痛い」がNG日本語な理由

「人事異動で秘書課になったあの人、違和感ゼロだわー。もともとそこにいたみたいな感じ。」こんな日本語が、説明なしで通じる世の中になって参りました。言葉は移り変わるものですが、そもそも誤りであることを知っ…

「折り入ってご相談」が失礼に当たるタイミングって?NG敬語の言い換えは

「折り入ってご相談がございます」「微力ながらお手伝いさせていただきます」このような言葉は、ビジネスシーンではよく見られます。しかし、本来の言葉の意味を知らないと、使うタイミングを間違えたり、使うシーン…

「ますますお幸せに!」は離婚の暗示?結婚式でNGな言葉の言い換え術

メールや文書で失礼なことを書いてしまった場合、最悪謝罪をし、訂正したものを送ればいいのですが、結婚式のような大切なイベント時に失敗は避けたいもの。最近は二人のなれそめなどを文字、キャプション付きのムー…

あなたは大丈夫?「なし崩し」の正しい意味、日本人の20%しかわかっていない

「そんななし崩し的なやり方では、計画的に進まない」「良いのか悪いのか決めずに、なし崩しに動き出せば、失敗するよ」「貯金をなし崩し的に使い、あっという間になくなってしまった」こんなふうに「なし崩し」を誤…

「あなたのメールは読みにくい」と思われてる?ひらがなに直した方が良い言葉10選

毎日、私たちは様々な手段で、他社とコミュニケーションを取っています。その中で、文字によるコミュニケーション手段として、メールやSNS、文書や手紙などがありますが、圧倒的に多いのが「メール」によるコミュニ…

「今度伺わせていただきます」はNG?丁寧なつもりの「過剰敬語」が逆に無礼なワケ

どの企業でも接客の方法については新人研修などで学習済み。しかし、実際に業務が始まると、敬語以前に覚えなくてはいけないルールが山のようにあり、自分がお客さんに対して使っている敬語について、時間をとって検…

日本人の約7割が間違えている微妙な日本語!「〇〇を飛ばす」

「あの後輩、最近ちょっとたるんでいるから、檄(げき)を飛ばしてきたわ」「部長が部全体に檄(げき)を飛ばしたので、少し活気が戻ったわ」実はこの使い方NGです!「檄を飛ばす」のは、「しっかりしなさーい」と相…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事