30代半ば芸人は年収190万、バイトで生計を立てる。その暮らしは明るいのか?

元国税局職員のさんきゅう倉田です。

吉本興業で芸人をやっています。

日々、お金の知識や情報を集めていますが、その中でも芸人たちのお金事情は大変興味深いと思います。

 

実録!若手芸人のアルバイト事情とは

95%の芸人がアルバイトをしていて、居酒屋やコンビニ、バー、送迎、アスベスト剥がしなど、一般的なものから体調を悪くするものまで様々です。

 

売れていないからアルバイトをしているとは限りません。テレビに出ていない、みなさんが知らない芸人でも、アルバイトをしていないことはよくあります。

 

例えば、ぼくですね。

 

ぼくは芸歴10年目ですが、5年くらい前からアルバイトはしていません。でも、「何のアルバイトをしているんですか」とよく聞かれます。芸人といえば、アルバイトをしながら頑張るイメージがあるので、当然だと思います。

 

ぼくですら、売れていない芸人を見たら、何のアルバイトをしているか気になります。

 

アルバイトをしている芸人の月収は、10万円から20万円で、ボーナスはないので、年収は120万円から250万円です。

 

彼らの収入は簡単に予想できるので、その年収で生活している人が、どのような思考を持っているかが、最も気になります。

 

今回は、年収190万円の芸人に話を聞きました。

 

実録!年収190万円の芸人の思考とは?

さんきゅう倉田「日常生活で気をつけていることなどありますか?」

芸人「(1分ほど沈黙があって)…ないかな」

さ「例えば、飲食店での店員さんへの対応とか」

芸「…ないかな」

さ「優しく接するとか、無理なことは言わないとか」

芸「こっちは客なんで優しくする必要はないし、お金払ってるんでちゃんと対応してもらいたい」

さ「店員さんに、ミスなどがあったらどうしますか?」

芸「むちゃくちゃ切れるよ」

さ「自分にミスが有った場合は、どうしますか?例えば、予約の時間に遅れたり、注文の仕方が悪くて希望のお酒が来なかったりした場合」

芸「別に。謝りもしない。店員なんだから、それくらいいいだろって感じ」

 

少し話を聞いて、胃がもたれてしまいました。

 

ある程度、回答は予想していましたが、それにしても、「やはり、芸人さんだな」と思わせる思考です。

 

「お金を払っている」といっても、それはサービスの正当な対価であって、そこには互いに感謝があって然るべきです。そもそも、アルバイトをしている芸人が行く店なので、大した金額を支払ってもいません。

 

未だに「お客様は神様だ」という、誤った教義を信じているようです。

 

要するに「他人には厳しい」が「自分にはとことん甘い」

自身が、30歳を超えてアルバイトをしていることについて聞くと、「普通だと思ってる」、先輩でアルバイトをしてる人については「がんばってるなあ、と思ってる」。

 

40歳を超えてアルバイトをしている先輩については「お笑いやってたらそういうこともあるなあ、と思ってる」そうです。

 

楽観的です。楽観的でなければ、30歳を超えて何の不安もなくアルバイトなどできないのでしょう。

 

彼の毎日心がけていることや抱負が気になったので、聞きました。

 

ぼくも毎年一つ、身につけたいスキルを抱負として設けて、何も考えずにできるようになったら忘れるようにしています。

 

彼の抱負は「電車の中で席が埋まっているときは、お年寄りの前に立つ」だそうです。理由は、お年寄りは早く降りる傾向が強いから。

 

彼は、電車に乗ったらすぐにお年寄りを探すそうです。

 

仕事や人間関係、スキルアップのための何かではなく、電車で座ることを日々大切にしています。

 

もっと考えるべきことはあるはずですが、他には思いつかないようで、「電車だね、電車」と電車の話をずっとしていました。

 

お笑いで心がけていることは

お笑いで心がけていることをしつこく聞くと、

 

「もはや、運頼み」

 

とたのしそうに言いました。

 

座右の銘は、

 

「努力したものが報われるとは限らないが、成功したものは、みなすべからく努力しておる」

 

で、年に数回、思い出すそうです。でも、努力は決してしません。

 

「努力はそう簡単にはできない。難しい」

 

と名言のようにつぶやいていました。

 

貯金はしておらず、今、手元には10万円しかありません。

 

毎日、なるべく安いものを買います。靴はよくわからないメーカーの物を履き、服は実家からダンボールで送ってもらっています。高いブランドを調べることもしません。

 

「履ければいい、着られればいい」

 

5年前に作った70万円の借金は、毎月利息だけ返済しており、芸人として売れたらまとめて返すそうです。

 

そんな日がくることを願いつつ、今回のインタビューを終わります。

スポンサーリンク

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

ああ、勘違い…コレやってる人は貯まらない!お金が逃げるやりくり習慣5つ

あなたが「やりくりのつもり」でしている習慣、実はお金が貯まらない習慣かもしれません。当てはまることがあれば要注意。貯まる体質になるためにチェックしてみましょう。…

ほったらかしでもラクラク貯まる!カンタン貯金の仕組み3選

お金を貯めたいと思っていても、なかなか貯まらず「よし来月から!」と思っていませんか? ダイエットと貯金は似ているところがあり、始めようと思ってもなかなか貯まらず…

50代独身女性の平均年収と平均貯蓄は?いま貯めておくべき貯蓄額はいくらでしょう

定年退職までの残りがあと10年を切る……そんな50代。それまで漠然としていた「退職後の生活」が急にリアルになり、具体的なことを考えるようになります。50代の女性のマネー…

1つでも被ったらNG。28歳で借金250万円をつくった芸人の3つのお金グセ

ほとんどの若手芸人が、多かれ少なかれ借金があります。それは、“お笑い”をお金にするのがとてつもなく難しいということもありますが、ぐうたらのダメ人間が集まる巣窟だか…

【軽減税率】意外な盲点!「重曹」は8%?10%?間違えると損をする!

元国税局職員 さんきゅう倉田です。大学を卒業して、東京国税局に入り、退職して、吉本で芸人をやっています。芸人として得た知識やスキルで、記事を書き、講演会を行い、ファイナンシャルプランニングをやっていま…

年収8000万のお金持ちが飛行機に乗るとき「絶対しないこと」って?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。大学を卒業して、国税局に入り、退職して、現在は、吉本興業で芸人をやっています。芸人として売れていませんが、アルバイトはしていません。みなさんの知らないところでメディア…

【二度目のデートに誘われない女】年収8000万に「嫌われること」とは…

元国税局職員のさんきゅう倉田です。吉本で芸人をしながら、税金のことを日々考えて生活しています。税金のことを考えていないときは、ご飯のことを考えています。今日はどこへ行こうかな、明日はどこへ行こうかな、…

年収8000万以上の人はアレを食べない⁉ 寿司屋での「お金持ちの流儀」とは

元国税局職員さんきゅう倉田です。吉本興業で芸人をしながら、どこかで書いたりどこかに出たりしています。取材を受けることもありますし、取材をすることもあります。それはもう、様々な人と出会います。出会って、…

吉本のギャラは本当に9:1?現役芸人が語る「コスト」の話【元国税芸人】

元国税局職員 さんきゅう倉田です。世間の注目を浴びている吉本興業株式会社で芸人をやっています。芸人さんたちのTwitterの投稿には「吉本という会社が好きです」「嫌な思いもしたけど、素敵な社員さんもたくさん…

これを持っていると貧乏になる。お金持ちが持っていないたった1つのものって

元国税局職員さんきゅう倉田です。話題の事務所、吉本興業株式会社に所属しています。良いところ9、悪いところ1の9対1の会社です。多くの芸人がアルバイトをする中、ぼくは講演会や執筆、稀にあるメディアへの出…

2000万時代の老後資金を狙いにくる「情報詐欺」にやられないための心得

元国税局職員 さんきゅう倉田です。僕は芸人をしています。大学を卒業して、東京国税局に入り、惜しまれることなく退職して、芸人になりました。現在34歳で、活況は呈していませんが、ファイナンシャルプランナー…

家賃50万のマンションに住むのはどういう人?意味のわからないその生態

元国税局職員さんきゅう倉田です。よしもとさんで芸人をしています。いま、芸人として身につけたスキルと知識で、文章を書いています。ぼくは、大学を卒業後、国家公務員として東京国税局に入り、退職して芸人になり…

年収8000万の人がふるさと納税で「もらわないもの」とは?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。芸人をやりながら、そこで見聞きしたことを記事にしています。西麻布や六本木のような怖いとところや銀座のような華やかな場所に行かなくとも、東京で仕事をしていると、しこたま…

「メールを返さない人」は成功しない、ごく当たり前すぎる2つの理由

元国税局職員 さんきゅう倉田です。日々、フリーランスとして、執筆や講演会をしています。メインの仕事は芸人なので、取材を受けたり、収録に行ったり、ライブに出たりもしています。すべての仕事のスケジュール管…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事