また?あなたの周囲に浮気不倫カップルがわんさかいる理由

「そもそも一夫一婦制というのは人類にとって自然ではないんです」と、心理学者の杉山崇先生。

「我々の脳の奥深い部分には、人類が『社会』という仕組みを作ったときに獲得したマインド、【他人の不幸は密の味】が横たわっています」。

うっ、まあ、否定はできないです。

「社会の中では、ヒエラルキーが上位の固体がいろいろ有利になる場合が多いんです」。

なるほど、そうですね。

「そして、ヒエラルキー上位になるためには、他人の不幸が必要なんです。これが自然ではない理由です」

……?? 先生、もっと詳しく教えて?

アンケートでは「不倫もアリ」が75%だが

では、拙著『ウルトラ不倫学』を参照しながらご説明しましょう。

主婦の友社が実施したアンケートによれば、「不倫を絶対許せない」人は1/4以下でした。つまり、3/4は「場合によってはアリ」と考えているのです。ですが、不倫報道があるたび、徹底批判をするコメンテーターが登場します。なぜなのでしょう?

現在の日本がとっている一夫一婦制は、従来は女性に対して有利な制度だと考えられていました。女性は男性を「獲得した資産」と考えるんですね。なぜかというと、お金を稼いでくる能力は相対的に男性のほうが高いから。女性にとっては生涯の生活を保証する資産なんです。

さて、人類は「配偶者防衛本能」という本能を持っています。自分の配偶者をとられることに強い拒否感を示す本能です。これは男性のほうがぐんと強い。そして、この「配偶者防衛」がルールとして決まっている一夫一婦制は、実は男性側のメリットが高いんです。なぜなら、「寝取ったお前が悪い」と言えるから。

誰もが自分のDNAを残したいですから、サル山のように強いボスザルがメスを総取りする社会は、弱いオスには厳しいのです。

もしかして、不倫を徹底的に批判する人は、この「配偶者防衛本能」が強いのかもしれません。また、進化心理学という分野の観点からは、こういった社会の都合が不倫を「倫に不ず」と規定している「だけ」とも言えます。これらの本能については拙著『ウルトラ不倫学』で詳しく説明しています。男性が浮気する心理を追及したい人はぜひご一読ください。

不倫のつらさに対抗するには

私は臨床心理学者としてカウンセリングを行う立場でもあります。カウンセリングの目的は、どんな人でも自分のあり方に誇りを持って生きられるようにすること。不倫をしている人、されている人、純粋に不倫のゲスさに興味がある人、どんな人でも、「不倫という行為がいいか悪いかは、周囲や社会ではなくあなたが決めること」です。

とはいえ不倫はつらい。特に年末年始のイベントごとで彼がファミリーの元に帰ってしまうとつらい。逆に、不倫されている妻の立場であれば、イベントごなのに夫があの女とどこかへ出かけているのがつらい。

女性の不倫は、どうしても相手の男次第でその幸福度が決まりがちです。女性のほうが相手の影響を受けやすいからです。まず、女性はその存在を隠されていると喜びを感じにくいもの。ですから、2人の存在を公にできる人間関係を持ったほうがいいです。趣味の会、行きつけのお店の人の輪、何でもいいでしょう。

また、「妻の座」を奪おう、妻に近づこうとするのではなく、反対に妻が絶対やらないポイントをひとつでもつかんでおくと自分も不安にならずに済みます。例えば、自転車や将棋、トライアスロン、映画など、一緒に楽しめる男性の趣味をマスターするのもいいでしょう。

マメではない男との不倫がそもそも間違い

不倫中の休暇期間、たとえばクリスマスやお正月に彼がまったく連絡をくれない、何をしているかも教えてくれなくてつらいという相談を受けます。こうした、マメさに欠ける男との恋愛はそもそもオススメしません。まず、あなたは不倫そのものが好きなのか、その男が好きなのかをよく考えて区別したほうがいい。

よその奥さんから男を寝取るのが好き、スリルが大好きという女性は、相手の男性にマメさを求めちゃいけない。でも、その男が好きなら、あなたのことをもっと好きになり、大事にしてもらうべきです。

ここで問題なのが、男性の本能。男性は自分がマメではないという自覚ができないのです。自分は精一杯まめに連絡しているはずだ、何で怒ってしまうのかが全く分からない。これが標準的な男性です。

ですから、はっきりと、妻の座がない私は心配なのだ、不安なのだ、だからこまめに連絡をくれと伝えてください。そこで理解してくれない男性は、おそらくあなたのことをそれほど大事に思っていません。ただの都合のいい女として扱われていることに気づきましょう。

どちらにせよ、その不倫を誰からも好奇の目で見られ陰口をたたかれる「ゲス不倫」にしてしまうのか、周囲がそういう恋愛の形もありだねと理解してくれる「そいとげ不倫」に昇華するのかは、あなたの気持ち次第です。

不倫カップルには「会えない時間」があります。会えない時間を大事にできたカップルが恋愛を昇華します。ぜひ『ウルトラ不倫学』で相手の心理を知り、その美しい愛を昇華してください。

お話し・杉山崇先生 神奈川大学人間科学部人間科学科教授、同心理相談センター所長。
学習院大学大学院人文科学研究科にて心理学を専攻。在学中から、障害児教育や犯罪者矯正、職場のメンタルヘルス、子育て支援など、
さまざまな心理系の職域を経験した。現在は、脳科学と心理学を融合させた次世代型の心理療法の開発・研究を行っている。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ハマったら危険!不倫上手な男たちが絶対にしない8つのこと

2016年も残すところあと少しですが、今年はとにかく芸能人の不倫ネタが多かった印象。どうして女性は、傷つくのがわかっているのに不倫に走ってしまうのか。大人の女性たち…

浮気、秘密の恋。「イイ女」がやっている会えない時期3つの心得

彼女や奥さんがいる彼との秘密の関係。そんなお付き合いをしている人が共通して陥るのが、年末年始に会えないつらさ。実家に帰省している場合は、連絡さえもなかなか取れな…

彼氏に「浮気させない!」 3つの魔法の言葉

彼がもしかしたら、浮気しているかもしれない。ふっとそんな女の直感が働いた時は、火消しをしっかりとしておきたいところ。占い師のところには、彼氏(夫)が浮気している…

「略奪愛」を成功させるオンナの秘密の3テクニックって?

占い師をしている私のところには、略奪愛の相談がたくさん寄せられます。彼女がいる人や奥さんがいる人を好きになり、その人と親しくなると、略奪したいという欲求を抑えら…

不倫している女性が多い血液型って? ◯◯なアノ女性ほど、のめり込んでいる?

芸能人の不倫発覚にまつわるニュースが、次から次へと飛び込んでくる昨今。『OTONA SALONE』にも、不倫にまつわる記事がたくさんありますけれど、巷で実際に不倫をしている…

たとえ浮気でも!? 40代が恋愛すべき8つの理由

年末年始、女友達との集まりも多かったことでしょう。そのときの話題は、たいてい健康問題か子供が中心になるのがアラフォー世代。既婚・未婚に関わらず、ときめきから程遠…

もう泣かされるのは嫌!浮気・不倫・ズルい男を見抜く常套句20

アラフォーになると出会いも少なくなり、恋愛に対して夢を抱いてしまう人も少なくないはず。そうなると、ちょっと口の上手い男やズルい男に言いくるめられてしまうことも。…

どうする?既婚女性が「不倫バレ」した瞬間【不倫の清算3】

年末年始の街に漂う幸福なムードとは裏腹に、恋人が家族と幸福に過ごす時間をひたすら耐え、連絡を待ち続ける「不倫女性」。どうして彼女たちは妻ある男を愛してしまったの…

【不倫の精算1】「ひとりはイヤ」誰とでも寝るほど孤独がつのる

年末年始の街に漂う幸福なムードとは裏腹に、恋人が家族と幸福に過ごす時間をひたすら耐え、連絡を待ち続ける「不倫女性」。どうして彼女たちは妻ある男を愛してしまったの…

#67 40代独女が男性不信になった、第1の事件【40代編集長の婚活記】

40代独女の婚活はやっぱり大変なのか? 45歳・未婚・独身・恋人いない歴8年のOTONA SALONE編集長アサミが自らのカラダを張ってスタートさせた40代のリアル婚活記。最初は…

ハーゲンダッツ茶房「これ食べといたほうが」ランキング

1年中もれなくどの季節も楽しんでいるハーゲンダッツ。新フレーバーが出るたびコンビニやスーパーの店頭へ探しに行く20年選手も多いのではないでしょうか!さて、そんなハーゲンダッツが、5/6までの期間限定カフェ『…

みんな、出張のときの「きちんと服」どうしてる?スマホより軽いジャケ&ワンピ登場

夜ちょっとした会食がある、よいお店の予約を入れてみた。そんな旅行や出張のとき、みなさん「夜用のもう1枚」をどうしていますか? シワにならないように持っていくのがめんどくさい、バッグに入れるとぐちゃぐち…

更年期世代の肌たるみは「骨が減る」せい?閉経前後の注意事項【医師に聞く】

閉経前後に急激に女性ホルモン分泌が減る、という話は近年よく知られるようになりました。食事や運動である程度対策したほうが良いことや、いわゆる更年期症状がつらい場合は婦人科に頼って治療したほうが良いという…

【専門店が教える】大人気!バターコーヒーの作り方と「最強」な飲み方

昨年の6月、東京・JR代々木駅前に突如として「バターコーヒー」のお店がオープンしました。代々木在住の私は嬉々として初日に立ち寄り、飲んだ感想を元に自己流のレシピ記事を書きました。そして、冬の間にたるんだ…

今度は腸活のお茶ですって!「サントリーの新烏龍茶」が満を持して発売

突然ですが、「玉ねぎヨーグルト」ってご存知ですか? 玉ねぎをスライスしてヨーグルトに混ぜ塩少々追加、一晩寝かせたものを毎日食べる健康法です。ヨーグルトは善玉菌のビフィズス菌摂取、玉ねぎは水溶性の食物繊…

年度末のいまこそ作る意味がある「今年度はじめてやったこと」リスト

週が明けると新年度が始まります。新しい職場で働く人も、自分の部署に新入社員を迎える人も、また自分が部署を異動する人、新たなミッションに挑む人もいることでしょう。もちろん、表面上、前週までと何も変化がな…

「餃子にビールはもう古い?」まさかのコレにおじさんがハマった件

先日、「メルシャンのロゼワインセミナーがあるよ」と話したら、部内の楽しいこと大好き系おじさんが高反応したんです。「オッ、いいねえ」的なノリで。そしてセミナーに行って帰ってきたら「もう明日からロゼしか飲…

シャンプー成分3つの誤解「シリコーンは頭皮に悪い」は都市伝説?

シャンプーの〇〇成分は頭皮に悪い、というネット記事を目にしたことはありませんか?ふと気が付いたら「ノンシリコーン」と書いてあるシャンプーが増えました。今回話を伺ったディシラの新シャンプーもまたノンシリ…

野菜がこんなに美味しいだなんて!東京イチ眺望のいいテラス席で

最近、ヴィーガン、ベジタリアンメニューの話をよく目にしませんか?たとえばぎんざ泥武士のようにもともと有機野菜がメインのお店でヴィーガン対応も可能なお店や、青山のたまな食堂のようにマクロビがベースのお店…

このまま肘を引ける?「エクササイズ界の脳トレ」セラサイズが難しい!

こんにちは、生ける体調不良ことOTONA SALONE編集部の井一です。今年はついに花粉症を発症したかなと思っていたら、ひっどい風邪をひいていました。ちょっと油断するといきなり肺炎になるので気を付けます。さて、「…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事