オバ見えしている人ほど使ってない!40代が積極的に使うべきコスメ3選

メイクをしていて「なんだか、オバサンっぽい仕上がり?」にお心当たりがある場合、使っているコスメが足りていない可能性も。

若いころには、適当なコスメで済ませたメイクでなんとかなっていても、40代ともなれば“手をかけるべきポイント”に適した化粧品を使うのがベターです。

「ちまたにはコスメが溢れているけれど、今の私に必要なものが、イマイチわからなくて」にお心当たりがある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は「メイクがオバサンっぽい」と思われがちな女性ほど、使っていない定番コスメのお話です。

 

これ使わないからオバサン? 40代が積極的に使うべきコスメ1:コンシーラー

 

シミや小ジワ、目の下のくまなどをフォローするのに最適な“コンシーラー”は、一度は手に取ったことのある40代女性も多いはず。

ですが「塗ったところだけ、厚塗りに見えるから苦手」「毎日使うのは、面倒くさい」などの理由で、だんだんと遠ざかってしまっている人も少なくないのが実情でもあるのでは。

ところがこのコンシーラーこそが、40代の微妙な“アラ”を絶妙にフォローしてくれる存在になるのは間違いなく、まさに「使うと使わないとでは、肌の仕上がりが違う」と言える神コスメでもあります。

ひと昔前のコンシーラーと比べて、最近のものは薄づきかつ自然なカバー力を有しているものが多く、40代にありがちな目の下のくまや、色むら、小鼻のまわりの赤みなどは、カバー力のあるファンデを塗るよりも、コンシーラーを使ったほうが若見えは確実。

指先やチップにほんの少量をとり、トントンとたたくように馴染ませれば、厚塗り感のない自然な美肌を演出できます。

 

これ使わないからオバサン? 40代が積極的に使うべきコスメ2:眉マスカラ

 

眉メイクの仕上げには、パウダーやペンシル、リキッドなどで描いた部分を「なじませて終わり」にしている女性も少なくありません。

しかし、40代の眉は毛流れが乱れていたり生え方が不揃いだったりと、なにかとオバサンっぽさを醸し出す要素が多いのも事実。

メイクをした直後には美しく見えていても、時間の経過とともに、自眉と描いた部分のコントラストが目立ったり、毛流れが乱れたりといったオバ眉にもなりがちです。

そこで使うべきは、眉マスカラ。仕上げに専用マスカラで眉をなぞっておくだけでも、美しい毛流れを長くキープでき、かつ自眉とメイクした箇所をホールドするようなメリットもあります。

眉が乱れていると、乱れた生活や疲れた日々を連想させやすいだけに、これを使うと使わないでは、印象は大違い! と言っても過言ではありません。

 

 

これ使わないからオバサン? 40代が積極的に使うべきコスメ3:ブロンザー

 

のっぺりとしたベースメイクは、それだけで、オバサンっぽさを醸し出してしまうNGの典型。

ファンデーションを無造作に塗っただけの肌だと、どうしてもノペっとした見た目になりやすく、顔も大きく見えがちなデメリットも挙げられます。

40代ともなれば、若いころと比べ、物理的にも“たるみ”によるのっぺり感が増しがち。

それだけに、メイクでメリハリや凹凸を意識するのが、老け見え回避には欠かせない術にもなります。

手元にブロンザーがあれば、輪郭周辺にサッとはたくだけで小顔効果や凹凸効果が出て、瞬時にオバ見えを回避させるテクに。

「ブロンザーは、日焼けした人が使うもの」と思い込んでいる40代女性も多いのですが、微妙な色の展開も豊富ですし、シェーディングにこれほど便利なものもなかなかありません。

 

メイクのちょっとした部分で年齢を感じさせてしまうと、それが即座にオバ見えの要因となることも。

なにかと多忙を極めている40代は、デイリーメイクが若いころより簡素化する人も珍しくないものの、ちょっとしたパーツをフォローするコスメだけは、省略しないほうが安心です。

「これ使ってなかった!」にお心当たりがあるかたは、よろしければぜひ買い足してみて。

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよ…

今日のメイクは大丈夫? 2019秋「男が嫌がる40代女性のメイク」の共通点って?

秋らしい季節感を意識して、夏までとはメイクを変えた40代女性も少なくないはず。深みのある色も増えるこの時期には、大人のクラシカルを楽しむメイクにも、惹かれがちではないでしょうか。ところが、この“クラシカ…

オバ見えが加速!40代が買ってはいけない「アイシャドウ」秋の3大NGカラー

昨今のメイクトレンドは、40代女性が若い頃と比較すると、よりカジュアルかつナチュラルな仕上げが主流です。アイメイクも、ここ数年でグッとシンプルになり、オーソドックスな塗り方であるグラデーションや締め色使…

彼の家に行ったらこっそりチェック!「育ちの悪い40代男」の家に潜む悪習慣3選

男女ともに、新たな恋人の前では「自分を良く見せたい」の心理から、“きちんとした人”に見える振る舞いをあえて心がける傾向も。そして関係が安定してきた頃合いに、気を抜いた言動が増え、パートナーから「実は、こ…

このセリフが出たら要注意!浮気性な40代男ほど口にする危険なフレーズ3例

浮気や女グセの悪さは、ある種のビョーキで「浮気性な男は一生治らない」とも聞きますよね。確かにまわりの男性を見渡してみると、浮気をする男性、あるいは複数の女性と同時進行で交際する男性は、年齢を重ねても悪…

モテを逃す!男性が嫌う40代女性のダメなすっぴん顔3例

いつの時代も、男性は「すっぴんが好き」と言われます。40代の恋愛話においても「ケバいメイクの女性はイヤ」「派手なメイクの女性には警戒する」などの声がたびたび聞かれますので、あえて“すっぴん風”のメイクでモ…

【40代のプチプラコスメ】大人も大満足!肌にも髪にも使える便利ワザって ?

気になっていたプチプラアイテムを使ってみたものの「保湿力がイマイチかも?」「やっぱり高いもののほうが、満足度は高いわ」などと感じた経験のある40代女性は少なくないはず。実際、使い勝手が価格と比例するコス…

「いつものほうが素敵だったのに」男がガッカリした40代彼女のヘアチェンジ3例

イベントデートなど、普段よりも気合いを入れたい日には、いつもとは異なるスタイリング剤を使って髪を整える40代女性も少なくありません。しかしせっかく気合いを入れたのに、男性目線だとむしろ「いつものほうが素…

結婚はあえて選択しません! 40代の「長続きカップル」意外な共通点って?

昨今は、カップルの関係にも、多様性が顕著。出会いから交際、結婚、出産……と、いわゆる“お決まり”のパターンにハマらずに、自分たちなりのスタイルを貫く男女も増えてきました。40代カップルでも、長く交際を続けな…

ギョッ、デートでその食べ方は…男がドン引きした40代女性の「お育ちが悪すぎる」食事マナー3例

男女の仲は、食事をともにすると、相手の“人となり”がよくわかるのも事実。だからこそ、興味のある異性とはまずは食事デートから……の流れは、40代の恋愛においても一般的ですよね。そして、そのデート中に「ん? な…

このまつ毛はサイアクだ…! 男が引いた40代女性の2019秋メイク3例

秋になると、夏と比較して、ちょっとイメチェンしたくなる女性も増えてきます。しかし他方で40代ともなると、メイクでも自分なりの“定番”が確立され、あえてアップデートを避けているパーツがある女性も少なくないの…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事