婚活中の女性から共感の声!ドラマ『偽装不倫』のあらすじと魅力を紹介

 

婚活中の女性から「わかる!」と共感を集めているドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)。第1話と第2話を見逃した方のために、ここまでのあらすじと番組の魅力をお伝えします。

 

『偽装不倫』あらすじ

 

主人公・鐘子(杏)は、二世帯住宅で両親と姉夫婦と暮らすパラサイトシングル。巷に溢れる不倫ゴシップを見て「結婚に意味はない」と、3年間続けてきた婚活をやめる決意をします。そんな鐘子は、婚活さよならパーティーと称してひとりで博多旅行へ。

旅立つ鐘子は、姉・葉子(仲間由紀恵)から借りたワンピースの中に結婚指輪が入っていることに気づきます。しかし機内に乗り込んだとき、頭上から落ちてきたスーツケースが鐘子の頭を直撃。鐘子は指輪を落としてしまいます。

慌てふためく鐘子ですが、落ちてきた荷物の持ち主・伴野丈(宮沢氷魚)が指輪を拾い、差し出します。丈のイケメンぶりに動揺した鐘子は、自分の結婚指輪だと嘘をついてしまい、既婚者のふりをすることに。

そんな鐘子に「この旅行の間だけでいいから、僕と不倫しましょう」と言う丈。3年間婚活を続けても恋が実らなかった鐘子は、この期間限定の恋の中で、今まで感じてこなかった幸せを感じてしまい、どんどん深みにはまっていってしまうのです

 

『偽装不倫』の魅力とは

 

「おひとり様女子」が思わずついてしまった「既婚」という嘘をきっかけに始まる恋を描いた本作。注目すべきは、婚活に励む女性の心に痛いほど突き刺さる主人公・鐘子(杏)の言動です。

 

婚活をやめた理由に共感!

第2話では、鐘子の回想シーンが描かれ、3年間続けてきた婚活をやめた理由について、「興味のない相手にご飯を取り分けてる時、なにやってんだろーって頭ぐらぐらして婚活やめた」と呟きます。

婚活に励んでいた頃の鐘子は、婚活での出会いに虚しさを感じ始めていました。自分を一番綺麗に見せる洋服とメイクで、婚活で知り合ったよく知りもしない人と食事に行く。「なにやってんだろー」と呟く鐘子の表情は暗く、好きでも嫌いでもない人と向き合い「好きになろうとする」ことへの疲れが伝わってきます。

 

恋する姿が切ない

そんな鐘子は、「既婚」と嘘をつくきっかけになった姉の指輪を返してもらうために、丈とふたたび会うことに。「デートじゃないんだから」と自分に言い聞かせながらも、ウキウキした表情を隠し切れない鐘子。

回想シーンの鐘子とは違い、洋服を選ぶ姿もメイクをする姿も心の底から楽しそうなのがかえって切ないのです。婚活シートに正直に自分を書き連ねていた頃より、嘘を重ねている今のほうが、自分らしく男性と向き合えているのですから。

 

婚活に励む鐘子の友人の台詞も刺さる・・・!

婚活に励む女子であれば、鐘子と同じ派遣社員のまさ子(田中道子)の台詞も印象に残ったかもしれません。鐘子は丈との出来事をまさ子に話します。「偽装不倫」状態に「普通逆じゃない?」とツッコミを入れながらも、思い悩む鐘子に「嘘から始まった恋だっていいじゃん」「私の婚活シートなんて嘘ばっかりだよ!」と声をかけました。

まさ子は「嘘ばっかり」と言いましたが、決して嘘を塗り固めて婚活に励んでいるという意味ではないはずです。彼女もまた、婚活での出会いに辟易としているのではないでしょうか。相手から見た自分を意識しながら書く婚活シートは、時に「私の書いてることって本当?」「出会うために嘘ついてない?」と思わせるのでしょう。

 

『偽装不倫』から目が離せない

 

今作には「不倫」というキーワードが含まれています。第2話では、鐘子の姉・葉子(仲間由紀恵)が本当に不倫していたことが明かされました。しかし登場人物たちの恋模様がなんとも切なく描かれ、目を離せない視聴者も多いことでしょう。

鐘子の言動に、心がひりつく婚活女子も多いはず。嘘をつき続ける鐘子の姿を真似ることはおすすめしませんが、婚活に思い悩む女性には、恋に向き合う鐘子のピュアな想いを見届けてほしいものです。

スポンサーリンク

ハマったら危険!不倫上手な男たちが絶対にしない8つのこと

2016年も残すところあと少しですが、今年はとにかく芸能人の不倫ネタが多かった印象。どうして女性は、傷つくのがわかっているのに不倫に走ってしまうのか。大人の女性たち…

独身男性との不倫におぼれる40代既婚女性の誤算【不倫の精算 12】

どうして彼女たちは妻ある男と関係を持つのか。彼女たちは、幸福なのか。不幸なのか。恋愛心理をただひたすら傾聴し続けたひろたかおりが迫る、「道ならぬ恋」の背景。【不…

「二度と一緒に泊まらない!」男が決意した40代女性のホテルでの振る舞い3つ

本格的な行楽シーズンが到来し、愛しの彼と休日のたびにプチ遠出を楽しんでいる女性も少なくない時期です。秋は紅葉や旬グルメなど、このシーズンならではの“お楽しみ”もた…

どうする?既婚女性が「不倫バレ」した瞬間【不倫の清算3】

年末年始の街に漂う幸福なムードとは裏腹に、恋人が家族と幸福に過ごす時間をひたすら耐え、連絡を待ち続ける「不倫女性」。どうして彼女たちは妻ある男を愛してしまったの…

男は意外と見てる…! 「トイレ帰り」にドン引きされている40代オバサン…3大NG

デート中、まだ深い仲になっていない間柄のときほどタイミングを迷いがちなのが、お手洗いに立つ頃合い。会話が盛り上がっているときにいきなり失礼するわけにもいなければ…

浮気、秘密の恋。「イイ女」がやっている会えない時期3つの心得

彼女や奥さんがいる彼との秘密の関係。そんなお付き合いをしている人が共通して陥るのが、年末年始に会えないつらさ。実家に帰省している場合は、連絡さえもなかなか取れな…

「体だけの関係」とわかっていても、抜け出せない40代独女の葛藤【不倫の精算 9】

恋人が家族と幸福に過ごす時間をひたすら耐え、連絡を待ち続ける「不倫女性」。どうして彼女たちは妻ある男を愛してしまったのか。彼女たちは、幸福なのか。不幸なのか。恋…

不倫している女性が多い血液型って? ◯◯なアノ女性ほど、のめり込んでいる?

芸能人の不倫発覚にまつわるニュースが、次から次へと飛び込んでくる昨今。『OTONA SALONE』にも、不倫にまつわる記事がたくさんありますけれど、巷で実際に不倫をしている…

年下男子が「次も誘いたい!」と思う40代独女のデートでの振る舞い3つ!

年下男子とのデートは、いくつになってもドキドキしますよね。ふたりの距離を縮める大事なデート、実は年下男子の方も上手く素が出せなかったりして、見えないところで緊張…

男ウケ最悪…男が「なんでそんな装いで?」と首をかしげる40代の秋冬ファッション

トレンドを意識しつつ、モテも狙える装いに身を包みたい40代女性も少なくありません。婚活を意識していれば、なおのこと、“トレンド×モテ”で男性ウケを狙いたくなるのも心…

「あくたれる」ではありません!「悪怯れる」の読み方、知っていますか?

小学校・中学校で習っていた漢字も、大人になると接する機会が減るもの。「聞き馴染みのある言葉であっても、漢字でどう書くのかわからない」「漢字で書かれると、読めない」なんて経験、ありませんか?そこで本記事…

もちろん「きずなす」ではありません!「絆す」の読み方、知っていますか?

漢字にはさまざまな読み方があります。漢字1文字で表されたときには読めるのに、送り仮名がつくことで途端に読めなくなる・・・なんてこともあります。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。…

「ちょうむ」でも「しずむ」でもありません!「凋む」の読み方、知っていますか?

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。「凋む」の読み方、知っていますか?「凋む」の「凋」という漢字は、まさに「どこかで見たことあるような、ないような・・・」な漢字なのではないでしょ…

「すかす」でも「だます」でもありません!「貶す」の読み方、知っていますか?

「普段耳にしたことのある言葉なのに、漢字で書かれると読めない・・・」そんな経験ありませんか?漢字はただでさえ数が多いだけでなく、1つの漢字にさまざまな読み方があります。読めない漢字がある人もきっと多い…

「ゆうに」ではありません!「夙に」の読み方、知っていますか?

日本語は漢字・カタカナ・ひらがなを使い分ける言語ですが、その中でも漢字にはさまざまな種類があり、読み方もたくさんあります。今まで触れたことのない漢字に出会い、意味も読みもわからず困ってしまった人もいる…

「あつまる」だけじゃない!「集る」の意外な読み方、知っていますか?

さまざまな読み方がある漢字。読み方の中には「言われてみれば納得」な読み方もありますが、パッと目の前に出されると読み方が浮かばない漢字もありますよね。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題し…

「おののく」ではありません!「仰のく」の読み方、知っていますか?

さまざまな読み方がある漢字。想像通りの読み方をする漢字もあれば、送り仮名次第で読み方がガラリと変わるものもあります。送り仮名に翻弄されてしまい、「そのまま読めば合っていたのに、読み方を深読みしすぎて読…

「だましこむ」ではありません!「誑し込む」の読み方、知っていますか?

耳にしたことのある言葉であっても、漢字で書かれると途端に読めなくなることがあります。似たような読み方や表現もたくさんありますから、読み間違えてしまうこともあるでしょう。そこで本記事では、意外と読めない…

「へんに」ではありません!「偏に」の読み方、知っていますか?

漢字には数えきれないほどの種類があり、しかも1つの漢字に複数の読み方があります。そのため、読めそうで読めない漢字に遭遇したことがある人も多いのではないでしょうか。中には、皆がそう読んでいるのに実は間違…

「とうかんに」ではありません!「等閑に」の読み方、知っていますか?

1つの文字に複数の読み方がある漢字。そんな漢字の読み方の中には、漢字1文字1文字からは想像できないような読み方が当てはまることもあります。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。「等閑…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事