【九星フラワー占い】七赤金星の7月の運勢は「チャンスとピンチが同時に!」

本格的な夏がやってきたとバカンスの予定に胸を躍らせたり、世の中はちょっとお楽しみモードかもしれません。
けれど、その雰囲気にのって落ち着きを失うと、この半年積み重ねてきたことを台無しにしてしまう恐れも。
今月は❝逃げるが勝ち❞、恋も仕事もわれを忘れて深追いする、というのは控えて正解といえそうです。

どんな深追いが危険か、何なら追ってもいいのか星ごとに占います。

※七赤金星の生まれ年は1957年、1966年、1975年、1984年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

逃げたくても逃げられない

今月は❝逃げるが勝ち❞があらゆる人にとっての重要なキーワードになりそう、と【全体運】お話ししましたが、七赤金星に限っては逃げるというは難しそうです。

落ち着きを失わないように踏ん張ってほしいのは同じなのですが、大きな変革の波がやってきて、それに真剣に向き合うことになると予想されます。

まれに見るラッキーチャンスと、腰が砕けるようなトラブルが交互にまたは同時にやってくるでしょう。

 

人生が大きく変わる時

これらを乗り越えた時、人生が大きく変わっていそうです、もちろんいい方向にです。

頭がよく要領のいい人が多い七赤金星ですから、自分だけのことでしたら、いつものような困難もヒョイっとかわせるのですが、今月は、周囲の人にも影響することなので、そうはいかないと思ってください。

自分にとっての居心地のよさ、都合のよさに固執していると、まちがえてしまう可能性が高くなりますし、運勢を開いたり高めたりすることはできません。

 

今までの方法や考え方を捨てることになるかも

これまで続けてきたことや大切だと思っていた何かを手放す必要性が出てくるかもしれません。

けれどもたぶん、今の七赤金星は勇気凛々、この波に乗っていけると思います。もしかしたら楽しんで取り組んでいけるかも。

周囲の人たちも、あなたに期待したり頼りたい気持ちを持ちつつ、あなたの動きに注目していることも忘れないでください。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、心躍るような出会いがあるかもしれませんが、じつは相手にはすでに妻子があったりしてガッカリ、というような吉凶混じった運勢になりそうです。

金運も、上手い話に乗ると痛い目に合いそうです。

ただし、どちらもただ悪いわけではなく、将来につながる大きな動きが起きています。パッと手に入るような物は正解ではないということです。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはレッドとシルバー。困難と充実、どちらに対しても逃げ腰にならないための情熱と、しっかり乗り切るための冷静さを与えてくれるお守りのようなカラーです。

ラッキーパーソンは、専門家や研究者。もしかしたら法律や税金のこと、医療についてなど、何かを相談することになるのかもしれません。

信頼できる人かどうかは、これまでのキャリアだけでなく、目を見て、その印象で判断することも大切です。

ラッキーフードは、エビやカニのクリームコロッケ。困った時の対処法が浮かびやすくなります。

 

コスモスの花が象徴する七赤金星の魅力とは

七赤金星の女性は、少女のように可憐で楽しいことに目がない人が多いです。「乙女の真心」という花言葉を持つコスモスは、にぎやかに群生していますが、ひと花だけに注目すると可憐で、どこか頼りなげ。その姿は七赤の女性に似ているような気がします。「アラフォーなんだから、しっかりしなくちゃ」、こう思ったら七赤の魅力は半減。好奇心のままに楽しいことを探し、その楽しさを人にもおすそわけする、そんな七赤を人は好きになるのです。

 

※全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク