【九星フラワー占い】二黒土星の7月の運勢は「恋も仕事もメールが効く!」

本格的な夏がやってきたとバカンスの予定に胸を躍らせたり、世の中はちょっとお楽しみモードかもしれません。
けれど、その雰囲気にのって落ち着きを失うと、この半年積み重ねてきたことを台無しにしてしまう恐れも。
今月は❝逃げるが勝ち❞、恋も仕事もわれを忘れて深追いする、というのは控えて正解といえそうです。どんな深追いが危険か、何なら追ってもいいのか星ごとに占います。

※二黒土星の生まれ年は1962年、1971年、1980年、1989年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

風邪をひくと長引くので注意

よく「夏風邪はしつこい」といいますが、二黒土星は7月に入ると体調をくずしやすく、とくに風邪をひきやすいので注意してください。

それを防ぐには、家でゆっくり休息する時間をとること。心と体をやすめたうえで、部屋の掃除も少しずつ行ってみてください。

二黒土星は物をためこみやすいところがあるので、ちょっとした断捨離もいいかもしれません。

ただし、あまり熱中しすぎないでください。そう、整理整頓の深追いもかえって疲労のもとになりますから。

 

人から知恵を求められ、その不足を感じるかも

こうした休息の時間を大切にしてほしいのは、仕事の場や人付き合いの場では大忙しになりそうだからです。

なぜか人からの相談が相次ぎます。

知恵を貸してほしいというようなことを言われることが多そうで、知らないと突っぱねられず、つい本人のかわりに自分が調べている……という状況になりそうです。

ここで、こういうことを勉強しておくと今後役に立つということに気づけるかもしれません。

その気づきは大切にしてください。

 

周囲から急かされても焦らない

また、ケンカとまではいかなくても、人と人の間に入って調整役をすることにもなるかもしれません。

頭を使ったり気を使ったり、おおいに疲れそうです。

けれどもそれだけ必要とされているということに、喜びを感じてください。

そして周囲から急かされても決して焦らずに、丁寧に対処していくことが肝心です。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛ですが、気持ちを伝えるメールか手紙が効果的です。

今月は体調が悪く、デートの約束をしてもキャンセルしてしまうということもありそう。

そういう場合もメールや手紙で丁寧にお詫びをするとかえって好感度があがりそうです。

ただし、返事がこないからといって何度もしつこく送るというのはNG。つまり深追いはせずサラッとさわやかに、これがポイントです。

金運にかんしては、残念ですがパッとしない感じです。忘れていた支払いの請求がきたり、自分で思い出したりして、焦りそうです。また、お財布を落としたり、スリにあうという心配もあります。油断しないようにしてください。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、ホワイトとパステルグリーン。ふさぎがちなこの時期に、明るくさわやかなこの2色の組み合わせを身に着けることで、重苦しい“気”を撃退しましょう!

ラッキーパーソンは、フラワーショップの女性店員。本数は1本でいので、いい香りのする花について質問をして、買って帰ってみてください。トラブル除けになります。

ラッキーフードは、海鮮ラーメン。風邪をひきやすくなっているので、熱々を食べて抵抗力をつけてください。

そうそう、夏の土用がやってきますが、今月の二黒土星にとってはウナギもラッキーフード。

ちょっと奮発してみてもいいかも。

 

カーネーションの花が象徴する二黒土星の魅力とは

母の日に贈られるカーネーションは、母性の星である二黒土星を象徴するのにピッタリと言えます。花言葉は「純粋な愛」、「母の愛」で、これはまさに母の包容力をあらわすような言葉ですが、二黒土星の女性には、人に優しく包容力があるのが特徴です。のんびりとマイペースではありますが、自分を頼ってくれる人を受け入れ、自分の周囲の人、とくに家族の幸福を思って、おいしい食べ物や体を温める衣類などをつねに準備しておくような、女性らしさがあり、みんなを癒します。

★7月の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク